TOP / ニュース / 新商品 / 能登の酒蔵・数馬酒造が能登の食材とのマリアージュ商品「竹葉の食材特化シリーズ」が新発売

能登の酒蔵・数馬酒造株式会社から、地域食材の味わいに寄り添う日本酒「竹葉の食材特化シリーズ」より「能登牛(のとうし)」・「イカ」・「牡蠣(かき)」をより一層おいしく楽しめるよう、食べ合わせた際のマリアージュにこだわり尽した日本酒3本セットが自社オンラインショップにて数量限定で販売が開始されます。

「食材特化シリーズ」は地域食材にフォーカスし、新しい挑戦心で醸した日本酒です。

そのシリーズの「竹葉の食材特化シリーズ」では、地元能登の食材である「能登牛」、「イカ」、「牡蠣」そして「ジビエ」に特化して、製造背景から食べ合わせた時のマリアージュに至るまでを考え抜いた日本酒を展開となります。

セット商品としての発売は、2020酒造年度の今シーズンが初めて。

これまでは各商品が発売後、数か月から半年で完売になるなど、シリーズとして商品が出揃うことはなかった同シリーズ商品ですが、発売後の大きな反響を受けて、製造体制を強化したことで増産が可能となり、セット商品としてお届けすることが実現できたのだそう。

地域の食材とお酒のマリアージュ、ぜひ堪能してみてはいかがでしょうか。

数馬酒造の公式ページはこちら。

竹葉 能登牛(のとうし)純米/竹葉 いか純米/Chikuha Oyster(チクハオイスター)

容量 720ml
価格 1,700円(税別)