TOP / ニュース / 新商品 / 北海道東川町伏流水仕込オリジナル限定酒がふるさと納税返礼品に登場!

北海道東川町は、2020年12月9日(水)より、ひがしかわ株主制度(=ふるさと納税)にて、「三千櫻酒造」による町初の地酒となる日本酒の予約受付をスタートしています。

今年11月に、創業143年の歴史を持つ岐阜県中津川市の「三千櫻酒造」が移転し、全国でも珍しい公設民営の酒蔵がスタートしている北海道東川町。同町は今回、東川町内生産の2種類の酒米「彗星(すいせい)」と「きたしずく」を使った、東川町伏流水仕込オリジナル限定酒を、ふるさと納税返礼品として展開しています。

東川町は、北海道最高峰の旭岳から湧き出る地下水を生活水として暮らす、全国でも珍しい「上水道のない町」。その豊かな水資源で育った「東川米」は、2019年のゆめぴりかコンテストにて最高金賞を受賞するなど、米の産地としても全国的に有名なんだそう。

そんな「水」と「米」を誇る東川町と、創業137年の老舗酒造「三千櫻酒造」ならではの地酒を味わってみるのはいかがでしょうか?

ひがしかわ株主制度についてはこちら

投資(寄附)内容 【数量限定予約】東川町伏流水仕込オリジナル限定酒

投資額 10,000円
数量 2,000セット限定
内容 500ml×2本セット
・東川産酒米「彗星」(55%磨き)使用:純米吟醸酒500ml×1本
・東川産酒米「きたしずく」(55%磨き)使用:純米吟醸酒500ml×1本
備考 受付期間は12月31日(木)まで
発送 1月下旬頃予定
※酒造の状況によっては2月中の発送となる可能性もあり。
ラベルデザイン 原耕一(アートディレクター、デザイナー)
製造者 三千櫻酒造株式会社
販売者 株式会社東川振興公社
申し込みURL https://higashikawa-town.jp/kabunushi/made/detail/123