ホーム > ニュース > 新商品 > 音で醸した限定ラベルの日本酒「水鳥記 -紅月-」先行受付開始!
2019.9.17
新商品

音で醸した限定ラベルの日本酒「水鳥記 -紅月-」先行受付開始!

「水鳥記 -紅月-」の先行受付が、2019年9月12日(木)より開始されています。

ワイングラスに合う日本酒アワード最高金賞(2015)を受賞した、水鳥記シリーズの最新作だという「水鳥記 -紅月-」の先行受付が開始されています。

同商品は、綺麗でジューシーな仕上がりが期待できる愛山に、香味が良く、きめの細かいまろやかさを持った、いわゆるコクのある酒米の王様、山田錦をブレンドして作ったという日本酒。

2つの異なる特徴を持つ酒米で作られた日本酒をブレンドすることで、より香りが芳醇で、口に含むとまろやかな舌触りとコクがあり、ジューシーな味わいを楽しめる仕上がりになっているのだそう。

また同商品は、コラボアーティストである"中村月子"氏の楽曲を聴かせて作ったという、音で醸した日本酒でもあります。

更にデザインにもこだわられており、ラベルは新進気鋭の日本画家"丁子紅子"氏が描いたオリジナル限定ラベル。

様々なこだわりが施された、特別な日本酒を楽しんでみるのはいかがでしょうか?詳しくはこちら

商品概要

名称 水鳥記 -紅月-
容量 720ml
価格 2,500円(税抜)
購入方法 11/15(金)〜 クラウドファンド申込者(先行受付分)の商品発送
※ 09/12(木)〜 クラウドファンド(Makuake)による先行受付スタート
11/23(土)〜 東京・下北沢におけるイベントにて限定発売(3日間限定)
12/01(日)〜 弊社直売所(宮城県気仙沼市)における限定発売※クラウドファンドで売切の場合、直売所での販売が行われない可能性あり
参考URL 角星ホームページ(http://kakuboshi.co.jp/
クラウドファンドページ(https://www.makuake.com/project/kakuboshi/
この記事をシェアしてね

この記事を書いた人 Writer

nomoooニュース

nomoooニュース

nomoooで最新のお酒ニュース情報をお届けします。

関連キーワード

この記事を読んだ方にオススメ Recommendation