TOP / ニュース / 新商品 / 米・水・酵母の原料が全て福井県産の日本酒「大吟醸わかさ」発売!

小浜酒造から、「大吟醸わかさ」が、2021年2月22日(月)より発売されています。

「大吟醸わかさ」は、小浜市産の酒造好適米"山田錦"を、贅沢に38%まで精米して造り上げた大吟醸酒です。

仕込み水には、蔵の前を流れる清流"南川"の伏流水を、酒の特徴を決める酵母には福井県独自開発の「FK-801C」酵母を使い醸造。長期低温発酵で1か月以上管理し、爽やかで広がりがある、まるで青りんごを思わせるようなフルーティな香りを実現しているそう。

口に含めばメロンのようなほどよい甘みと、米の旨味を感じるバランスの良い綺麗な酒に仕上がっているという「大吟醸わかさ」。なるべくそのままの美味しさを伝えたいこともあり、もろみ成分である澱(おり)が沈むのを待ち、澱引きをしたのち無濾過で瓶詰をしているという同商品を堪能してみるのはいかがでしょうか?

小浜酒造についてはこちら

「大吟醸わかさ」製品概要

容量 720㎖/1,800㎖
アルコール度数 17度
価格 3,300円(税込・720㎖)/6,000円(税込・1,800㎖)
販売方法 地元小売店、ネット販売など
販売店 直営オンラインショップ、ハマセ酒店小浜店など