ホーム > コラム > 知識・雑学 > 黒霧島や赤霧島の他に"金"があった!?レア焼酎『金霧島』の魅了に迫る

黒霧島や赤霧島の他に"金"があった!?レア焼酎『金霧島』の魅了に迫る

「金霧島」という焼酎をご存知でしょうか。

「黒霧島」「赤霧島」というお酒の名前は、耳にしたことがある人が多いと思います。

金霧島は、それら「霧島」シリーズと同じく、霧島酒造が製造しているお酒です。通販限定での販売なので、購入者以外で実際に目にしたことがある人は、あまりいないかもしれません。

金霧島は、霧島酒蔵が造るお酒の中でも、健康への気遣いと美味しさを追求した”健麗酒”シリーズにあたる商品。商品分類上は焼酎ではなく、スピリッツに該当します。

ではこのレアな金霧島とは、いったいどんなお酒なのでしょうか。

今回は金霧島の意外な正体と、その魅力についてご紹介します!

金霧島ってどんなお酒?

出典:霧島酒造 公式通販サイト

金霧島は、黒霧島に「冬虫夏草(とうちゅうかそう)」という素材を漬け込むことでできたお酒。液体の美しい黄金色は、この冬虫夏草に由来します。

「冬は虫の姿をしているが、夏になると草になる」という不思議な生態から名付けられた「冬虫夏草」。

実は虫でも草でもなく、キノコの一種です。古来より健康に役立つとして重宝されてきました。健肺や強壮効果、抗がん効果があるとも言われている素材です。

霧島酒造はこの冬虫夏草の力に注目し、冬虫夏草の権威である韓国の江原大学と共同開発を行いました。こうして金霧島が誕生することになったのです。


▲冬虫夏草イメージ画像

健康に良さそうな金霧島ですが、気になる味わいはというと、意外にもマイルドな口当たりと、「冬虫夏草」由来の深いコクが楽しめます。見た目も黄金色で美しく、なにより健康を考えた商品なので、贈り物にも喜ばれそうです。

おいしい飲み方や、飲んだ人の声はこの後でご紹介しますね♪

金霧島を造る霧島酒造って?

出典:霧島酒造株式会社公式HP

霧島酒造株式会社は、2016年5月に創業100周年を迎えた、長い歴史を持つ酒造です。

1916年に、宮崎県都城市川東で、前身の「川東江夏商店」が本格焼酎の製造を開始しました。1971年には、本格焼酎だけの単一工場としては当時日本一の規模となります。

本格芋焼酎「黒霧島」の全国発売は1999年。さらにスピリッツ「冬虫夏草酒 金霧島」が発売されたのは、2007年のこと。酒造の長い歴史があってこそ、広く親しまれる霧島シリーズの味わいがつくられているのですね。

また、霧島酒造は“最高の素材をもって、最高の味わいが生まれる”という商品哲学を掲げています。焼酎の原料には南九州の肥沃な土壌で栽培された 「黄金千貫(こがねせんがん)」という品種の芋を使用。

水は霧島山脈に降った雨が地下深くに浸透した名水、「霧島裂罅水」を使っています。

また独自の麹研究により、酵素やクエン酸を有効に生育する「製麹」の方法を築き上げるなど、まさに焼酎造りにおけるプロフェッショナルといえるでしょう。

1 2

知識・雑学の関連記事

Latest - 新着記事

NOMOOO MAIL MAGAZINE

NOMOOOの最新記事情報、お酒ニュース情報
お酒イベント情報を、お届けします

ページトップヘ