TOP / ニュース / 新商品 / 元祖地ビール屋"サンクトガーレン"から「麦のワイン」2種が限定発売!

サンクトガーレンから、「el Diablo 2020/エル ディアブロ2020(悪魔)」「Un angel 2020/ウン アンヘル2020(天使)」が、2020年11月19日(木)より、各6,000本限定で発売になります。

「el Diablo 2020/エル ディアブロ2020(悪魔)」「Un angel 2020/ウン アンヘル2020(天使)」は、元祖地ビール屋サンクトガーレンがボジョレー・ヌーボー解禁日に発売する、ワイン並の高アルコールを持ち、ワインのように長期熟成が可能なビールです。

原材料はどちらも、通常のビールと同じ麦芽・ホップ・水・ビール酵母のみ。麦芽を通常の約3倍使用するなど、膨大な量の原材料を使用することで、極限までアルコールを高めているのだそう。

麦の旨味が凝縮された、非常に濃厚で蜜のようにとろりとした口当たりが特徴だという「el Diablo 2020/エル ディアブロ2020(悪魔)」「Un angel 2020/ウン アンヘル2020(天使)」。栓を開ける瞬間まで発酵が続く、単なる酵母入りビールとは一線を画す"本当の生きているビール"だという、両商品を堪能してみるのはいかがでしょうか?

サンクトガーレンについてはこちら

商品概要

商品名 ➀el Diablo 2020/エル ディアブロ2020(悪魔)
➁Un angel 2020/ウン アンヘル2020(天使)
スタイル ➀Barley Wine/バーレイワイン(大麦のワイン)
➁Wheat Wine/ウィートワイン(小麦のワイン)
主原料 ➀大麦麦芽
➁小麦麦芽
ボトル内容量 300ml
アルコール度数 10%
希望小売価格 1,000円(税抜)
発売日 2020年11月19日(木)
※各6,000本限定