TOP / ニュース / 新商品 / 京都・与謝野町産ホップ使用のビール「かけはしブルーイング」の商品が正式リリース!

ローカルフラッグから、「かけはしブルーイング」が正式リリースされています。

「かけはしブルーイング」は、京都・与謝野町産ホップを使用したというクラフトビールブランド。ローカルフラッグは、その第1弾となる商品「asobi」を、2020年10月6日(火)18時より、クラウドファンディングサイト「makuake」でリリースしています。

同商品は既に、販売開始から24時間で約1,500本を完売。「makuake」での先行販売は、2020年10月30日(金)まで継続するとのことです(先行販売の在庫が全て完売した場合は、その段階でmakuakeでの先行販売は終了)。

シンプルだからこそ、高品質なホップの香りが引き立っているという「asobi」。一つ一つ手摘みで収穫した与謝野ホップの良さが詰まっているという同商品を、味わってみるのはいかがでしょうか?

ローカルフラッグ公式ページはこちら

「かけはしブルーイング」概要

第1弾商品名 「asobi」
リンク 「makuake」:https://www.makuake.com/project/kakehashi_brew/