TOP / ニュース / 新商品 / 最も若く最も印象的!?「オクトモア 10.4ヴァージンオーク」発売

Rémy Cointreau Japan(レミー コアントロー ジャパン)から、「オクトモア 10.4ヴァージンオーク」が、2020年3月2日(月)より、数量限定で発売・出荷になります。

"世界で最もヘビリー・ピーテッドなフェノール値のシングルモルト"だという「オクトモア」から、同ブランドの新たな世界観を表現した「オクトモア 10.4ヴァージンオーク」が発売になります。

同商品は、2015年に収穫したスコットランド産大麦を2016年に蒸留し、リムーザンオークの新樽(ヴァージンオーク樽)で3年間熟成させた一品。オクトモア史上最も若いリリースながら、力強い原酒と新樽の調和がなされた、複雑で繊細な味わいを楽しめるのだそう。

熟成年数の長さだけで、良し悪しが判断されてしまうこともあるであろうウイスキー。そんな、一種の伝統とも呼べる概念に挑戦している同商品は、"今までで最も若いが、おそらく最も印象的"な仕上がりになっているという自慢の味わいを楽しんでみては?詳しくはこちら

商品概要

商品名 オクトモア 10.4ヴァージンオーク
アルコール度数 63.5度
容量 700ml
希望小売価格(本体) 20,000円