ホーム > コラム > 知識・雑学 > 燻製されたビール!?飲むと癖になる「ラオホビール」の魅力を徹底解説

燻製されたビール!?飲むと癖になる「ラオホビール」の魅力を徹底解説

みなさんこんにちは。

都内にも数多く出店しているクラフトビール専門店。
お店に入ると、驚くほどたくさんのビールスタイルが並んでいますよね。

有名なものだとピルスナー、ペールエール、スタウトなどがありますが…

皆さんは「ラオホ」というスタイルをご存知でしょうか。

少しクセはあるけどハマってしまったら抜け出せない…!!
今回はそんな魅力たっぷりな「ラオホビール」の世界を覗いてみましょう!!

ラオホビールってなんだろう?


美味しそうな燻製肉…!!ビールが飲みたくなりますね(笑)

なかなか聞きなれない「ラオホビール」。そもそも“ラオホ”ってどういう意味なのでしょうか?

ラオホというのはドイツ語で「煙」という意味。
…そうなんです、ラオホビールとは「燻製ビール」のことなんです。

と言っても『燻製ビールってなんだ?』と思った方も多いはず。

もちろん、液体のビールを燻すのではなく、燻製した麦芽から下面発酵で造られるビールのスタイルです。

ドイツのバンベルクの名物ビールで、燻製の独特な風味が味わえるビールになっています。
なかなか見慣れないかもしれませんが、都内でも燻製料理専門店などで味わうことができますよ。

ラオホビールの歴史

ラオホビールの醸造は古代ローマ時代に始まりました。なんと当時から現在の醸造方法とほぼ変わらない行程でビールの醸造を行っていたんだとか!!

ビールを製造する際に使う麦芽は、今も昔もグリーンモルトというものを最初の段階で常に乾かさなければなりません
現在は工業化が進み、乾かすための機械も誕生しましたが、昔はグリーンモルトを直接火にかけ乾燥させる方法しかありませんでした。

ラオホビールは火にかけたときの煙が麦芽に浸透し、その「煙たさ」によって誕生したんです!!
意識して作り上げたわけではなく、技術的な問題でラオホビールしか造れなかったんですね。

先ほどもご紹介した通り、工業化が進むんだことによって「煙たさ」を取り除いてビールが作れるようになったため、現在ではラオホビールになかなか出会えなくなってしまいました。

そんなラオホビールですが、ドイツのシュレンケルラ醸造所では、3年以上寝かせたブナの木で麦芽を燻す製法を今でも続けており、世界中のビールファンから愛されています。

1 2

知識・雑学の関連記事

Latest - 新着記事

NOMOOO MAIL MAGAZINE

NOMOOOの最新記事情報、お酒ニュース情報
お酒イベント情報を、お届けします

ページトップヘ