ホーム > 飲みに行く > 訪問 > 赤羽はせんべろだけじゃない!一軒家個室でゆったりできる「赤羽籠太」に行ってきた
2019.4.3
飲みに行く

赤羽はせんべろだけじゃない!一軒家個室でゆったりできる「赤羽籠太」に行ってきた

赤羽といえば、立ち飲みや大衆酒場など“せんべろ”のイメージがあるのではないでしょうか。

もちろんそのイメージも正しいのですが、上質なお酒とバラエティ豊富なおつまみを堪能できるお店もあるのです!

自宅のようにくつろげる!快適な空間の「赤羽籠太」

赤羽の南口を出てすぐ目の前にある、黒い建物が今回ご紹介する「赤羽籠太」。そう、こちらは一軒家がまるまる居酒屋に改装されているんです!

店内は仕切りがある半個室の他に、コタツまで完備された個室もあって、まるで自宅のようにくつろげます。

人気銘柄から異端銘柄まで揃う日本酒

日本酒にとても力を入れているのが、「赤羽籠太」の特徴!

誰もが知る有名銘柄からマニアックな銘柄まで幅広いラインナップを取り揃えています。

低アルコールからスッキリ辛めまで、それぞれの料理に合うお酒を選ぶことができるのも魅力ですね!

選ぶのに迷っちゃう!どれも絶品のおつまみメニュー

お通し(300円/税抜)」は、フレッシュなキャベツ。にんにくが添えられていて、食欲増進!!ついつい手が伸びてしまいます。おかわり自由なのも嬉しいところ!!

これをつまみながら、豊富なメニューの中から料理を選びましょう。

まずは同店の定番、店内で藁焼きしているという「かつをのたたき(1480円/税抜)」をいただきました。

たたきに限っては、薄切りよりも分厚い方が断然良いと思いませんか!?

燻製された芳醇な藁の香りをまとい、しっとりとした身。薬味は、にんにく・茗荷・ねぎ・わさびとありますが、粗塩でいただくと、鰹本来の旨みが引き出されます。

ボリュームがあるので、シェアして食べるのにもオススメ!

お酒は、穏やかな香りとキレのよい日本酒「酒を売る犬 酒を造る猫」がよく合います。

居酒屋の定番!串物にもしっかりとしたこだわりが!

続いて、同店自慢の串物をいただきましょう!炭火焼きされた串物はどれも絶品。

チョイスに迷ったら「巻き串お任せ5種類(1250円/税抜)」をオーダーしましょう。この日は、豚バラ肉で巻かれた野菜串が5本登場。

ピーマンチーズは、シャキシャキのピーマンにチーズが詰められているオリジナリティーの高い1品。想像以上の相性の良さに、お酒が進む進む!!

シャキシャキ食感で、香りが立つ万能ねぎ。外の豚肉は脂を落としてカリッと焼かれているので、2つの食感が同時に楽しめるのもポイント。

アスパラは、火の通り具合が絶妙。アスパラ特有の歯応えと、ジューシーさが残っていてとても美味しい!

トマトは、噛むと果汁が溢れ出し、バラ肉をトマトソースで食べているような感覚に。

ちなみに、エリンギのみベーコンで巻かれています。ベーコンときのこの相性は......言うまでもなく間違いなし!みずみずしいエリンギの食感を楽しんじゃいましょう。

居酒屋レベルを超えている......。自家製生地のピザは絶対食べたい!!

自家製の生地を使った「ピザ(1080円/税抜)」もオススメ。

テーブルに運ばれて来た瞬間から、バターの風味に包まれます。

一般的なピザ生地とは違い、デニッシュのようなホロホロサクサク食感!これにたっぷりのチーズとベーコン、そして明太子まで入っているんです!!

もう......酒飲みの心を掴んで離さない最強のコンビネーション。誰が食べても絶対に美味しいという自慢の1品です。

ワインはもちろん、特徴的な酸が魅力的な日本酒『MatCheese』とも相性抜群ですよ!

せんべろだけじゃない!「赤羽籠太」で一味違う赤羽を楽しんで!

「赤羽籠太」では、季節の食材を味わえる宴会コースも用意されています!

赤羽の“せんべろ”も魅力的ですが、たまにはがっつり料理を楽しみながら腰を据えて飲んでみるのもいいのではないでしょうか。

店舗詳細

店名 赤羽籠太
住所 〒115-0044 東京都北区赤羽南1-6-5
電話番号 050-5869-0761
営業時間 17:00~24:00(L.O.23:00)
定休日 無休
公式HP https://akabanekagota.gorp.jp/
この記事をシェアしてね

この記事を書いた人 Writer

まゆみ

まゆみ

酒匠、料理研究家。1日も欠かすことなく酒を呑み続ける、驚胃の持ち主。著書「うち飲みレシピ」「スバラ式弁当」。 ブログ「スバラ式生活」。

関連キーワード