ホーム > コラム > 知識・雑学 > 麦焼酎ブームの火付け役が造る最高級品!「吉四六(きっちょむ)」の魅力に迫る

麦焼酎ブームの火付け役が造る最高級品!「吉四六(きっちょむ)」の魅力に迫る

以前、麦焼酎ランキングで紹介させていただいた銘柄「吉四六(きっちょむ)」。その個性的な名前とプレミアムな味わいは、一度飲めば忘れられません。

壺詰めなのも風情を感じさせ印象的(瓶詰めもあり)。今回はそんな大分を代表する麦焼酎「吉四六」に迫っていきます。

「吉四六」とは?

名実ともに大分県を代表する酒蔵「二階堂酒造」自慢の逸品。それが「吉四六」です。
この個性的な名前は、大分県民なら知らぬ者はいないという有名な民話の主人公、吉四六に因んで付けられています。

度々プレミア麦焼酎として紹介される「吉四六」。飲みやすく、かつ麦の旨味がたっぷり詰まった銘柄として人気です。
特に壺詰めタイプが、陶器ならではの独特の温かが感じられるとして人気で、空になった壺を飾る人も多いのだとか。

飲んで良し。飲み終わっても良し。麦焼酎好きに末長く愛されている銘柄が、この「吉四六」なのです。
次はそんな「吉四六」を造っている二階堂酒造に迫ります。



「二階堂酒造」とは?

二階堂酒造とは、1866年(慶応2年)創業の大分県速見郡にある酒蔵です。

昭和18年には第二次大戦の影響で休業しますが、昭和24年には焼酎製造で復活。昭和48年に、はだか麦を100%使用した麦焼酎を開発、翌年には麦100%の麦焼酎を発売し麦焼酎ブームの火付け役となるなど、焼酎業界において特に麦焼酎の成長に貢献している蔵として知られています。

それは昭和54年、麦焼酎の研究、開発、県内麦焼酎製造メーカーを経営安定させ、麦消費量の増加に貢献した功績を讃えられ、農林水産省から「第一回食品産業優良企業賞」を受賞したことからも伺えます。

これは全国酒造界で二階堂酒造のみの栄光であり、また「熊本国税局酒類鑑評会」で毎年優等賞受賞など、同蔵の実力は非常に高く評価されています。

製造銘柄は、今回取り上げている「吉四六」の他、蔵の名を冠した「大分むぎ焼酎二階堂」や「豊後路」「やつがい」「焼酎倶楽部」といったラインナップ。また、これらの焼酎製造以外に、同蔵が代々受け継ぎ、収集してきた美術品を公開している二階堂美術館を設立(平成6年)するなど、多方面で社会に貢献しています。

「吉四六」とその他「二階堂酒造」の焼酎

吉四六

二階堂むぎ焼酎を基本とすると、比較的永く貯蔵。じっくりと熟成された、二階堂酒造の最高級品に数えられる逸品が「吉四六」です。
特に香りを重視し仕上げられた麦焼酎で、その香りは熟成により育てられた奥深いものとなっています。

一口飲めば芳醇な香りを感じられるのは言わずもがな。円やかな舌ざわり、軽やかでスッキリとした味わいが絶妙で、総じて飲みやすいタイプの麦焼酎です。

少しぬるめの温度帯で飲むと、より麦の香り、味わいを感じられるのでオススメ。麦焼酎好きには勿論のこと、初心者さんにも飲んでもらいたい、そんな一本です。

購入はコチラから

大分むぎ焼酎二階堂

二階堂酒造の看板銘柄。リーズナブルな価格なのも嬉しい麦焼酎が「大分むぎ焼酎二階堂」です。
第一次焼酎ブームの火付け役として、全国に名を轟かせた銘柄。「はだか麦」を100%使用したこだわりの仕上がりになっています。

華やかで品のある香り、ふんわりと広がる麦の甘みと、最後には心地よい余韻を感じられる、飲み飽きのこないタイプの麦焼酎。厳選麦、大分の豊かな水、同蔵の技術が詰まった、蔵名を関するに相応しい一本です。

購入はコチラから

「豊後路」&「やつがい」

吉四六」と同じように、永い貯蔵、熟成により育てられた最高級品レベルの麦焼酎が「豊後路」と「やつがい」。どうして一緒に紹介するかと言うと、この二つの規格が同じだからです。

違いはアルコール度で、「豊後路」が25、「やつがい」が30。高アルコールが好きなら「やつがい」、そうじゃないなら「豊後路」を楽しむと良いでしょう。

同じ最高級品として肩を並べる「吉四六」にハマったなら、この「豊後路」「やつがい」と飲み比べて、香味の違いを飲み比べてください。

購入はコチラから

焼酎倶楽部

二階堂むぎ焼酎を基本とすると、より芳酵な香り、円やかな舌ざわりを意識して仕上げられたのが「焼酎倶楽部」です。
少しモダンなタイプの二階堂として人気。二階堂好きには是非飲んで欲しい、そんな味わいになっています。

ちなみにこの商品は、皆で集まって楽しく麦焼酎を飲み交わす雰囲気を表しているとのことです。

購入はコチラから

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は大分を代表する麦焼酎「吉四六」を紹介させていただきました。

民話の主人公、その名前を冠するに相応しい逸品。麦焼酎好きなら絶対に外せない銘柄なので、未体験の方は、ぜひ楽しんでみてください!

お酒の情報サイト「NOMOOO(ノモー)」は「今日の飲みたいを見つける」をコンセプトに、お酒に関する情報を更新しています。

知識・雑学の関連記事

Latest - 新着記事

NOMOOO MAIL MAGAZINE

NOMOOOの最新記事情報、お酒ニュース情報
お酒イベント情報を、お届けします

ページトップヘ