ホーム > 飲みに行く > 訪問 > 野菜不足の方必見!新鮮野菜をつまみにお酒が飲める「WE ARE THE FARM 赤坂」に行ってきた
2019.1.28
飲みに行く

野菜不足の方必見!新鮮野菜をつまみにお酒が飲める「WE ARE THE FARM 赤坂」に行ってきた

新年会や歓送迎会のシーズン。飲み会続きで、自ずと外食が多くなってしまいますよね。

気づけば毎日居酒屋で飲み会、シメのラーメンを食べて帰宅!!なんて食生活の方も多いのでは?

かくいう私も、食生活が非常に乱れてしまっている1人。特に締め切り間近になると、「朝:抜き、昼:カップラーメン、夜:牛丼」みたいな生活をエンドレスリピート中。

それに加えこの時期は飲み会なども多く、揚げ物やお肉ばかり。確実に野菜が不足しているのです

野菜が足りていないせいか、編集部内では「最近顔色が悪い」「写真映りが悪い」「あの人、いつもイライラしてない?」など言われています。

30歳手前にして、このままでは身体にガタがくる……。

ということで、これまでの不摂生な生活を見直すべく「野菜だけをおつまみにしてお酒を飲もう!!」と思い立ち、野菜料理の名店に行ってきました。

野菜不足の方必見!美味しい野菜をつまみにお酒が飲める名店

お目当のお店があるのは、おしゃれなお店が多数立ち並ぶ街・赤坂。
赤坂駅から徒歩3分ほどの場所にありました!!噂のお店「WE ARE THE FARM 赤坂」。

店名からしてオーガニックなこちらのお店は、自社農場を持ち無農薬無化学肥料で育てた野菜を中心に提供する、野菜には並々ならぬこだわりを持った名店なんです

イタリアンのレストランのようなおしゃれな入口。開放感のある、広々としたテラス席も用意されています。

広々としたカウンターキッチンは洗練されたステンレス製。そして、ウッド調で統一された店内のテーブルたち。

デートで女の子を連れてくれば、確実に喜んでくれそうなオシャレな雰囲気。私1人で来ているのが、なんだか申し訳なくなってしまうくらい。

WE ARE THE FARMオススメの〇〇ビール

何はともあれ、とりあえず最初はビールが飲みたい。ということで、ビールを注文することに。

店員さんにオススメを聞いてみたところ、何やら名物のビールがあるとのことなので、言われるがままにそちらを注文。そして、運ばれてきたのがこちら。

み、緑色だと……。

青汁のような見た目に驚愕してしまいましたが、こちらはお店の定番商品「ケールビール(780円/税別)」。

ケール(いわゆる青汁)とビールを混ぜて作った、同店オリジナルのビアカクテルです。

毎日ビールを飲むほどのビール党である私も、野菜ジュースが混ざったビールに出会うのは初めて…。

ちょっとした恐怖心もありつつ、訝しげに一口飲んでみると……。とっても美味しい!!想像していた青汁の風味は全然しない、むしろ普通のビールよりフレッシュで飲みやすい。

ケールってみなさん苦いと思われているんですが、実はあの苦味って農薬由来であることが多いんです。だから、無農薬のケールで作った青汁は、そんなに苦くないんですよ!」と、店長の太田さん。

青汁のような苦くて草っぽい味を想像してたので、美味すぎてちょっと笑いってしましました。普段ビールを飲まない方にも、カクテル感覚で楽しめると思いますよ!

オーダー率95%以上!?驚異の激ウマ前菜

ケールの意外な美味しさに感動したところで、さっそくお食事をオーダー。

こちらは「世界一トマト バジルとブラータチーズ(1380円/税別)」。なんと、来店された方の95%以上がオーダーされるという、お店イチ押しの前菜なんです。

真ん中の白いチーズは、生クリームをたっぷり含んだ「ブラータチーズ」。柔らかいフレッシュなチーズでモッツァレラの1種で、本場カリフォルニアから空輸しているこだわりよう。

チーズを囲むように盛り付けられた2色のソースは、トマトソース(赤)とケールのジェノベーゼソース(緑)

真ん中から2つに割り、とろりとした食感のチーズとソースを合わせていただくのですが……とっても甘い!!
衝撃のあまり「これ砂糖か何か使ってるんですか?」と聞くと、

いえ、砂糖は一切使っておらずトマトだけの甘みを活かしています。実はこのソースに使っているトマトは、『世界一トマト』という甘みがとても強い品種なんです。元から甘いトマトを6時間ほどに詰めたことによって、さらに甘さが濃縮され、トマトだけでも十分な甘みを実現できるんです。」と美味しさの秘密を教えてくれました。

正直、私トマト苦手だったんですけど……。このトマトなら全然食べられる!むしろお代わりしたいくらい。

ケールのジェノベーゼソースも、さきほどのビールに引き続き全く苦くない!!このままパスタにして食べたいくらい、濃厚で味がしまった絶品でした。

衝撃のボリューム!!バーニャカウダでお腹いっぱいに

前菜の時点で野菜が持つポテンシャルに衝撃をうけてしまいましたが、驚くのはまだまだ早かったようです。

野菜が足りていないので、今日は野菜だけをおつまみにしたいです!」と店長さんにお願いして、でてきた料理がこちら

!?!?!?!?

違う角度からもう1枚。

衝撃的なボリュームの1品は「畑の鉄板焼きバーニャカウダ(3600円/税別)」。

自家農園から直送された、朝採れのお野菜をふんだんに使ったバーニャカウダです。季節の旬物を使用しているので、その時々によって野菜の内容も変わるのだそう。

こちらのバーニャカウダソースにつけていただきます。

この日は、『ケールの茎を出汁で炊いたお惣菜』『さきがけピーマン』『シャドークイーンのポテサラ』『ケールの葉』『水菜』『玉ねぎ(淡路島産)』『オニオンスライス』『翡翠茄子』『きたあかりのポテトフライ』『小糸在来(枝豆)』『生ビーツ』『ビーツのカツレツ』といったラインナップ。

それぞれの野菜が、普段食べるものとは全然違うフレッシュさ。そして、野菜の味が濃いことに、とても驚きました。
ボリュームたっぷりだけど、ほとんど全てが野菜なのでお腹いっぱいになっても罪悪感がありません(笑)

消化も良いので、たっぷり野菜を食べながらお酒を楽しめそうですね!

フレッシュで濃厚な野菜が楽しめる!!野菜不足の人はWE ARE THE FARMへGO!!

私たちがこだわりを持って作っている野菜は、『固定種』という、先祖代々受け継がれている品種なんです。人の手が加わっていないので、野性味溢れる非常に大きさな個体のものもありますし、味も濃厚でとってもフレッシュ。しかし、育てるのが難しく生産に向いていない、流通させる上で非常に扱いにくいという理由から徐々に姿を消しているのが現状なんです。」と教えてくれた、店長の太田さん。

美味しいのに生産性の理由で作られなくなっていくのはもったいない!!皆さんにもっと本当の美味しい野菜の価値を広めたい!!”という想いがWE ARE THE FARMにはあるのだそう。

なんと社員さんは、全員必ず自社の農場で農業を経験するなど、直接野菜作りを経験済。自らの手で経験したからこそ、その価値観をみんなに伝えられるのかもしれませんね。

いや〜普段はお肉派の私も、野菜料理だけで十分満足してしまうくらいの内容でした!!「最近野菜が足りていないな〜」という方は、WE ARE THE FARMでたっぷりの野菜をみんなでシェアしながら、ワイワイとお酒を楽しんでみてはいかがでしょうか。

(この日はお肉にたどり着く前にお腹いっぱいになってしまいましたが、黒毛和牛や大山鶏をつかったお肉料理も充実していますよ!!)

店舗詳細

店舗名 WE ARE THE FARM 赤坂
住所 〒107-0052 東京都港区赤坂2-17-69
電話番号 03-6441-2745
営業時間 ランチ  11:30~15:00(LO14:30) ディナー 17:00~24:00(LO23:00)
定休日 不定休  ※ランチのみ日祝お休み
公式HP https://www.allfarm.co.jp/

お酒の情報サイト「NOMOOO(ノモー)」は「今日の飲みたいを見つける」をコンセプトに、お酒に関する情報を更新しています。

この記事をシェアしてね

この記事を書いた人 Writer

山下貴將

山下貴將

北海道・札幌市出身。野球とビールをこよなく愛するフリーライター。年に数回は”ビールを目的とした旅”に出るなど、美味しいビールを探すために世界中を飛び回っている。将来の夢は、MLBの全球場でビールを飲みながら観戦すること。

関連キーワード

この記事を読んだ方にオススメ Recommendation