ホーム > 梅酒・果実酒・サワー > ボジョレーじゃなくて梅酒ヌーボー!?百年梅酒「春花」解禁!

ボジョレーじゃなくて梅酒ヌーボー!?百年梅酒「春花」解禁!

明利酒類より、”梅酒ヌーボー”こと百年梅酒「春花」が2017年12月1日(金)に解禁されました。明利酒造の百年梅酒は様々な梅酒大会で賞を受賞している梅酒。国内だけでなく、アジアやヨーロッパでも楽しまれています。

 

”梅酒ヌーボー”とは、6月に梅を漬け込み5ヵ月後の11月に取り出しほぼ加水せずに瓶詰めをした梅酒。そのため、アルコール度数は20度と非常に高くなっています。熟成させた梅酒よりも香りが豊かで酸味が強く、また金色に輝く色が特徴とのこと。

「百年梅酒 春花」は、上品な洋梨のような香り。
パッケージは、着物の左右の袖の柄をモチーフになっています。梅の名所水戸で造られた梅酒ヌーボーを味わってみてはいかがでしょうか。詳細はこちら

お酒の情報サイト「NOMOOO(ノモー)」は「今日の飲みたいを見つける」をコンセプトに、お酒に関する情報を更新しています。

梅酒・果実酒・サワーの関連記事

Latest - 新着記事

NOMOOO MAIL MAGAZINE

NOMOOOの最新記事情報、お酒ニュース情報
お酒イベント情報を、お届けします

ページトップヘ