ホーム > コラム > 知識・雑学 > クラフトビールブームで大人気のベルギービールのオススメを紹介!

クラフトビールブームで大人気のベルギービールのオススメを紹介!

ビール人気の今、「ベルギービール」に再び注目が集まっています。大手ビール会社の手掛けているドライビールとは性格の違う、独特な味わいのビールということで、男性だけではなく女性にも大人気のジャンルとなっています。

一時期、ベルギービールが注目されましたが、昨今のクラフトビール人気によってさらに注目を集めるようになったこのビール。今回、おすすめのベルギービールをご紹介したいと思います。

ベルギービールの魅力とは?

ベルギービールをご紹介する前に、まず「ベルギービール」とは何なのか、ということを知っておく必要があります。ベルギービールは、ベルギー王国にある醸造所で製造されたビールの総称です。

日本にも数多くのビールは存在していますが、実はベルギービールは700種類を超えるビールが製造されており、ドイツと並ぶビール大国として知られています。また、「上面発酵」「自然発酵」といった、日本国内ではまだまだ少ない醸造方法によって造られるビールが大半を占めており、個性が際立ったビールが多いのも特徴です。

美しい黄金色…というイメージのビールだけではなく、黒から赤、茶色、白といった多種多様なビールが用意されているのも、ベルギービールの魅力といえるでしょう。



シメイ・ブルー

では、早速ここからは一度は飲んでもらいたい、おすすめのベルギービールをご紹介していきます。まず、ベルギービールの定番中の定番といわれている、『シメイ・ブルー 』です。

日本の酒販店でも良く見かけるシメイですが、まだ試されていない方は多いかもしれません。『シメイ・ブルー 』は、非常に濃い黒色をしており、見た目通りカラメルのような味わいが楽しめます。

とはいえ、柑橘系の香りが強いため、味わいがだらしなくならず、洗練された飲み心地を楽しむことができます。実は、シメイは3種類あるのですが、『シメイ・ブルー 』のみヴィンテージが記載されています。ワインと同様、その年の味わいを楽しむことができるのが、魅力のひとつなのです。

シメイ ブルー 330mlの購入はこちら

ロシュフォール10

『ロシュフォール10』は、「トラピストタイプ」というベルギービールならではの、独特な製法で造られているビールです。サン=レミ修道院という場所で醸造されている、とても貴重な種類のビールです。

とにかく、甘みが強く、濃厚でボリューミーというのが、ロシュフォール10』のポイント。いちじくや干しぶどう、ハチミツといった、“甘み”を連想させる香りを呈するビールとなっており、敢えてドライビールに慣れた方に挑戦してほしいベルギービールとなっています。

食中酒というよりは、食後酒として飲まれることをおすすめしたい、個性溢れる1本となっています。

ロシュフォール 10 ROCHEFORT 10 330mlの購入はこちら

デリリュウム・トレメンス

華やかな気分になれる、そんなベルギービールをお探しの方には、『デリリュウム・トレメンス』をおすすめします。色合いはやや濃いめの黄金色、さらに香りが酵母由来のリンゴやバナナ、オレンジといった爽やかかつ、フルーティーな味わいの仕上がりです。

また、熟成過程で生じるクローブなどのスパイシーな味わいも、他のビールでは味わえない魅力のひとつです。洗練された呈味を持ちながらも、アルコール度数が8.5%あるために、後口はそれ由来のボリューム感を感じることもできます。

実はこのビール、オランダ語で「アルコール中毒による震え」という意味合いをもっており、良い意味で曰く付きのビールです。ついつい、飲み過ぎてしまう美味しさを持っているベルギービール、『デリリュウム・トレメンス』。ぜひ、お試しになってみてはいかがでしょうか。

デリリュウム・トレメンス 330ml 8.5%の購入はこちら

お酒の情報サイト「NOMOOO(ノモー)」は「今日の飲みたいを見つける」をコンセプトに、お酒に関する情報を更新しています。

知識・雑学の関連記事

Latest - 新着記事

NOMOOO MAIL MAGAZINE

NOMOOOの最新記事情報、お酒ニュース情報
お酒イベント情報を、お届けします

ページトップヘ