ホーム > 飲みに行く > 訪問 > 人見知りの私が”出会える”おでん屋「東京おでんラブストーリー」に行ってきた

人見知りの私が”出会える”おでん屋「東京おでんラブストーリー」に行ってきた

どうも、こんにちは。タナカナコです。

生まれつきの不機嫌顔ですが、本日は不機嫌なわけではなく”不安を感じている顔”なのです。

 

なぜ不安なのかって??

 

ことのはじまりは、先日のNOMOOO編集部会議にて。

 

編集部の男性陣が、こんな会話を始めました。

 

NOMOOOメンズ1:「恵比寿に、”出会える”おでん屋さんがあるらしいよ」

 

NOMOOOメンズ2:「え、なにそれ?面白そうじゃん!取材申し込んでみようよ!」

 

NOMOOOメンズ1:「いいね!でも俺らが行ったら、普通に楽しんじゃうし公私混同感半端ないから、出会いとかに縁がなさそうなヤツに行ってもらいましょう!!

 

そして、白羽の矢が立ったのが私。

 

失礼すぎない??

 

失礼だよね??

 

確かに出会いはないし、初対面の人と喋るときはオドオドしますよ。

 

でもさ......ガチな人見知りの私にそんな取材頼むのはやばいでしょ......。

 

というわけで本日は、超絶人見知りの私が恵比寿にある”出会えるおでん屋さん”のレポをして行きます!

出会えるおでん屋さん「東京おでんラブストーリー」

お店に到着。

JR恵比寿駅西口から徒歩30秒ほどのところにある「東京おでんラブストーリー」。

どんなお店でも、駅近なのは嬉しいですよね。

(すでに人見知りを発揮して、泣きそうになっています)

看板横の階段を上がると・・

左横にありました。

制服が目印です。

なぜ入り口に制服が??一体どんなお店なんだ・・?

早速、お邪魔してみますね。

店内には昭和の世界が広がる

おおおおお!?!?

屋台!?屋内に屋台だと!?

そして、店内にはいたるところに昭和を感じさせる仕掛けが。

店名の「東京おでんラブストーリー」っていうのも、どことなく昭和な感じですもんね!
あの有名な、トレンディードラマみたいな感じ??

おでんダシの香りが店内いっぱいに広がっています。

うーーーん!めっちゃお腹すいた!

 

 

でも......

 

このお店の、どこに出会いの要素があるんでしょうか?

 

ひとまず、店員さんに案内された席に着席。

 

私が案内された席には、女性2人組のお客さんが。

あ、なるほど、1つの屋台を囲んでおでんを突きながらみんなで会話を楽しみましょう方式ね・・

 

いや......私くらい重度の人見知りだと、席について「さあ、お好きにおしゃべりどうぞ!」なんて言われても何にも喋れないのですが......

 

ま、お腹すいたし、まずはおでん食べときますか!

濃厚ダシが染み渡るおでん、つまり絶品

鍋の中から自分の好きな具を取るスタイル。

グフフ、どれにしようか迷っちゃうな〜。

もち巾着、大根、はんぺんetc.....
具材1つ1つにダシがしっかり染みてて美味しい!

1口食べると、口の中でダシが染み渡ります!

サバ節とカツオダシをブレンドしたこだわりのダシは、継ぎ足しで作られているんだそう!とっても濃厚です。

これは酒が進むぞ!!

まずはビールでしょ!!

心なしか、顔が緩んできましたね(笑)

おでん伝票。こちらに食べたおでんを書くセルフ方式になっています。

食べた分はしっかりと書いてくださいね!ズルはダメですよ!!

 

また、おでん鍋に入っている以外に「トマト」「チーズ」「ロールキャベツ」などで食べたい具があれば、スタッフさんにオーダーするようです。

タナカは「ロールキャベツ」を追加。

ダシが染みていてしんなりしたキャベツの中には、熱々の具が!!たまりませんね〜〜!

ビールが進む〜〜。

会話なんて一切せずに、一心不乱におでんを味わっていると、なにやら丸い印が書かれている串を発見しました。

丸が3つ・・?

店員さんに聞いてみると、

 

「おめでとうございまーす!お好きなおでん1本サービスです!」

 

 

なんと、おでん串に丸が3つ書かれたものが出ると、好きなおでんが1本無料になるそう!

 

 

「ワーーーーーイ!おでん1本当たったぞ!!!」

 

 

と喜んでいるとスタッフさんが

 

 

「すみません、当たったおでんは別のお客様にプレゼントするんです」

 

 

と、まさかの発言。

 

へ??????どういうこと???

1 2

訪問の関連記事

Latest - 新着記事

NOMOOO MAIL MAGAZINE

NOMOOOの最新記事情報、お酒ニュース情報
お酒イベント情報を、お届けします

ページトップヘ