ホーム > 飲みに行く > 訪問 > ここはナポリ!湯島で世界レベルのピッツァが食べられる「ダ・ジョルジョ」に行ってきた

ここはナポリ!湯島で世界レベルのピッツァが食べられる「ダ・ジョルジョ」に行ってきた

上野のワイワイがやがやした飲み屋街からほんの少し離れた湯島。そこには約1万キロ離れたイタリアにあるはずのナポリがありました。

IMGP4810

お店は綺麗な青と白を基調とした外観です。ナポリという名前の青色がありますが、ナポリ湾と透き通った青空の色から来ているのでしょう。「ダ・ジョルジョ」もそんな青色で統一されています。

IMGP4812

お店に入ると大きな焼き窯と共に、お店の方が「こんばんはー!」と迎えてくれます。

IMGP4814

「いらっしゃいませ」ではなく「こんばんは」なのはお客様を親しみを込めて迎える為だそうです。帰る時には「おやすみなさい」。そんな風に言われるとちょっと照れくさい感じもしますが、帰っても独り言を言いながら寝るしかない私はそれだけでまた来たくなってしまいます!

見た目のナポリ感から溢れる期待でそわそわしてしまいますが、心を落ち着かせて飲み物を注文しましょう。

IMGP4821

時は1963年に遡ります。

フランチェスコ・ペローニの醸造所で生まれた「ペローニ・ナストロ アズーロ」というビールです。すっきりでフルーティな飲みくち、イタリアらしいスタイリッシュさでパリ、ミラノ、ロンドン、ニューヨークで人気急上昇中です。

IMGP4824

歴史のつまったビールをお洒落に傾けながら2015年に帰ってきました。まずは前菜、マダイのカルパッチョです!!

IMGP4829

マダイのあとにオリーブや香味野菜が香り、とても美味しいです。

IMGP4848

こちらは牛豚肉の煮込みソースの、手打ちオレッキエッテ。オレッキエッテ? 聞きなれない言葉ですね。

これはイタリアはペローニ州の郷土料理で、オレッキエッテとは耳たぶという意味。ちょっと分厚目のぷにぷにしたパスタです。こちらはチーズがたっぷり絡み、濃くてまろやかなお味に。

オレッキエッテにばかり注目していたのですが、一緒に煮込まれている牛豚肉さんもめちゃくちゃ美味しい。お肉の繊維が口の中でほろほろとほどけていきます。

IMGP4842

そして!! これが世界レベルのマルゲリータです!

IMGP4847

大海賊が求めし秘宝、かのような輝きを放っていますね。

IMGP4853

くなりとしなります。

チーズとトマトがものすごくじゅわっと広がります! 生地は一枚なのに、パイを食べているかのようなさくさく感と重厚感・・・不思議です。なんだこれ、としか言いようがありません。

耳の部分はもちもちしていて、一日中食べていてもいいと思いました。

IMGP4830

こんなピッツァが日本の、ここ湯島で食べることができるなんて・・・。

IMGP4831

オーナーの徳山さんは、ピッツァの世界大会で13位、日本大会で2度4位を獲得しているピッツァの実力派。今年の9月にも、ナポリで開かれる世界大会に出場されるそうです。

IMGP4832

10歳の頃、家族でイタリア旅行に行った時からイタリアに魅了され続け、どうしてもイタリアに関わる仕事がしたかった徳山さん。

IMGP4833

ナポリでピッツァに出会い、その歴史と奥深さに心を奪われピッツァの道を歩み始めたそうです。

IMGP4834

生地も、チーズも、本場ナポリで使用されているものを毎週空輸で仕入れているとのこと。

IMGP4835

200年続くピッツァ釜職人さんに作ってもらった釜で。

IMGP4836

一族総出でピッツァ職人である師匠かた受け継いだその技を。

IMGP4837

ここ、湯島で存分に発揮しておられます。

IMGP4839

釜の奥を見つめる徳山さんの背中には、ナポリとピッツァの歴史があります。

IMGP4840

正しいピッツァを伝承していきたい。

IMGP4841

その思いをのせてピッツァは焼き上がります。

IMGP4842

わーもうほんと。

IMGP4847

秘宝!!!!!!!!!!!!!! 

IMGP4857

こちらはヴェスヴィオD.O.C.です。直送されてくる水牛モッツァレラチーズがふんだんに使用されています。

IMGP4858

このままクッションにして家に置きたいです。

ナポリの歴史と美味しさとオーナーさんの思いを感じられる深い愛のあるお店です。本物志向の方、とにかく美味しいものが食べたいという方、デートでいいお店を知ってるところを見せたい方なんかに盛大におすすめしたいです。

また、必見なのが店中に飾られているナポリの品々!!! どこもかしこも、徹底的にナポリです。この光景・・・どこかで・・・そう思い、オーナーさんに「もしかして、ナポリオタクなんですか?」と聞いてみたところ「そうです(笑)」とおっしゃっていました。

お店に訪れた際には、溢れるナポリ愛を感じられることと思います。

IMGP4859

むむっ??

IMGP4860

非常口の案内まで、ナポリ仕様だ!!!! 細かい!

約1万キロの旅路を、ぜひ湯島で楽しんでください。
 

店名 da GIORGIO(ダ・ジョルジョ)
住所 東京都文京区湯島3-37-14 ソルミオビル 1F・2F
電話番号 03-5826-4300
営業時間 11:30~15:00(L.O.14:30)/17:30~23:00(L.O.22:00)
定休日 火曜日
HP https://www.facebook.com/da.giorgio.tokyo

 

訪問の関連記事

Latest - 新着記事

NOMOOO MAIL MAGAZINE

NOMOOOの最新記事情報、お酒ニュース情報
お酒イベント情報を、お届けします

ページトップヘ