ホーム > 飲みに行く > 訪問 > 新感覚の紹興酒〈麗美(リーメイ)〉を飲んでみたくなること間違いなし!恵比寿「Le Parc(ル パルク)」のヌーベルシノワとの相性が最高すぎる!

新感覚の紹興酒〈麗美(リーメイ)〉を飲んでみたくなること間違いなし!恵比寿「Le Parc(ル パルク)」のヌーベルシノワとの相性が最高すぎる!

女性でも手に取りやすく、まるでワインのような、スタイリッシュでオシャレなボトルデザイン。紹興酒本来の風味を残しながら、軽快でマイルドな飲み口。
 
飲んだ人の、それまでの紹興酒へのイメージをガラリと変えてしまうであろう紹興酒〈麗美(リーメイ)〉の魅力を、これまで、2回に亘りお送りしてきました。前回の記事で、紹興酒を飲み慣れていない人をも虜にしてしまうほどの印象を残してくれた〈麗美〉の魅力を、今回もご紹介したいと思います。
 
第3回目となる今回は、モデルのMIKIさんと一緒に、恵比寿の「Le Parc(ル パルク)」で、〈麗美〉とヌーベルシノワを堪能してきました!この記事を読み終わった後には、きっと〈麗美〉を飲んでみたくなるはず。それでは、どうぞご覧ください。
 
▼宝酒造 紹興酒「塔牌」陳五年〈麗美〉の情報はこちら 
http://www.takarashuzo.co.jp/products/touhai/lineup/page03.htm
 
▼イタリアン風中華バル?恵比寿『京鼎樓バル』で、新感覚の紹興酒〈麗美(リーメイ)〉を飲んでみた!
http://www.nomooo.jp/column/jin-din-rou/
 
▼名物”よだれ鶏”と新感覚の紹興酒〈麗美〉の相性に感動!スタイリッシュに中国郷土料理を味わえる広尾『JASMINE』に行ってきた!
http://www.nomooo.jp/column/jasmine/
 

020人物紹介:MIKI
生まれも育ちも九州で、大のお酒好き。焼酎はもちろん、ビールからワインなどシーンに合わせてお酒を嗜んでいるそう。この日も、ヌーベルシノワと一緒に〈麗美〉をグビグビ。

 


 

〈麗美(リーメイ)〉ってどんな紹興酒?

新感覚の紹興酒〈麗美〉の魅力について、もう一度ご紹介しましょう。
 
th_IMG_8671
 
〈麗美〉は、宝酒造の「塔牌(トウハイ)」ブランドから新発売された紹興酒です。同社の調べによると、紹興酒の味わいに不満を感じているユーザーは少ないものの、一部でアルコール度数の高さや香りに飲みにくさを感じるユーザーもいるということから発売に至ったそう。
 

口当たりのよく飲みやすい酒質

宝酒造の「塔牌(トウハイ)」の伝統的に受け継がれてきたこだわりの手造り製法により、本来の紹興酒の美味しさそのままに、熟成した5年貯蔵酒の中から飲みやすく口当たりのよい原酒を選定し上澄みだけを使用したものです。飲みやすく口当たりのよい味わいで、アルコール度数もやや低めの14%にすることで、軽やかで飲みやすい新感覚の紹興酒に仕上がっています。

食卓で映えるワイン感覚のスリムなボトル

牡丹と唐草をモチーフにしたというラベルデザインと、スリムでスタイリッシュなボトルシェイプは、食卓でより一層映えるようにとイメージされて採用されました。まるでワインやシャンパンを思わせるそのボトルデザインは、これまでの紹興酒のイメージをガラッと変えてしまうものです。

良質な原料と手造りによるこだわりの伝統的な製法

契約栽培により厳選された良質の「もち米」と「小麦」を使用し、昔ながらの手造りにこだわった伝統的な製法で造られています。
 



緑豊かな公園の隣に佇む、パリの下町を思わせる中華レストラン

恵比寿駅西口から徒歩3分。オシャレな雰囲気漂う大人のグルメタウン・恵比寿の飲食街から少し外れたところ、緑豊かな公園の隣に「Le Parc(ル パルク)」はありました。
 
th_IMG_8622
まるでパリの下町を思わせる趣ある外観。
 
th_IMG_8629
店内に一歩足を踏み入れると、初めて来たのに、どこか懐かしささえ覚える落ち着いた空間が広がります。デートに、家族で、幅広いシーンで楽しめそうです。
 

紹興酒を飲み慣れた方にもオススメ!〈麗美〉を飲んでみた!

今回は、紹興酒をよく飲むというMIKIさんに、未知数の可能性を秘めた〈麗美〉を味わってもらいました。果たして、紹興酒を飲み慣れたMIKIさんには、新感覚の紹興酒〈麗美〉はどのように感じるのでしょうか?それでは、MIKIさんの感想も交えてレポートしていきましょう!
 
th_IMG_8936
「綺麗でクリアな琥珀色ですね!意外とトロミは少ないかも?」とMIKIさん。まずは、その色合いや粘度をチェックするあたり、飲み慣れていると見える…。
 
th_IMG_9011
そして香り。「まろやかなもち米の香りがします!従来の紹興酒よりも華やかな香りがするところは、見た目通りといった感じですかね!」
 
th_IMG_8993
さっそくクピッと一口。
 
th_IMG_9029
「普通は、常温で飲むことが多い紹興酒ですが、〈麗美〉は、赤ワインくらいに冷やして飲むとグッと飲みやすくなりますね!脂の多い料理や辛い料理と合わせると口の中を爽やかにしてくれそう。」と〈麗美〉の魅力をさっそく見抜く当たりさすがです!
 
th_IMG_9323
ワイングラスで飲むことで、紹興酒本来の風味を楽しめるので、読者の皆さんもまずはストレートで、赤ワイン程度に冷やして飲んでみることをオススメします。
 

本場香港の点心師が作るヌーベルシノワと〈麗美〉を堪能してみよう!

ヌーベルシノワとは、「新しい中華料理」を指す造語で、中華料理を西洋風にアレンジして提供される料理のこと。「Le Parc」では、本場香港で11年間修行した点心師であるシェフが作るヌーベルシノワを提供しています。
 
それでは、本場「香港の味」を追求したヌーベルシノワのコース料理と〈麗美〉を堪能してみましょう!
 
th_IMG_8881
 

前菜4種:蒸し鶏の冷菜 ネギソース、クラゲのピリ辛和え、香港チャーシュー、アワビの冷菜

th_IMG_8646

前菜4種
「蒸し鶏の冷菜 ネギソース」、「クラゲのピリ辛和え」、「香港チャーシュー」、「アワビの冷菜」の4種類の前菜が贅沢に1皿に盛りつけられた逸品。

 
 
th_IMG_8939
4種類の前菜の中から、一口目は自家製のジューシーな味わいが特徴の「香港チャーシュー」をチョイス。
 
th_IMG_8949
程よい歯ごたえと、噛めば噛むほどにじみ出るチャーシューの旨みが絶品!
 
th_IMG_8998
ここで〈麗美〉を一口!口の中に広がるチャーシューの旨みを〈麗美〉の上品な甘みが優しく包みこみます。
 
th_IMG_8685
ネギの風味と柔らかな蒸し鶏の「蒸し鶏の冷菜 ネギソース」と、辛さとコリコリとした歯ごたえがヤミツキになる「クラゲのピリ辛和え」、贅沢にカットされたアワビが絶品の「アワビの冷菜」、それぞれ個性のある味わいと歯ごたえが魅力的な前菜でした!
 
〈麗美〉の風味豊かな味わいは、個性の強い料理にも好相性。食事の邪魔をせず料理を引き立てる〈麗美〉の魅力に驚きを隠せません!これから出てくるコース料理と〈麗美〉とのマッチングへの期待が高まってきたところで、次の料理に行ってみましょう。
 

スープ:カニ肉入りフカヒレスープ

th_IMG_8781

カニ肉入りフカヒレスープ
蟹卵味のフカヒレスープ。卵のまろやかさが引き立つスープです。トロトロとしたとろみがたまらない逸品。

 
 
th_IMG_9329
ホカホカの「カニ肉入りフカヒレスープ」が到着!中華スープのいい匂いが店内に広がってきました。
 
th_IMG_9423
カニの風味とフカヒレの心地よい歯ごたえ、トロリとした味わいがたまりません!
  
th_IMG_9479
そんな上品な「カニ肉入りフカヒレスープ」を味わった後に飲む、これまた上品な甘さが特徴の〈麗美〉は、お互いを引き立てる相乗効果を生み出してくれました。
 
th_IMG_8826
高級中華の定番「フカヒレ」と「カニ」にも引けを取らない上品さと、豊潤なもち米の風味が味わえる〈麗美〉。期待を裏切らないマッチングでした!
 

蒸し点心4種:ニラ餃子、イカと大葉の餃子、カニ入りエビ餃子、フカヒレ入り餃子

th_IMG_8784

蒸し点心4種
「ニラ餃子」、「イカと大葉の餃子」、「カニ入りエビ餃子」、「フカヒレ入り餃子」の4種類の点心が一度に味わえる蒸し点心。皮の繊細で上品な舌触りが点心師の技を感じさせる逸品。

 
 
th_IMG_9525
お待たせしました。今回のメインディッシュであり、点心師が丁寧に蒸す「Le Parc」の人気メニュー「点心」です!その色鮮やかさに驚きます。蒸籠(せいろ)もいい香り!
 
th_IMG_9581
本場香港の点心師が一つ一つ丁寧に手作りする本格点心。透明に澄んだ点心の皮はプリップリ!この上品で繊細な舌触りは、一度食べるとヤミツキになります!
 
th_IMG_8845
贅沢に本場香港の味を堪能した後は、赤ワインくらいに冷やした〈麗美〉をいただきましょう。
 
th_IMG_9696
ワイングラスで引き立つ華やかで上品な香り、スッと喉を通る軽やかな飲み口、そして心地よいコクと余韻。まるで時間がゆっくりと進んでいるような、贅沢な時間を過ごせました。
 

炒め2種:エビのチリソース炒め、季節野菜と牛肉のオイスターソース炒め

th_IMG_8707


th_IMG_8696

炒め2種
誰からも愛される定番料理「エビのチリソース炒め」と、四季折々の旬な野菜が味わえる「季節野菜と牛肉のオイスターソース炒め」の2種。

 
th_IMG_9747
中華の定番と言えば「エビのチリソース炒め」を思い浮かべる人もいるでしょう。程よい甘辛さがたまらない逸品です!
 
th_IMG_9820
マイルドで上品な甘さの〈麗美〉が、「エビのチリソース炒め」の甘辛さを和らげてくれます。
 
th_IMG_9072
色鮮やかでオイスターソースのコクがじんわりと口の中に広がる、濃厚な旨みを堪能。牛肉の食感と季節野菜のバランスが絶妙です!
 
th_IMG_9140
透き通ったクリアな喉ごしの〈麗美〉が、オイスターソースのコッテリとした料理を口の中でスッキリとさせてくれます。〈麗美〉の軽快さが引き立つ組み合わせですね!
 
th_IMG_8705
 
ピリ辛な料理から、コッテリとした料理まで合わせることができるのは、料理を選ばない〈麗美〉だからこそなせる技。
 

ご飯:五目チマキ

th_IMG_8737

五目チマキ
やわらかいもち米に、旨みがしみこむようにゆっくり蒸しあげられた五目チマキです。

 
th_IMG_9158
最後に締めの料理。蓋を開けた瞬間フワ~と立ち登る蒸籠特有の香りが立ち込めます。
 
th_IMG_9199
モチモチとやわらかなもち米の食感が、シェフの丁寧な仕事ぶりを感じさせます。
 
th_IMG_9306
ゆっくりと口の中に広がる豊かなもち米の風味が、挽肉の旨みを閉じ込めたチマキの旨みと調和します。落ち着いた穏やかさのある組み合わせです。
 
th_IMG_8753
もち米で丁寧に造られたまろやかな紹興酒〈麗美〉と、同じくもち米をじっくりと蒸し上げたチマキのコクと甘みのハーモニーは、麗しいほど贅沢な余韻へと続きました。
 

おわりに

th_IMG_8671


新感覚の紹興酒〈麗美〉の魅力を全3回に亘ってお送りしてきました。この記事を読んで、〈麗美〉を飲んでみたいと思った方は、これまでご紹介してきた3店舗でも〈麗美〉を飲むことができますので、〈麗美〉のその奥深い味わいを、ぜひ味わってみてはいかがでしょうか?
 
  

店舗概要

店名 Le Parc(ル パルク)
住所 東京都渋谷区恵比寿西1-19-6 UNパークビル 1F・2F
※恵比寿駅西口より徒歩3分
電話番号 03-3780-5050
営業時間 月~金
【11:30~15:00】 (L.O.14:30)
【17:20~23:00】 (L.O.22:30)
 
土・日・祝
【11:30~22:00】
定休日 年末年始
店舗ブログ http://cordon-bleu.co.jp/ebisu/index.html

※通常、「Le Parc(ル パルク)」のコース料理には、デザートとして「マンゴープリン」も提供されます。
 
▼宝酒造 紹興酒「塔牌」陳五年〈麗美〉の情報はこちら 
http://www.takarashuzo.co.jp/products/touhai/lineup/page03.htm
▼宝酒造 紹興酒「塔牌」の情報はこちら
http://www.takarashuzo.co.jp/products/touhai/
 
 
提供:宝酒造
 

訪問の関連記事

Latest - 新着記事

NOMOOO MAIL MAGAZINE

NOMOOOの最新記事情報、お酒ニュース情報
お酒イベント情報を、お届けします

ページトップヘ