ホーム > ニュース > イベント > 16蔵100種類以上の日本酒や果実酒・季節限定酒が楽しめる!「日本酒の日」は渋谷最大級の日本酒イベントに参加しよう!

16蔵100種類以上の日本酒や果実酒・季節限定酒が楽しめる!「日本酒の日」は渋谷最大級の日本酒イベントに参加しよう!

2017年9月30日(土)と10月1日(日)に、渋谷・神宮通公園にて、総勢16社の日本酒蔵元が全国から集結し100種類以上の日本酒が楽しめる、渋谷史上最大級の日本酒イベント「SHIBUYA SAKE FESTIVAL 2017」が開催されます。
 
過去4回の開催では、累計来場客数10,000名以上を動員した人気イベントで、今回の開催はお客様のご要望を受け、2日間開催します。
 
同イベントは、本イベントは渋谷区の後援を受け、飲食を通して東北復興支援する「あがいんちゃ東北2017」と同時開催するイベントです。 
 

「SHIBUYA SAKE FESTIVAL 2017」とは

「SHIBUYA SAKE FESTIVAL 2017」は、全国各地の東京ではなかなか飲むことのできない蔵元直送の日本酒を存分に堪能できる、渋谷史上最大規模の日本酒イベントです。今回は特別に梅酒・果実酒や秋の限定酒も楽しめます。
 

同イベントには、日本酒専門店「KURAND SAKE MARKET(クランドサケマーケット)」の提携先蔵元16社と、梅酒・果実酒専門店「SHUGAR MARKET(シュガーマーケット)」の提携先蔵元2社の、総勢18社の蔵元が参加。各蔵元のブースが設けられ、参加者は自由に飲み歩くことが可能です。
 
イベントの詳細ページはコチラ
チケットのお申込みはコチラ



4エリア13ブース&特別ミニイベント紹介

◆日本酒を楽しむエリア◆

「日本酒を楽しむエリア」では、16蔵元の自慢の日本酒が並ぶ「日本酒蔵元ブース」、日本酒専門店「KURAND SAKE MARKET」と提携先の蔵元が共同で企画・開発した、オリジナル日本酒が並ぶ「KURANDオリジナル日本酒ブース」、9〜11月にしか出回らない秋限定酒が並ぶ「ひやおろしブース」など、7つのブースが設置されます。
 

中には女性や日本酒初心者にも飲みやすい"スパークリング日本酒"や、通好みの"熟成古酒""貴醸酒"、更に日本酒を仕込む際に使用する"蔵元直送仕込み水"も用意されます。充実した品揃えで、日本酒初心者も日本酒通も満足ですね。

◆果実酒を楽しむエリア◆

「果実酒を楽しむエリア」には、全国各地2蔵元の飲みやすく女性にも人気の梅酒・果実酒が並ぶ「梅酒・果実酒蔵元ブース」と、梅酒・果実酒専門店「SHUGAR MARKET」が提携先の蔵元と共同で企画・開発した、SHUGARオリジナルの果実酒が楽しめる「SHUGARオリジナル果実酒ブース」の2つのブースが設置されます。
 
日本酒をベースに造った果実感溢れる果実酒や、ミルクや栗などの変わり種果実酒などバリエーション豊かで、デザートやイベント途中の気分転換にピッタリです。

◆イベントを楽しむエリア◆

「イベントを楽しむエリア」には、有名DJ陣が幅広いジャンルの音楽を流す「ラウンジブース」、"東北復興"をテーマに東北の日本酒を使ったきき酒が学べる「ワークショップ(日本酒教室)ブース」、都内の人気会員制バーのバーテンダーが作るオリジナル日本酒カクテルを楽しめる「カクテルブース」など、他の日本酒イベントではなかなか見かけない珍しいブースが設置されます。
 

日本酒の変わった楽しみ方や勉強までできるなんて一石二鳥。普通に飲むだけじゃ物足りない!という方は、ぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

◆飲食・販売エリア◆

「飲食・販売エリア」には、渋谷区で話題の飲食店が腕をふるったメニューが購入できる「飲食ブース」、参加している蔵元の一部のお酒を購入することが出来る「販売ブース」が設置されます。
 
渋谷グルメと日本酒を自由に食べ合わせたり、イベントで気に入ったお酒をその場で購入できるのは嬉しいですね。

◆特別ミニイベント◆

「特別ミニイベント」は、美味しい日本酒を飲めることに感謝し、これからも美味しい日本酒ができることを願い会場全体で乾杯する「"日本酒の日"一斉乾杯!」と、「青森ねぶた祭LOVERS(通称「ねぶラバ」)」が青森・ねぶた祭の踊りを披露するミニイベントの2つです。
 

会場全体で盛り上がれそうでワクワクしますね。「特別ミニイベント」はどちらも10/1のみの実施となりますので、チケットをご購入の際はご注意を。
 
※各エリア・ブースは、都合により事前の予告なく変更になる場合があります。予めご了承ください。※ページ内の画像は、前回の「SHIBUYA SAKE FESTIVAL」の様子、またはイメージです。
 
イベントの詳細ページはコチラ
チケットのお申込みはコチラ

同時開催イベント「あがいんちゃ東北2017」


「あがいんちゃ東北2017」は、「東北」にゆかりのある飲食や物産などを通して震災で被害を受けた東北の復興支援を行います。同イベントでは、東北の素材を使用した東北料理をキャッシュオン制でご購入することができ、好きなお酒と組み合わせて楽しむことが可能です。
 
同時開催イベント「あがいんちゃ東北2017」の詳細はコチラ
 
16蔵元100種類以上の日本酒を堪能できるだけでも嬉しいのに、梅酒・果実酒や限定酒、充実したコンテンツ盛りだくさんの「SHIBUYA SAKE FESTIVAL 2017」。開催の頃には秋の爽やかな季節になっているはず。気になる方はぜひ参加してみてはいかがでしょうか?

イベント概要

タイトル SHIBUYA SAKE FESTIVAL 2017
日時 2017年9月30日(土)11:00〜17:00
(受付開始時間 10:30、サーブ終了 16:00)
2017年10月1日 (日)11:00〜17:00
(受付開始時間 10:30、サーブ終了 16:00)
会場 渋谷区・神宮通公園(東京都渋谷区神宮前6-21)
参加費用 【9/30】1dayパスポート(1日飲み比べし放題+おちょこ付き)3,000円
【10/1】1dayパスポート(1日飲み比べし放題+おちょこ付き)3,000円
【9/30&10/1】2daysパスポート(2日間飲み比べし放題+おちょこ付き)5,000円
【当 日】1dayパスポート3,500円(1日飲み比べし放題)
参加蔵元 <9月30日>滝澤酒造(埼玉県)、松岡醸造(埼玉県)、石井酒造(埼玉県)、梅田酒造場(広島県)、根本酒造(茨城県)、勲碧酒造(愛知県)、丸世酒造店(長野県)、長谷川酒造(新潟県)、中野BC(和歌山県 / 果実酒)
<10月1日>宝山酒造(新潟県)、玉川酒造(新潟県)、舩坂酒造店(岐阜県)、寒梅酒造(埼玉県)、土田酒造(群馬県)、千代の亀酒造(愛媛県)、旭鶴(千葉県)、田端酒造(和歌山県)、北岡本店(奈良県 / 果実酒)
参加企業 Terraplane、仙臺屋、秋田料理 伊勢や、焚火家、DAIGOMI、WAKAZE
主催 KURAND、明治通り宮下パーク商店会
共催 株式会社もてなす
協力 のんべい横丁、東京都飲食業生活衛生同業組合渋谷支部、株式会社シブヤテレビジョン、株式会社すぐる、SPINSTAR、Shibuya Cross-FM、Makuake
後援 渋谷区、一般財団法人渋谷区観光協会、NOMOOO
同時開催イベント あがいんちゃ東北2017

 
イベントの詳細ページはコチラ
チケットのお申込みはコチラ

ニュースの関連記事

Latest - 新着記事

NOMOOO MAIL MAGAZINE

NOMOOOの最新記事情報、お酒ニュース情報
お酒イベント情報を、お届けします

ページトップヘ