ホーム > コラム > レビュー > 芋100%の全量芋焼酎「一刻者」<香り咲く炭酸割り>が、夏の定番おつまみと一緒にグビグビ飲みたくなるほど美味い!

芋100%の全量芋焼酎「一刻者」<香り咲く炭酸割り>が、夏の定番おつまみと一緒にグビグビ飲みたくなるほど美味い!

涼しげな風鈴の音色が聞こえてくる季節、そうです、いよいよ”夏”が到来しました。こんな季節は冷たくて爽やかな一杯で、ちょっと涼しくなりたいもの。

そんな方に今年の夏、提案したいのが「一刻者(いっこもん)」の炭酸割り!芋100%の本格芋焼酎を炭酸割りで飲む。これまさに至福なり。
 
華やかな香りがより一層引き立ち、味わいも爽快なこの飲み方はまさに夏にぴったり。今回は、そんな家飲みにもおすすめの「一刻者」<香り咲く炭酸割り>の作り方と美味しさの秘訣をお伝えしたいと思います。

s160616_10795

020人物紹介:横山望
宇都宮出身、ボーカル志望のモデル。イラストを描いたり、旅行へ行くのが大好き。ひとり飲みをするほどのお酒好き。焼酎は初心者で、新しい飲み方があると聞いて興味津々。

「一刻者(いっこもん)」ってどんなお酒?

「一刻者(いっこもん)」

160616_10560

一般的な芋焼酎には「さつまいも・米麹」が原料に使われています。そう、芋焼酎と言いながら、実は「米麹」が使われているのです。でも、「一刻者(いっこもん)」は「芋麹」を使用した、芋100%のお酒。「米麹」を使わないので、芋本来の華やかな香りと、すっきりとした味わいが特長です。
 
また、原料は南九州産のさつまいもを100%使用しているので、芋に由来する香りが高くなり、芋本来の華やかな香りが広がります。この一刻者の美味しさをさらに際立たせる飲み方が、炭酸割り。炭酸のシュワシュワっとした爽快感が、華やかな香りを咲かせ、甘く上品な風味とキレが堪能できるんです。

▼全量芋焼酎「一刻者」の商品詳細はこちら
http://www.ikkomon.jp

「一刻者(いっこもん)」<赤>

160616_10560

芋麹を含め原料となるさつまいもに南九州産の赤芋を100%使用した「一刻者(いっこもん)」<赤>は、良質な芋麹による赤芋由来の豊かな甘みが感じられる香りと、まろやかですっきりとした味わいが特長の本格焼酎です。

▼全量芋焼酎「一刻者」<赤>の商品詳細はこちら
http://www.ikkomon.jp



「一刻者」炭酸割りの作り方

s160616_10573

こだわりは「一刻者」1に対して、炭酸2の割合。

koutei

作り方はたったの4ステップです。

1、よく冷やしたグラスに氷をたっぷり入れます。
2、「一刻者」を注ぎ、氷と馴染むようにマドラーでしっかりステアします。
3、炭酸をグラスの縁に沿ってゆっくり注ぎます。
4、炭酸が飛ばないようにゆっくりとマドラーで一回ステアすれば出来上がり。

これで完成!簡単に、爽やかでおいしい飲み方が楽しめます。

▼「一刻者」<香り咲く炭酸割り>の作り方(動画あり)はこちら
http://www.takarashuzo.co.jp/promo/ikkomon/

さっそく飲んでみよう!

芋と芋麹だけの「一刻者」を、炭酸割りで…さて、どんな味がするのでしょうか?

ゴクゴクっとのどごしよく飲めて、パッと華やかな芋の香りが鼻に抜けます。飲み終われば、爽快感とまろやかな後味が舌に残るのが特長。「とっても飲みやすい!」と驚くほど。

160616_11148

「芋焼酎初心者なのですが、これ、飲みすぎちゃいますね」とゴクゴク。「一刻者」炭酸割りは、飲みやすさ抜群です。

「一刻者」炭酸割りと夏らしいおつまみを合わせてみよう!

この季節は、ついついさっぱりしたものや、元気の出るものが食べたくなりますよね。今回はそんな夏っぽいものを中心に、さまざまな食べ合わせを試してみました!

定番の枝豆は、塩気がマッチ!

まずは、おつまみの定番、枝豆から。

160616_11112

塩気のきいた枝豆は、汗をかく夏にはつい手が伸びるおつまみ。

160616_10789

「一刻者」炭酸割りと合わせてみると、シンプルな枝豆の味わいがいっそう引き立ちます。

160616_10805

芋本来の甘みを楽しめる「一刻者」の香りと、枝豆の甘い旨味が見事にマッチ。炭酸割りの爽快な飲みやすさもあいまって、ついついゴクゴク、もぐもぐ。お酒も枝豆も止まりません。

こちらの赤芋100%の「一刻者」<赤>も、もちろんぴったり。

s160616_10888

よりまろやかな甘さが引き立ち、塩気とのコントラストが際立ちます。

160616_10880

「枝豆って意外と味が濃いので、それがさっぱりする感じがしますね」と、思わずご機嫌に。準備しやすいおつまみなので、家飲みにぴったりです。

 

豆の味が引き立つ、冷奴でさっぱりと

お次は、冷奴。先ほどと同じく家で簡単に出しやすいおつまみです。

160616_11093

醤油をかけて、シンプルにいただきます。

160616_11157

『ばっちり冷えた冷奴に、キーンと冷えた「一刻者」の炭酸割りで暑さを吹き飛ばそう!』と、思わずこの表情。

160616_11202

ひんやりとしたもの同士の組み合わせは、相性も抜群!

160616_11144

「一刻者」<赤>に切り替えると、「一刻者」<赤>のコクがあいまって豆腐の甘さがより引き立ちます。なめらかな舌触りの冷奴は、シュワシュワ炭酸割りにも合うんですね。

 

ごはんもの、巻き寿司にもしっかりと合う!

帰り道にお惣菜の巻き寿司を買って帰れば、ひとり家飲みもちょっぴり豪華になるというもの。巻き寿司、いっちゃいましょう!

160616_11003

酢飯のさっぱり感が、すっきりとした炭酸割りにもぴったり。

160616_11020

焼酎の味がさわやかなので、後味すっきりで料理の味と混ざりにくいのが嬉しいポイント。どんな料理にでも合う、思わず確信。

160616_11082

ついつい箸が止まりません。芋のまろやかな香りが口いっぱいに、すっきりと広がっていきます。では「一刻者」<赤>はいかが?

160616_10842

『「一刻者」<赤>だと、もっと華やかな感じになりますね』と、その香りに注目。すっきりと味わう「一刻者」で決めるもよし、鼻に抜ける香りを楽しむ「一刻者」<赤>もよし。

 

夏バテ防止の王様、うなぎはいかに?

最後は、濃い味のものを食べたくなってきました。夏バテ防止といえば、そう、うなぎで決まり!

160616_11118

しっかりとタレのきいたうなぎは、こってりとした味が口の中に残ります。

160616_11249

そこに「一刻者」<赤>の炭酸割りを飲めば相性は抜群。こってりめのおつまみにぴったりの、爽やかな飲み心地。

まずは「一刻者」<赤>に合わせてみました。「より芳醇な感じがして、ふっくらとしたうなぎの風味にもよく合いますね」と、「一刻者」を飲み続ける望さん。どんな食事にも相性がいいことがわかります。

では「一刻者」のほうだと……?

s160616_11307

『クセなくさっぱり、という感じなのでタレのこってり味と相性がいいですね。うなぎなら、こっちかな?でも、「一刻者」<赤>も美味しかったしな……』と悩ましい望さんのコメント。その日の気分やお好みでチョイスできちゃいますね。

「ん〜、おいしっ!」と言いながらも、ついまた「一刻者」に手が伸びます。ゴクゴクと飲みやすい「一刻者」炭酸割りは、食事の最後までお供できる相棒でした。

s160616_11341

 

いかがでしたか?

夏にぴったりの「一刻者」炭酸割りは、夏らしいおつまみにもぴったり。シュワシュワっと爽やかに、あなたもこの夏、華やかな香りの「一刻者」だからこそできる“「一刻者」<香り咲く炭酸割り>”を愉しんでみませんか?
 
▼全量芋焼酎「一刻者」の商品詳細はこちら
http://www.ikkomon.jp
▼「一刻者」<香り咲く炭酸割り>の詳細はこちら
http://www.takarashuzo.co.jp/promo/ikkomon/
 
提供:宝酒造

レビューの関連記事

Latest - 新着記事

NOMOOO MAIL MAGAZINE

NOMOOOの最新記事情報、お酒ニュース情報
お酒イベント情報を、お届けします

ページトップヘ