ホーム > コラム > レビュー > 【レビュー】ついに全国発売!コカコーラの激旨レモンサワー『檸檬堂 鬼レモン』をガチレビュー
2019.10.28
レビュー

【レビュー】ついに全国発売!コカコーラの激旨レモンサワー『檸檬堂 鬼レモン』をガチレビュー

こんばんは。RTD研究家のストロングおじさん(@strong_ojisan)です。

本日は、2019年10月28日(月)についに全国発売されるコカ・コーラの『檸檬堂』を飲んで、ガチレビューしていきます。

『檸檬堂』シリーズとは?


『檸檬堂』シリーズとは、2018年5月に発売された缶レモンサワーブランドです。

九州限定での発売ながら、あのコカ・コーラが初めて送り出すRTDということで、発売当初から全国的に話題となりました。

第一弾としては、度数3%の『はちみつレモン』、度数5%の『定番レモン』、度数7%の『塩レモン』が発売。いずれもレモン果汁は7〜10%と多めで、しっかりしたレモン感が表現されています。

そして、2019年2月には第二弾として、度数9%のストロングとレモン果汁17%の超高果汁を両立した『鬼レモン』が発売され、こちらもレモンサワーファンから高い評価を得ました。

『檸檬堂』シリーズの美味しさの秘密、それは「前割りレモン製法」!

『檸檬堂』シリーズの最大の特徴は、丸ごとすりおろしたレモンとお酒あらかじめ馴染ませるという「前割りレモン製法」を用いている点。これにより、レモンとお酒の旨味をより感じられる、奥行きのある味わいに仕立てているのだそうです。

実際、『檸檬堂』シリーズはあたかもお店のレモンサワーのように、レモン感たっぷりで本格的な味わいに仕上がっています!

そんな『檸檬堂』シリーズですが、2019年10月28日(月)に待望の全国発売が開始されることとなりました!!

全国発売に当たり、今回も恒例のインタビューに行ってきましたよ!

コカ・コーラのご担当者様にインタビューしてみた!

今回はレモンサワーの聖地・恵比寿で行われた『檸檬堂』全国発売の発表会に来ております!たくさんの報道陣が集まっていることからも、注目度が高いことがうかがえます。

そんな中、ストロングおじさんはなんと『檸檬堂』のブランドマネージャーの方の独占取材に成功しました!

こちらが今回インタビューをさせていただく、コカ・コーラのパトリックさん。さぁ、お話を伺っていきましょう!

ストロングおじさん

全国発売のお話の前に、まずは昨年5月に『檸檬堂』を発売した背景を教えて下さい!

パトリックさん

そもそも、コカ・コーラのミッションは消費者の方々へ「新しい価値」「それぞれのニーズにあったリフレッシュ」を提供するということにあります。そのため、常にどうすれば新しい価値や爽やかさを提供できるかを模索していました。

その中で、まだ手を付けていない市場がRTDでした。フルーツを全面に出した爽やかな飲料で、あれだけ店頭の棚を確保できるものは他にありません。そこに、コカ・コーラとして何か価値が提供できないか、と考えたことがきっかけです。

ストロングおじさん

ふむふむ。とはいえ、RTDといっても色々ある中で、特に”レモン”にこだわったのは何故なのでしょうか?

パトリックさん

レモンがRTDで最も市場が大きく、RTDファンに受け入れられています。市場が大きく、かつたくさんの製品がある中で新たな価値を出そうと、レモンサワーに行きつきました。

開発に当たり、色々な居酒屋を周ったところ、“レモンサワー”には作り手の色々なこだわりがあり、お店毎に違って面白いと感じました。だから、飲む側も楽しい。そんな中で、面白く、美味しいものを作ろうと思いました。

ストロングおじさん

なるほど~!確かに今は色々なレモンサワーがありますが、工夫が詰まった一杯って飲んでいて楽しいですよね!

さて、次に、元々は九州限定で発売していた『檸檬堂』が全国発売を決めたきっかけを教えて下さい。

パトリックさん

最終的には会社が判断したことですが、担当者としては「九州で1年間圧倒的な人気を維持しており、全国展開しないのはあり得ない」と思っていました。

SNSでの評判も非常に良好で、「美味しい」だけでなく、「パッケージがかわいい」とか「度数のバリエーションがあるのが良い」と様々な声が寄せられました。

印象的なのは、冗談で九州から密輸したとおっしゃるファンの方がいたことです(笑)。九州以外でもたくさんの方々が、わざわざ入手して飲んでくれていました。

ストロングおじさん

そんな熱心なファンが、、、といいつつ、実は私も何度も九州から東京に”密輸”していました(笑)

さて、今度は中身の話にいかせてください。まず、『檸檬堂』ブランド全般として、どのような味わいを表現することを目指しているのでしょうか?

パトリックさん

全般的に言えば、シンプルな味わいを目指しました。お店で飲む美味しいレモンサワーそのままに、濃いレモン感を表現しています。

また、”前割り製法”は、元は焼酎の水割りの技法であり、「お客さんが来るとわかっている時に、より美味しいものを飲んでもらおうと準備する」おもてなしの心が表れていると思っています。それをRTDでも味わってもらいたいとこだわりました。

すごく手間がかかりますが、その分美味しいです。というのも、レモンの美味しさは油分に多く含まれているため、水よりもアルコールによく溶けるからです。

ストロングおじさん

なるほど!何でここまで手間のかかる製品を、、、と思っていましたが、おもてなしの心だったんですね!

私は中でも『鬼レモン』が大好きです。度数9%のストロング、かつ高果汁という他社がなかなか手を出さないこの領域に踏み込んだ理由は何でしょうか?技術的にすごく難しかったと思いますが。。。

パトリックさん

新参者の強みというか、開発した時には「高アルコール×高果汁」は難しいという先入観がありませんでした(笑)

そもそもは、飲食店にあった「強さ」をウリにしたレモンサワーを逆輸入した形です。今世の中にあるストロング系RTDは”お酒”がストロングのものが多いですが、お店の美味しいものは”お酒”も”レモン”も強く、それを再現したかったのです。

とはいえ、バランスの調整が難しく、開発にはとても苦労しました。特別な技術、というよりは試行錯誤で作りました。それができたのも、チーム全員がお酒好きで、美味しいものを作りたい熱意があったからでしょう。

ストロングおじさん

ふむふむ。。。やはり、最終的には熱意なんですね。その熱意であんな美味しいRTDを・・・(感動)

それでは、最後にファンに向けてのメッセージをお願いします!

パトリックさん

『檸檬堂』はみんなが楽しくなれるお酒を目指しています。

一日中忙しく働いて、やっと訪れる自分だけの時間に『檸檬堂』を飲むことで、「楽しい」とか「今日も一日頑張った」といった気持ちになれるよう、驚きや楽しさのある美味しさをこれからも提供し続けます!

ありがとうございました!それではレビューに行きましょう!

今回は4フレーバーを代表して、『鬼レモン』をレビューさせていただきます!

商品概要

商品名 檸檬堂 鬼レモン
容量 350ml
容器
希望小売価格 150円
アルコール度数 9%

 

こちらがパッケージ。あえて裏面を写していますが、「レモン1.5個分の果汁」、「アルコール分9%」と特徴がしっかり記載されています。

陽気な鬼のイラストも、かわいいですね(笑)

こちらが成分情報。人工甘味料は不使用で、一般糖類で甘さを表現しています。

『檸檬堂 鬼レモン』を飲んでみた!

さぁ、レビューしていきましょう。過去に九州から"密輸"して何度も飲んでいますが、初めて飲んだ時の感動を思い出しながら、改めてレビューします!

見て下さい!この濃い色あいを!いかにもレモン感たっぷりという感じがしますね。

口に運ぶと、、、あぁ~!すっごく濃いレモンの味わい!

レモンの香りはもちろん、苦味も酸味もしっかり強めで、レモンの美味しさの全てが表現されています。

甘さは結構あるのですが、ボディの果汁感の強さに見合った甘さでありで、決して甘ったるくはありません。この果汁感と甘さの組み合わせにより、ジューシーで飲み応えのあるレモンサワーに仕上がっています。

これが「前割りレモン製法」の実力!お酒とレモンがよくなじんでる!

そして『鬼レモン』の特筆すべき点は、やはりそのお酒とレモンのバランスの良さでしょう。

一般的に、高アルコールと高果汁の組み合わせは、お酒と果汁の強さがぶつかりがちなんですが、『鬼レモン』はほとんどそれを感じないんですよね。お酒とレモンの境目がないって言いますか。。。

お酒とぶつからないため、最初から最後までしっかりしたレモンの風味を感じられます。さらには、ストロングらしい飲み応えがありつつも、レモンの香りがよく馴染んでいるせいか、お酒臭さは控えめなんです!

これこそ、あらかじめお酒とレモンを馴染ませる「前割りレモン製法」でこそ表現できる味わいだと思います!

まとめ

いや~、今回改めて『鬼レモン』を飲んでみて、本当に美味しい缶レモンサワーだと思いました。

あたかもお店の本格レモンサワーのように、濃いレモン感としっかりした酒感で、これがRTDだなんていまだに信じられません(笑)

もちろん、『鬼レモン』以外のフレーバーも本当に美味しいので、全国発売を機により多くの方に手に取っていただきたいと思います!

家でだけじゃない!お店でも『檸檬堂』が飲める!

また、現在『檸檬堂』では様々なキャンペーンを実施していますが、その一つに飲食店でも『檸檬堂』を飲めるというキャンペーンがあるそうです!

東京の5エリア19店舗が対象ということですが、早速、恵比寿にて『檸檬堂』を飲める店を見つけましたよ!「らんまん食堂さん」といえば、レサワでかなり有名なお店ですね!

今回、お店の方に、檸檬堂のキャンペーンに参加することにしたきっかけをお伺いできました!

「自分の店でもレモンサワーを出しているため、普通だったらやりません。ですが、今回はコカ・コーラさんが缶レモンサワーを出すというインパクトで、話題を呼ぶことができるかなと思い、置くことにしました。普段、缶チューハイはあまり飲みませんが、鬼レモンが一番お店のレモンサワーに近い味わいだと思います」(らんまん食堂:村越さん)

なるほど~!飲食店の方々も、檸檬堂には注目しているわけですね。飲食店のレモンサワーをヒントに生まれた『檸檬堂』が、キャンペーン期間限定とはいえお店に逆輸入されるなんて、ドラマチックですね。
(詳細はコカ・コーラのHPをご参照)

いよいよ全国展開を迎える『檸檬堂』シリーズ!家で、お店で、様々な形で楽しんで下さいね!!

この記事をシェアしてね

この記事を書いた人 Writer

ストロングおじさん

ストロングおじさん

ストロング系チューハイを中心に、日々RTDの研究に勤しむ35歳既婚のおじさん。得意のパワポを駆使し、新製品のレビューから企業の製品開発・プロモーション企画の支援まで手がける、自称・RTD consultant。

関連キーワード

この記事を読んだ方にオススメ Recommendation