いちばん身近な呑み仲間

管理栄養士が選ぶ!缶チューハイにぴったりなコンビニで揃う“せんべろセット”

サクッと家飲みがしたい気分、仕事帰りにコンビニに寄っておつまみとお酒を買いたいが、健康面、カロリーや栄養面も気になる…そんなあなたにピッタリなおつまみセットを、管理栄養士の石本めぐみさんが選びました!

お酒を選ぶ カクテル・サワー
管理栄養士が選ぶ!缶チューハイにぴったりなコンビニで揃う“せんべろセット”
  • 管理栄養士が選ぶ!缶チューハイにぴったりなコンビニで揃う“せんべろセット”
  • 管理栄養士が選ぶ!缶チューハイにぴったりなコンビニで揃う“せんべろセット”
  • 管理栄養士が選ぶ!缶チューハイにぴったりなコンビニで揃う“せんべろセット”
  • 管理栄養士が選ぶ!缶チューハイにぴったりなコンビニで揃う“せんべろセット”
  • 管理栄養士が選ぶ!缶チューハイにぴったりなコンビニで揃う“せんべろセット”
  • 管理栄養士が選ぶ!缶チューハイにぴったりなコンビニで揃う“せんべろセット”
  • 管理栄養士が選ぶ!缶チューハイにぴったりなコンビニで揃う“せんべろセット”
  • 管理栄養士が選ぶ!缶チューハイにぴったりなコンビニで揃う“せんべろセット”

サクッと家飲みがしたい気分、仕事帰りにコンビニに寄っておつまみとお酒を買いたいが、健康面、カロリーや栄養面も気になる…

そんなあなたに、「管理栄養士が選ぶコンビニで揃うせんべろセット」を紹介!おすすめの食べ方や、栄養価なども要チェックです!

今回はサッパリと家で一杯やりたい気分のときにピッタリな「麒麟 発酵ジンジャーサワー」に合わせて、ローソンで揃う家飲みおつまみセット「カロリーをおさえたいとき」「仕事終わりに家で軽く一杯」の2つシチュエーション別にご紹介いたします!

石本 めぐみ(管理栄養士)

国立大学文学部を卒業後、一般企業勤務を経て栄養士専門学校に入学し、栄養士資格を取得。病院給食、食品メーカーの品質管理、保育園栄養士を経験して2022年に独立。栄養・健康分野の記事執筆を中心に活動しながら、お酒が楽しくなるおつまみレシピを発信中。

「麒麟 発酵ジンジャーサワー」とは

【2022年9月発売】麒麟 発酵ジンジャーサワー 350ml×24本
画像:amazon.co.jp

キリンの美味しいお酒造りの原点である"発酵"技術を取り入れた「麒麟 発酵サワー」ブランドから、2022年9月27日(火)より発売が開始された「麒麟 発酵ジンジャーサワー」。

味わい豊かな甘さ控えめのすっきりとした味覚が特徴で、ジンジャーを乳酸菌で発酵させたことにより、まろやかな味わいとなっている缶チューハイです。


【2022年9月発売】麒麟 発酵ジンジャーサワー 350ml×24本
¥4,110 (¥171 / 本)
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)

「麒麟 発酵ジンジャーサワー」×「カロリーをおさえたいとき」のおつまみセット

  • 麒麟 発酵ジンジャーサワー(350ml):174円

  • レタスミックスサラダ:144円

  • 穂先メンマ:136円

  • おでん:208円(袋入りのもの)

  • 枝豆と塩昆布のおにぎり:138円

合計 800円(値段はすべて税込)

おすすめの食べ方

1.レタスミックスサラダは1/2袋を皿に出し、穂先メンマを1/3袋分トッピング

2.おでんは先に具を食べて、だし汁を残しておきます。

3.600wの電子レンジで30秒、枝豆と塩昆布のおにぎりをあたためます

温め直しただし汁をかけて、

だし茶漬け風にして食べることで、おでんで2度楽しめるのがメリット!

栄養価

エネルギー:351kcal

  • たんぱく質:18.2g

  • 脂質:7.6g

  • 糖質:48.0g

  • 食物繊維:9.5g

※お酒以外の食品の合計値を記載。レタスミックスサラダは1/2袋分、穂先メンマは1/3袋分です。

おつまみ選びのポイント

摂取エネルギーと糖質をおさえつつお酒を楽しんで満足できる、ダイエット向きのおつまみを選んでみました。

「レタスミックスサラダ」のような野菜はエネルギーが低いだけでなく、食物繊維が含まれている点でも、ダイエット中に摂取してほしい食材です。食物繊維には、食後の血糖値の上昇を緩やかにする作用があります。血糖値が上昇するとインスリンと呼ばれるホルモンが働き、血糖値を下げようとして、糖質を脂肪に変えて体にため込もうとするのです。食物繊維を摂取して血糖値の上昇をおさえると、インスリンの分泌が少なくなり、体に脂肪がつきにくくなると考えられています。そのため、ダイエット中のおつまみは野菜を積極的に摂ってカロリーオフしつつ、食物繊維で血糖値の上昇をおさえていくことが効果的なんです!

また、サラダにはドレッシングをかけたいところですが、ドレッシングには脂質や糖質が多く含まれています。ヘルシーに思えるノンオイルドレッシングも、実は糖質が高め。ローソンで販売している「ノンオイルドレッシング香味青じそ」は1パック25mlで25kcal、脂質0gとエネルギー・脂質が低い一方、糖質は5.4gも含まれています。

覚えておきたい!メンマの魅力

そこでこの記事では「穂先メンマ」をトッピングして、おつまみサラダにする食べ方をご提案!たけのこから作られるメンマは、エネルギーと糖質が低めの食材なので、ダイエット中のおつまみにおすすめです。また、ローソンの「穂先メンマ」は1袋90gで34kcal、糖質は1.7gなので、ノンオイルドレッシングよりも低カロリー、低糖質

ただし穂先メンマは塩分が多く含まれるため、食べ過ぎには注意が必要してくださいね!

穂先メンマだけ食べていると、物足りなくなりたくさん食べてしまいがちですが、レタスサラダにトッピングして食べることで、量をたくさん食べたという満足感が得られるという効果も期待できるんです!

ダイエット時の強い味方「おでん」

「おでん」には、だいこん・こんにゃく・昆布といったエネルギーが低い具材や、ちくわ・さつま揚げ・玉子などのたんぱく質が豊富な具材が入っています。筋肉のもとになるたんぱく質は、ダイエット中の人も積極的に摂ってほしい栄養素です。

筋肉がつくことで基礎代謝が高まるため、エネルギー消費が多くなり痩せやすい体になります。また、たんぱく質は糖質・脂質よりも体脂肪になりにくいと言われています。

おにぎりは糖質が多く含まれるため、食べない方がよいと思うかもしれません。しかし体を動かすエネルギーになる糖質は、ダイエット中でも必要量はきちんと摂取するべき栄養素です。

身体はエネルギーが不足すると、筋肉にあるたんぱく質からエネルギーを作ろうとします。そのため筋肉が衰えてしまい、痩せにくい体になってしまうのです。

ローソンの「枝豆と塩昆布のおにぎり」に入っているもち麦には、食物繊維が多く含まれており、特に血糖値の上昇をおさえる水溶性食物繊維が豊富です。

また枝豆も栄養価が高く、たんぱく質が豊富に含まれています。枝豆に多く含まれるビタミンB1とビタミンB2は、糖質と脂質の代謝に作用する栄養素ですので、糖質と脂質が脂肪として体に蓄積される前にエネルギーに変わりやすくなると考えられます。

温かくてお腹にたまるご飯を食べると、エネルギーをおさえた食事でも満足度が高まるでしょう。お酒を飲んだあとの締めにもなるので、飲み過ぎ・食べ過ぎを防げると思いますよ!

塩分の過剰摂取には注意を!

摂取エネルギーをおさえられるおつまみセットですが、注意点があります。それは、塩分の過剰摂取。

穂先メンマやおでんのだし汁には、塩分がかなり多く含まれます。塩分の過剰摂取は、体のむくみや高血圧につながりますので、一度に食べる穂先メンマは1/3袋程度に、おでんのだし汁はすべて飲み干さないようにしてくださいね。

「麒麟 発酵ジンジャーサワー」×「仕事終わりに家で軽く一杯」にピッタリなおつまみセット

  • 麒麟 発酵ジンジャーサワー(350ml):174円

  • 4種緑野菜のごま和え:246円

  • 煮たまご:173円

  • 七味唐辛子 やげん軟骨焼き:238円

合計 831円(値段はすべて税込)

おすすめの食べ方

1.煮たまご1個を器に取り出し、フォークで粗くつぶします。

2.4種緑野菜のごま和えと混ぜるだけで完成!

栄養価

エネルギー:216kcal

  • たんぱく質:19.3g

  • 脂質:10.8g

  • 糖質:6.9g

  • 食物繊維:5.3g

  • 食塩相当量:3.14g

※栄養価はお酒以外の食品の合計値を記載。煮たまごは2個入りですが、1個分で計算しています。

おつまみ選びのポイント

「残業で帰宅が遅くなったけど、少しお酒を飲んで気分を晴らしたり、リラックスしたりしたい」という時にピッタリな、夜遅い時間に食べる場合におすすめのおつまみを選びました。

遅い時間に食事を摂ると、消費されるエネルギーが少なく、余ったエネルギーが脂肪になり体にたまりやすくなりますそのため、カロリーをおさえたおつまみがよいでしょう。

脂質が多いおつまみはカロリーが高くなるだけでなく、消化にもよくありません。翌朝まで胃に残ってしまうと、食欲が出ず、朝食を抜いてしまう恐れがありますが、脳や体に十分なエネルギーが補給されないため、体がだるく感じたり、仕事に集中できなかったりとデメリットが多々あります。

食事の時間が夜遅くなってしまったときは、エネルギーや脂質が少なく、消化がよい食べ物を選ぶのがおすすめです。

胃腸にやさしい野菜のおつまみは晩酌の味方!

今回のように、エネルギーが低くて食物繊維を摂れる野菜はおつまみにおすすめですが、ごぼうのような繊維がしっかりしている野菜は消化に時間がかかってしまいます。しかし今回選んだ「4種緑野菜のごま和え」は、ほうれん草・ブロッコリー・いんげん・枝豆がやわらかく調理されているので胃腸にやさしいのが特徴。

野菜を使ったサラダでも、マヨネーズやドレッシングを使ったものはカロリーや脂質が高くなる傾向がありますが、こちらの商品は和風の味つけでカロリーや脂質がおさえられており、夜遅い時間のおつまみにぴったりです。

4種緑野菜のごま和えに入っている枝豆は、栄養面から見てもお酒のおつまみにおすすめの食材です。枝豆に含まれるアミノ酸の一種、メチオニンは肝臓でアルコールを分解する働きをサポートする栄養素で、市販の二日酔いを予防する薬にも含まれている成分でもあります。メチオニンは体の中で合成されない必須アミノ酸のひとつなので、食べ物から摂取しなければなりません。枝豆は定番のおつまみですが、体のことを考えても理にかなった組み合わせと言えますね。

4種緑野菜のごま和えだけを食べても十分おいしいのですが、「煮たまご」を加えるのが今回のポイント。卵は糖質・脂質よりも体脂肪になりにくい、たんぱく質が豊富に含まれています。さらに身体に必要な必須アミノ酸もバランスよく含まれているので、良質なたんぱく質源になるのです。

ごま和えと一緒に食べることで、見た目のボリューム感がアップするためおつまみ感が出て満足度が高まるはず!味のの相性もよく、お酒のいいお供になると思います。

よく噛むことで満足感がUPする「やげん軟骨」

ピリリと辛い「七味唐辛子 やげん軟骨焼き」は、すっきりした味わいの発酵ジンジャーサワーにぴったりのおつまみです。また、鶏の軟骨はエネルギー・脂質・糖質が低く、高たんぱく質なので、健康的な食べ物です。

鶏の軟骨といえば、唐揚げも美味しいですよね!ローソンの商品にも「鶏軟骨の唐揚げ」はありますが、揚げ物なのでやはりエネルギーは高く、1パック70g当たり283kcal。一方、今回選んだやげん軟骨焼きは、1パック40g当たり53kcalとエネルギーが低くおさえられています。軟骨なので歯ごたえがよく、たくさん噛むことで満腹中枢が刺激されるので、満足感が得られやすいのもポイントです。

鶏の軟骨は低エネルギー・低脂質・低糖質・高たんぱく質で優秀なおつまみですが、噛みごたえがある分消化によいとは言い切れません。しっかり咀嚼すれば消化しやすくなるので、ゆっくりよく噛んで味わって食べてくださいね。

栄養素やカロリーを考えた「コンビニお手軽おつまみ」で健康的な晩酌を楽しもう!

いかがでしたか?「麒麟 発酵ジンジャーサワー」にぴったりな、コンビニで手軽に買えるおつまみのセットを2つのパターンでご紹介しました。

サクッと家飲みがしたい気分、仕事帰りにコンビニに寄っておつまみとお酒を買いたいが、健康面、カロリーや栄養面も気になる…そんな時にぜひ試してみてください!

《石本めぐみ》
石本めぐみ

石本めぐみ

国立大学文学部を卒業後、一般企業勤務を経て栄養士専門学校に入学し、栄養士資格を取得。病院給食、食品メーカーの品質管理、保育園栄養士を経験して2022年に独立。栄養・健康分野の記事執筆を中心に活動しながら、お酒が楽しくなるおつまみレシピを発信中。

特集

page top