ホーム > 飲みに行く > 訪問 > 駅の中ではしご酒?東京駅構内でお得にはしご酒してきた

駅の中ではしご酒?東京駅構内でお得にはしご酒してきた

出典:http://tabino-snap.cocolog-nifty.com/blog/2012/10/post-95ba.html
 
グランルーフが出来一年がたちましたが、まだまだ注目度の高い東京駅。

他にもラーメンストリートやキャラクターストリート隣接の大丸東京やKITTEと東京駅だけで半日すぎてしまうほどの充実ぶりです。

勿論巨大ターミナル駅ですので、行楽シーズン真っ只中の今、遠方に近場にといつもより利用される方も多いのではないでしょうか。

今回は、そんな東京駅でさくっと飲めるお店をご紹介します。
 


 
 

1軒目:barBAR Tokyo(バーバートウキョウ)

旅は道連れ世はお酒ーってなテンションでやって参りました東京駅

始まりはビールだよねと思い、黒塀横丁地下1階にある、barBAR Tokyo(バーバートウキョウ)さんへ。

th_画像1

barBAR Tokyoさんはクラフトビールメインのお店です。

th_画像2

th_画像3

沢山のクラフトビールのメニューから、1杯目はアウグスIPAをグラス(730円)で注文。

IPA(アイピーエー)とはインディアンペールエールの略称で、一般的に普通のビールよりアルコール度数が強く、苦味と香りも強いストロングスタイルなビールなのです。

ちなみにこのアウグスビールさんは自社で工場を持たず、レシピを工場に渡してビールを造っているそうです。

さて、早速一口。

th_画像4

おーきたきた来ました。鼻に一気に来る爽やかな香り、そして強めの苦味
 
でも後味は意外と苦味が残りません。香りの強さもあって決して嫌な苦味ではないです。

ここらでおつまみを・・・
 
クイックフードが各310円2品で520円と中々お得。ただ懐事情もありグリーンオリーブ単品をチョイス。

th_画像5

オリーブの爽やかな油分をビールで流す。相乗効果ばっちりです。

しかし、1杯目にこんなパンチの強いビール頼んで、大丈夫なのか・・・

大丈夫なんです!

次の1手はよなよなリアルエール(520円)

香りに定評のあるよなよなエールでもさらに、非加熱無ろ過、炭酸ガスは注入せず、瓶内熟成

それだけ味の変化も起こりやすく取り扱いに気を使うため、飲めるお店も少ないのです。これは頼むしかない。

th_画像6

まず飲んで・・・おー、常温です。

よく海外ではビールを常温で飲むといいますが、それは香りも楽しめるエールビールだからこそ。本当に香りが立ちます。

日本の高温多湿な夏に冷えたラガービール、これも最高ですが、カラッとした秋晴れにゆったりした常温のエールビールもまた至高ですね。

ギネスのようなクリーミーな泡、炭酸は控えめ。ゆっくりと味わうことができます。

ビール単体の美味しさもさることながら、またオリーブとも合う。
 
 

店舗名 バーバー東京 (barBAR Tokyo)
住所 東京都千代田区丸の内1-9-1 東京駅 改札外 黒塀横丁 B1F
電話 03-3216-0581
アクセス JR東京駅八重州地下中央口から徒歩2分
東京駅から240m
営業時間 11:00〜23:00
ランチ営業、日曜営業
定休日 無休(年末年始を除く)
ホームページ http://barbar.jp/

 
 

おすすめ1000円コーディネート

いい具合になってきたので、ひとまずお会計、1540円。ここでの1000円コーディネートはオリーブ(310円)よなよなリアルエール(520円)ですね。

次のお店へ向かいます。
 
 

2軒目:はせがわ酒店

次のお店はJR東京駅改札内に入りまして、東京グランスタにあるはせがわ酒店さんへ。

東京グランスタはお土産やお弁当もたくさんあり、出発前の最後の駆け込み先として大活躍ですが、それは飲兵衛にも同じだったようです。

はせがわ酒店ではお酒売り場に併設してバーがあります

th_画像7

店内に入りメニューを拝見。

th_画像8

ビールからの秋の流れに従い、ここは厳選秋のおすすめ日本酒を頼みます。

th_画像9

出てきたのは、秋田の白瀑(しらたき)山もと山廃純米酒ひやおろし(432円)
 
どピンクというピンクのお酒(無着色!)のお酒を出したりとユーモラスな蔵元さんです。

しかし味は確かです。何ともさわやかな香りで後味すっきり

th_画像10

th_画像11

それにしてもこのコースター欲しいです・・・

さて、おつまみにほたるいかの沖漬け(324円)も頼みました。

th_画像12

すっきり味に合います。イカ繋がりで次の日本酒は青森県八戸市の陸奥八仙 特別純米ひやおろし(432円)

味わいがかなりジューシーですね。メロン果汁のような酸味と甘みのバランスがとても良いです。

秋に合うお酒を十分堪能したところで今日はごちそうさま。
 
 

店舗名 はせがわ酒店 GranSta店
住所 東京都千代田区丸の内1-9-1 東京駅 グランスタ B1F
電話 03-6420-3409
アクセス JR東京駅構内地下1階GranSta(グランスタ)内。
八重洲地下中央改札口から丸の内側で進んだところにある。
※改札内なので切符等が必要
東京駅から57m
営業時間 [月〜土]7:00〜22:00(L.O.21:30)
[日・祝(連休の場合には最終日のみ)]
7:00〜21:00(L.O.20:30)
※日曜日、祝日でもグランスタイベント期間中には、閉店時間が22時になる場合があります。
定休日 無休
ホームページ http://www.hasegawasaketen.com/

 
 

おすすめ1000円コーディネート

ここでの1000円コーディネートはほたるいかの沖漬け(324円)陸奥八仙 特別純米ひやおろし(432円)ですね。
 
 

全体のおすすめ1000円コーディネート

全体のおすすめ1000円コーディネートは、barBAR Tokyoさんのよなよなリアルエール、はせがわ酒店さんのおすすめ日本酒

今回旅立ち前ということで、つまみなしがいいかもしれません。つまんでたら、乗り遅れてしまいそうですからね(笑)

本日のお会計は、アウグスIPA、よなよなリアルエール、オリーブ、白瀑純米ひやおろし、陸奥八仙特別純米ひやおろし、ホタルイカの沖付けで2728円でした。
 
 

訪問の関連記事

Latest - 新着記事

NOMOOO MAIL MAGAZINE

NOMOOOの最新記事情報、お酒ニュース情報
お酒イベント情報を、お届けします

ページトップヘ