TOP / ニュース / 新商品 / スペインの名門ファミリーの若手が作るワイン「UKAN2018 」が新発売 !

「UKAN 2018」が2021年5月13日(水)より新発売されます。

「UKAN」は、リオハの名門ボデガ、エグレン家の五代目の若手、コルド・エグレンとエドゥ アルド・エグレンの2人がタッグを組み醸造する希少なワイン。

スペイン・バスクの三つ星レストラン「アスルメンディ」の日本店「エネコ東京」シェフ、エネコ・アチャを通じたバスクの縁から、PRIOR GROUPで投資を決定し販売することになったのだそう。

使用するブドウは、リオハを代表する品種テンプラリーニョ100%で、平均樹齢50年のブドウが育つ状態の良い古い畑を複数選定し、化学肥料や殺虫剤な どは使わずにブドウを栽培しているのだとか。

また、特徴的なのは収穫したブドウを畑ごとに分けて醸造すること。

わずかな標高や温度差、土壌の違いで同じ品種でも個性が異なる多様性を生かすため、 各々を発酵させたのちアッサンプラージュすることで、最大限に土地の魅力を表現しているのだそう。

味わいは生まれたてのフレッシュさを感じながらも、エレガントで気品を感じるバランスの取れたものに仕上がったという同商品。

販売に伴いクラウドファンディングも実施しているとのことなので、いち早く手に入れたい方は参加してみてはいかがでしょうか。

プリオホールディングス株式会社の公式ページはこちら。

商品概要

生産国 スペイン
生産地域 リオハ・アラベサ
原産地呼称 Doca リオハ
生産者 UKAN(ウカン)
品種 テンプラリーニョ100%
アルコール度数 13.8%
日本輸入代理店 プリオホールディングス株式会社
販売店 エネコ東京、プリオオンライン
クラウドファンディング https://www.makuake.com/project/eneko_tokyo/