TOP / ニュース / 新商品 / 信州・諏訪の地酒「横笛」が毎月異なるテーマで楽しめる「春の頒布会」を開始

長野県諏訪市の日本酒蔵・伊東酒造株式会社が、3月から「横笛頒布会 第三回春の頒布会2021」を開始します。

横笛頒布会は、コロナ禍で外出が難しくなってしまったお客様に、日本酒「横笛」をお家で楽しんで頂きたいと考え、2020年9月から開始した取り組み。

いつも愛飲している人はもちろん、「初めて横笛を呑む」「飲んでみたい」という人にも申込みしやすいよう、期間は3か月という短期間での実施にしているのだそう。

コースは「第三回春の頒布会 1800mlコース (18,700円送料、税込)」「第三回春の頒布会 720mlコース (12,100円送料、税込)」という1800ml・720mlの容量別の2種類。

「横笛」を好んで飲まれている方も、まだ飲んだことがないという方も、新たな味わいを楽しめるきっかけになるのではないでしょうか。

伊東酒造株式会社の公式ページはこちら。