ホーム > ニュース > キャンペーン > 飲む「みりん」!?江戸時代飲まれていた”美淋酎”を再現するプロジェクトがMakuakeで始動

飲む「みりん」!?江戸時代飲まれていた”美淋酎”を再現するプロジェクトがMakuakeで始動

クラウドファンディングサイト「Makuake」にて、江戸時代飲まれていた「美淋酎」を再現するプロジェクトが開始になりました。

江戸時代にはお酒として飲まれていたという「みりん」。今回のプロジェクトは、江戸時代に楽しまれていたという「美淋酎」を再現するというもの。

プロジェクト発起人は、日本最古のみりん蔵である「九重味淋株式会社」。2017年に創業245周年を迎えた、記念事業として立ち上がったプロジェクトで、”もっと多くの方にみりんに触れ合ってほしい”という想いから始まったそう。

この「美淋酎」、炭酸で割ってレモンを入れて飲むと美味しいのだとか!お酒好きとしては、ぜひ一度は試しておきたいところですよね!

同プロジェクト、開始数日ですでに目標金額(500,000円)の半分を達成するなど、Makuake内でも話題となっています。

3,000円から支援できる内容となっているので、気軽に参加してみては?詳しくはこちら

 

お酒の情報サイト「NOMOOO(ノモー)」は「今日の飲みたいを見つける」をコンセプトに、お酒に関する情報を更新しています。

キャンペーンの関連記事

Latest - 新着記事

NOMOOO MAIL MAGAZINE

NOMOOOの最新記事情報、お酒ニュース情報
お酒イベント情報を、お届けします

ページトップヘ