ホーム > コラム > 知識・雑学 > 手作業による極みがここにある!「尾瀬の雪どけ」の魅力に迫る

手作業による極みがここにある!「尾瀬の雪どけ」の魅力に迫る

皆さんは群馬県の「龍神酒造」が製造している「尾瀬の雪どけ」をご存知でしょうか?

大手の蔵元が段々と機械化していく中で、実直に手作業による酒造りにこだわり、その旨さを維持し続けています。

そんな、愚直な姿勢で作られている日本酒「尾瀬の雪どけ」の魅力に迫っていきます。

尾瀬の雪どけの魅力とこだわり

手作業による酒造り

「龍神酒造」が酒造りにおいて特にこだわっているのが、手作業。

ぬかを完全に落として良い麹を作るために欠かせない工程「手磨き洗米」では、丁寧に手作業で洗米しているのだそう。手作業で行うことで、より高品質な麹を作り上げているのです。

もちろん、使用するお米にもこだわっており、愛山・山田穂・雄山錦といった希少な酒造好適米の個性を引き出し、美味しい日本酒を作り上げています。

また、純米吟醸酒以上の銘柄では、通常二度行う火入れをびんのみで一度きりの火入れを行い、一気に専用の冷蔵庫で冷却。その後じっくりと寝かせます。

蔵人たちが丹精込めて作った手作業による”極み"が作り方に全て出ていますね。

日本酒以外にも銘柄がある?

実は「尾瀬の雪どけ」は、日本酒以外にもたくさんの銘柄があります。

口の中が爽やかな香りでいっぱいになる「尾瀬の雪どけ 柚子れもん酒」や、岩手県産の山ぶどうを使用した「尾瀬の雪どけ 山ぶどう酒」。
他にも「尾瀬の雪どけ」の吟醸酒粕から作られた、吟醸酒の様な味わいを感じることが出来る焼酎「城下町のナポレオン」や、フルーティーな香りが特徴的なホワイトビール「尾瀬の雪どけ ホワイトバイツェン」など、日本酒に限らずさまざまなお酒を製造しています。

日本酒以外にもこだわりを込めて作られたお酒があるので、気になった方は購入してみてください。

「龍神酒造」について

遡ること南北朝時代に「龍神酒造」は創業しました。
落武者毛野飛騨守尊親が毛野国に安住の地を得た後、酒造りを伝えられたとされています。

そして、その地で尾瀬の雪どけ水が堆積して出来た、龍神の井戸を見つけました。
この井戸から汲まれた水は灘の宮水にも負けず劣らずの名水だそうです。

その上に、土蔵酒蔵をつくらせ酒造業を開業。これが龍神酒造の前身となりました。
それから400年もの間、龍神酒造は現在に至るまで「尾瀬の雪どけ」を含め良い酒を造り続けているのです。

1 2

知識・雑学の関連記事

Latest - 新着記事

NOMOOO MAIL MAGAZINE

NOMOOOの最新記事情報、お酒ニュース情報
お酒イベント情報を、お届けします

ページトップヘ