ホーム > 飲みに行く > 訪問 > お通しは“猫のえさ”!?5匹の猫が接客してくれる居酒屋「赤茄子」で癒されてきた
2019.3.30
飲みに行く

お通しは“猫のえさ”!?5匹の猫が接客してくれる居酒屋「赤茄子」で癒されてきた

動物とお酒、どちらも大好きなnomooo読者の皆さんに朗報です!

なんと東京都内に、「猫カフェ」ならぬ「猫居酒屋」があるのだそう…。

猫派か犬派かと聞かれたら「どちらも好き派」と答えてしまう私ですが、とっても気になったので、実際に行ってきました!

猫好きの聖地「赤茄子」は江古田駅から徒歩1分!

噂の猫居酒屋「赤茄子」があるのは、西武池袋線・江古田駅。

南口から徒歩1分の場所に、猫の写真が変わるがわる映し出される電子看板が出ています。

看板から聞こえてくるのは、「ニャー」という猫の鳴き声。ワクワクしてきました…!


猫の足跡が描かれた階段を上った先、2階がお店になっています。

 扉を開けると、店内は喫茶店風のレトロでおしゃれな内装。さっそく猫ちゃんと目が合いました(笑)

 猫ちゃんたちは、猫を大事に思う心があるお客さんなら、撫でても抱っこしてもOK! 自由きままに店内を歩き回っているので、気になる猫ちゃんに構ってもらいましょう。


猫のクッションや猫グッズも揃っていて、猫好きには堪らない空間ですね〜。

実はこちらのお店、「猫好きの聖地」とも呼ばれているほどなんです!他県からはもちろん、わざわざ海外から訪れる方もいるのだとか!

なんとブラジルから来たお客さんもいたというからビックリです。

お待たせしました!「赤茄子」の猫ちゃんたちを紹介します!

このお店がオープンしたのは、2011年9月のこと。猫が初めてお店にやってきたのは、3ヶ月後に起きた東日本大震災の後でした。震災によって飼えなくなってしまった子猫を、店長さんが引き取ったのだそう。

震災のときにやって来た猫ちゃんは3匹。


薄茶色の毛並みが綺麗なチーちゃん(7歳)


箱の中から覗いているタビちゃん(8歳)


写真右側でくつろいでいるノンちゃん(7歳)です。
左にいるのは、タビちゃんとノンちゃんの子供、アーちゃん(6歳)。


こちらのマコちゃん(5歳)は、出張に行くお客さんが預けて、そのままお店に住み続けているのだとか。


5匹はお店で暮らしていますが、実は店長さんのお家には、もう1匹猫ちゃんがいるそう。19歳と高齢なので、ご自宅でゆっくり過ごしているみたいです。

「赤茄子」の猫ちゃんたちは、きちんとお手入れされたフワフワの毛並みで、店長さんがとっても大事にされているのがわかります。

みんな本当にお利口さんで、食事の邪魔にならない程度に近づいてきてくれる接客上手。この絶妙な距離感が、猫の魅力ですよね〜(もうメロメロです)!!

お酒のバリエーションも豊富◎お通しの代わりはなんと「猫のエサ」!


まずはお酒を注文。ビール・ワイン・ウイスキー・サワー・焼酎・日本酒と、バリエーション豊富に揃っています。「カシスオレンジ(500円/税抜)」など、女子が飲みやすいカクテル類も充実していますよ!


ちなみに「赤茄子」で提供されているのは「お通し」ではなく…「猫のエサ」!!


好きなタイミングで、お店の猫ちゃんたちにあげることができます。


お上品なのでエサに群がってくるということはなく、差し出したものを大人しくモグモグしてくれました。ちなみに人懐っこいので、エサがなくても撫でさせてくれますよ。

おすすめメニューは「ニャポリタン」!猫モチーフの食べ物がカワイイ


「赤茄子」の食べ物メニューは290円〜と、とっても良心的。なんと、猫モチーフの食べ物もあるんですよ!


こちらは、店長さんオススメの「ニャポリタン(750円/税抜)」。

テーブルに運ばれてきた瞬間、「カワイイ〜!」と声をあげずにはいられませんでした。オリーブの目がニコリと笑っていて、思わずこちらまで笑顔に。シンプルで懐かしいお味に、ほっこりしました。


デザートには「ネコ顔ワッフル(450円/税抜)」。

こちらはお客さんに、「なにか甘いもの作って」と言われたときに出しているメニューなのだそう。たっぷりの生クリームで形作られたお顔は、ほどよい甘さでお酒の〆にもピッタリ!

 そのほか、お料理4品飲み放題付きで2,900円のコースなどもあり、友達を誘って来るのにも良さそうです。


人が近づいても逃げていかず、頭もお腹も撫でさせてくれる猫ちゃんたちですが、常連さんにはもっと懐いているのだそう。

そう言われると、ますます「赤茄子」に通いたくなってしまいます…!

「猫好きの聖地」こと「赤茄子」は、猫との触れ合いだけでなく、お酒もカワイイ食事メニューも充実した空間。猫好きのみなさんは、ぜひ癒されに行ってみてくださいね!

店舗詳細

店名 赤茄子
住所 東京都練馬区旭丘1-77-2-2F
電話番号 03-6915-3166
営業時間 18:00~23:00
定休日 月曜日・火曜日
食べログHP https://tabelog.com/tokyo/A1321/A132101/13119379/
この記事をシェアしてね

この記事を書いた人 Writer

オルカ

オルカ

小笠原諸島・父島出身の島っ子ライター。国内旅行の際は地酒を飲むのが楽しみの一つ。ちなみに小笠原の地酒はラム酒で、最近は海底熟成もされています。

関連キーワード

この記事を読んだ方にオススメ Recommendation