ホーム > コラム > 知識・雑学 > ウイスキーのダブルって何?バーで自慢できるウイスキーの豆知識

ウイスキーのダブルって何?バーで自慢できるウイスキーの豆知識

バーに行くのって、何だかドキドキしませんか?ずらっと並んだお酒のボトルとカクテルのリストに、ウキウキしつつも少し肩に力が入ってしまいます。
 
そんな時、隣のお客さんが「ウイスキーをダブルで。」とバーテンダーと話していたら、ちょっと焦りますよね。バーで楽しい時間を過ごしたいなら、バーについて知る必要があります。今回は、ウイスキーのシングルとダブルについて解説します。

シングルって何?ダブルって?

barman pouring whiskey in the glass on table with reflection, warm tint atmosphere


シングルやダブルって、何のことでしょうか。
 
端的に言えば、ウイスキーの量です。液体の体積に使われる単位「オンス」と関係があります。1オンス=30mlで、シングルは30mlのお酒という意味になります。
 
そもそもなぜ「シングル」「ダブル」という言い方になったのでしょうか。それは、お酒の容量を指を使って簡易的に計量することに由来します。グラスに指をあて、1本の指(ワンフィンガー=シングル)の太さ分のお酒を注ぐと、だいたい30mlになります。指2本分では倍の60mlになるので、ダブルと言われています。

シングルの量は国によって違う?

日本やアメリカでは、おおかたシングル=30mlとなっています。しかし、シングルの量は国によって違うことがあります。
 
例えば、イギリスではシングルは45mlとするのが一般的です。また、ウイスキーの本場スコットランドでは、シングルは60mlとされています。日本の倍の量を基準とするとは、さすがウイスキー発祥の国ですね。
 
日本国内とはいえ、イングランドスタイルでシングル=45mlで提供するお店もあるかもしれません。カクテルの味わいはバーテンダーのこだわりによるものなので、お酒の量は厳密に決められているものではありません。

実際にバーで頼む時はどうする?

pixta_13719443_m


バーでウイスキーを頼む時、何も言わなければシングルで出してくれます。ストレートやロックで飲む際に、たくさん味わいたい時は、ダブルで頼むことができます。その際の価格は、シングルの1.5~2倍になるようです。

カクテルには適量がある

ウイスキーをベースにしたカクテルやハイボールを頼む際に、”たくさん飲みたい”という意味でダブルと頼めないこともないですが、カクテルはお酒や割材の適量があるため、それらを知り尽くしたバーテンダーにお任せした方がいいです。
 
また、氷が入ったカクテルやウイスキーをロックで頼む際は、氷でウイスキーの味わいが薄まってしまうことがあります。よほど飲みなれていない限りは、シングルを2杯頼むことをお勧めします。
 


いかがでしたか?ウイスキーのことを知ると、もっとウイスキーを楽しむことができそうです。みなさんもお好きなバーを見つけて、ウイスキーのある暮らしをお楽しみください。

知識・雑学の関連記事

Latest - 新着記事

NOMOOO MAIL MAGAZINE

NOMOOOの最新記事情報、お酒ニュース情報
お酒イベント情報を、お届けします

ページトップヘ