ホーム > コラム > レビュー > 安くて旨い最強ワインはどれだ!コンビニ・スーパーの激安ワイン11本をガチで飲み比べてみた
2019.11.22
ワイン

安くて旨い最強ワインはどれだ!コンビニ・スーパーの激安ワイン11本をガチで飲み比べてみた

ボンジュール!!

nomoooの今月の特集は「ワイン」!

最近は、コンビニ、スーパーで激安ワインが置いてあって、以前より気軽にワインを飲むシーンが増えた気がします……。

でも、せっかく飲むなら、安くて美味しいワインが飲みたい。
だって、変なワイン飲んだら体調おかしくなっちゃうし、結構悲惨じゃないですか。

 

というわけで、以前好評だったレモンサワー飲み比べの手法、再び。

わからないんだったら、飲んでみる!!

 

今回は、130円〜700円で販売されている激安ワインを飲み比べてやりましょう!

 

お酒好きの編集部員集まる。

今回集まったのは、お酒大好きな編集部の4人。
ワイン素人だからこそ言える、リアルな意見を交わします。

左から、
ほしちゃん・・・日本酒とラーメンには詳しいけど、ワインには自信なし。激安ワインのクオリティに期待。
まりん・・・甘めのお酒が好き。ワインもフルーティな方がいいな〜。
山下・・・カルディのワインを散々リピートしてきた俺に死角はない。
ふくい・・・安い白ワイン、キンキンに冷やして飲む女。ジャンクな酒もどんとこい。

nomooo的、激安ワイングランプリのルール説明

1.  購入したワインは、コンビニ3社( ローソン・セブンイレブン・ファミリーマート)、SEIYU、カルディ、ダイソーをピックアップ。

2. 基本、店舗限定商品

3. 赤ワインと白ワインで飲み比べ

4. 評価は4人の主観的意見を寄せ集めたものです

5. 他にも色んなところから激安ワインが発売されていますが、たくさん飲むと死人が出るので、ご了承ください!!!!

評価のポイントは、「飲みやすさ」「コスパ」「フルーティさ」「甘さ」の4項目
各項目を5点満点でレビューし、各項目のトップワインを発表します。

そのあと、それぞれ独断で最も好みの1本「MVW(Most valuable Wine)」を選んでいきたいと思います!

気になる激安ワインのラインナップは?

<赤ワイン部門>

ふくよかな果実香る赤ワイン やや甘口(720ml・税込398円)/SEIYU:日本語ではっきりと味わいの表記がある本製品。その味わいは……?

レッドウッド・ヴィンヤード(720ml・税込698円)/カルディ:
某ワイン雑誌でも高評価を得ている大本命。

ゴルゴルエステート(レッド)(720ml・税込330円)/ダイソー:
さすがというべきか、驚きの330円。コスパ最強を狙う。

カーサ・スベルカソー カベルネ・ソービニヨン(720ml・税込586円)/ローソン:
ローソン限定のワイン。ローソンでは一番売れているワイン!という触れ込みもあるが、果たして。

クルール ド シュッド カべルネ・ソーヴィニヨン(375ml・税込504円)/ファミマ:
ハーフボトルで、この中ではやや高めなイメージだが、クオリティで挽回なるか。

カップワイン(赤)(180ml・税込198円)/セブンイレブン:
飲みきりサイズが嬉しいコップ酒タイプ。100mlの単価を考えるとやや割高か?

ほしちゃん

ダイソーのワインは、初めてです!この量でこの値段だと、料理用、カクテル用?って感じがしますが、どうなんでしょう?

山下

好みが分かれるところだけど、この値段でどっしり重いワインがあるのかが気になるなぁ。

<白ワイン部門>

レッドウッド・シャルドネ(720ml・税込698円)/カルディ:
赤ワイン同様、大本命!

ゴルゴルエステート(ホワイト)(720ml・税込330円)/ダイソー:
同じく、驚きの330円。エチケットには白桃を思わせる香りとあるが……。

カーサ・スベルカソー シャルドネ(720ml・税込586円)/ローソン:
今回のワインの中では、値段、量ともに平均点。これが吉と出るか凶と出るか。

クルール ド シュッド シャルドネ(375ml・税込504円)/ファミマ:
ネット上でファミマのワインはコスパがいい!という評価もあるが。

カップワイン(白)(180ml・税込198円)/セブンイレブン:赤ワイン、白ワインともに、ここにスパイスを入れてレンチンしたいとの声もあった。(レンチン不可っぽい)

ふくい

白ワインの場合、安い=うすいというイメージがあります。ガブガブいけていいんだけどさ!

まりん

う〜ん、嫌な酸味が出ているパターンもありますよね。きちんと旨みやフルーティさのある白ワインがあったらいいな〜。

うだうだ言っていてもはじまらないので、乾杯の号令とともに試飲会がスタート。

とにかく飲む。

お水を飲みながら、とにかく飲むべし。

飲むべし!
(そして、メモ)

 

ほしちゃん

結構、はっきり違いがわかりますね。もっと、ワケがわからなくなるかと思ってました。

山下

ものによっては、匂いを嗅いだり、口に含んだりする瞬間に「あ、これはイケる!」って確信するレベル。

まりん

どれも、値段を考えると優秀じゃないですか??

ふくい

宅飲みするときとか、値段を伏せて持っていってもバレなさそう。

そうして、2時間後。ついに結果が出た!!!!

 

<総評>

ふくい

集計してわかったのは、みんなワインに詳しくないと言いつつ、高評価のワインが一緒だったこと。

山下

フルーティさ、甘さあたりは、割と個人差ありそうだけど?

ふくい

これが結構同じだったんですよ。
味わいの違いというよりも、クオリティ的にきちんと香りが立っているか、深みがあるかに直結していた感じです。

まずは赤ワイン、白ワインそれぞれで、「飲みやすさ」「コスパ」「フルーティさ」「甘さ」のジャンル別にグランプリを発表していきます!!

この記事をシェアしてね

この記事を書いた人 Writer

nomooo

nomooo

お酒のエンタメ情報サイト「nomooo(ノモー)」公式アカウント。

関連キーワード

この記事を読んだ方にオススメ Recommendation