ホーム > 飲みに行く > 訪問 > 「梅干しサワー専門店」が教える!“本当に美味しい”梅干しサワーの作り方
2019.6.12
インタビュー

「梅干しサワー専門店」が教える!“本当に美味しい”梅干しサワーの作り方

超ど直球の店名「梅干しサワー専門店」

人生で1番うまかった「梅干しサワー」って、覚えてますか?

私はなかった。

レモンサワーにフルーツサワー、緑茶割りなど、サワーの専門店が増えている今日この頃。下北沢に、おそらく日本初!のサワー専門店がオープンしました。

その名も「梅干しサワー専門店」!!!

店内は梅干しをイメージした赤色で、カウンターは畳。棚には梅干しがぎっしり詰まった壺が並びます。立ち飲みのキャッシュオンスタイルで、待ち合わせや仕事帰りにふらっと立ち寄るのにぴったりの雰囲気。

4種類の梅干しと3種類の焼酎の組み合わせ、全12種類の梅干しサワーがあり、他のメニューは梅酒やソフトドリンクが数種類のみ。

フードメニューは現状、一切なし!
※2019年6月現在。ただいま企画中とのこと!

……おわかりいただけただろうか。

店名通り、梅干しサワー一筋!とことん「梅干しサワー」と向き合うシステムなんです。

驚きながらも、最高の梅干しサワーを出会うべく、脳内でメニューとの戦いが繰り広げられます。

「梅干しサワー専門店」オーナーが2人に聞くベストオブ「梅干しサワー」


▲左から代表の川原 宙さん、共同代表の藤井拓郎さん

素人が考えていてもラチがあかないので、お店の代表お2人に聞いてみました。

ふくい

お2人が思う、梅干し全4種類分の”ベストオブ梅干しサワー”を教えて欲しいです。

代表 藤井さん

それなら、しょっぱい梅干しから飲み比べていきましょう!「白干」、「千紅梅」、「梅娘」、「じゅんちゃん」の順でお出しします。焼酎は僕らのおすすめを選びますね。

白干×金宮焼酎=研ぎ澄まされた王道

代表 川原さん

「白干」は塩のみで漬けた梅干し。癖の少ない甲類の焼酎「金宮焼酎」をベースに、スッキリした味わいの超王道の味です。

梅干しとサワーが別でサーブされます。お店で勧めている飲み方は、従うのもよし、従わぬもよし。

先に梅干しだけ入れて潰し、梅干しエキスを少しずつ加えて楽しむのも乙なものです。

梅干しが浸っているのは、美味しさを増幅させる自家製エキス。キラリと光って美しい。。

代表 藤井さん

梅を潰す作業も、梅干しサワーを飲む楽しみの一つ。

コアなファンはだいたいこの時点でわかりますね。ニヤニヤして目が輝き出します。

ふくい

のっけからなんですが、「白干し」1番好きかもしれません。スッキリしていて一生飲んでいられる。

雑味がないですね。飲兵衛仕様というか。

代表 藤井さん

洗練されてますよね。梅干しの潰れ方や炭酸の抜け具合で、全然味が違うので最初から最後までゆっくり味わってください。

千紅梅×芋焼酎=旨味とコクの個性派

代表 川原さん

「千紅梅」はシソの葉と鰹節で漬け込んだマイルドな梅干し。鰹だしの旨味にあわせて、コクのある「芋焼酎」を選びました。

これは、最初からエキスも全入れするのがオススメです。ピンクが可愛いらしいでしょ…!

ふくい

カツオの旨味がすごい!そして、シソの葉が、ちょっとつまみっぽいですね。芋の香りと甘みがふんわりやってきて癒されます。

さっきの白干とは真逆をいく個性派ですね。

代表 藤井さん

たまに「梅干しサワーは飲み物じゃなくて、食べ物だって言う人がいるんですけど、ある意味正解なんですよね。

梅干しってちょっとつまみにもなるし、飲み終わるとなぜか満腹感があるんです。

ふくい

なるほど。これ一杯で完結された食べ物というわけか……。盲点でした。

梅娘×麦焼酎=万人に愛されるバランスタイプ

代表 藤井さん

次の梅干しは可愛い「梅娘」。少しだけ蜂蜜が入っていて、甘みと塩味のバランスが絶妙。ほどよく昆布だしがきいていて風味いいんです。

これに「麦焼酎」を合わせると後戻りができなくなります。

ふくい

あ、前の2杯とは後味がちょっと違います!後から追いかけてくる麦焼酎の香りもいいですねぇ。

余韻を楽しむ組み合わせだ。

じゅんちゃん×芋焼酎=フルーティな女子ウケのカクテル

代表 藤井さん

「じゅんちゃん」は、はちみつが入っていて、苦手な人にでも食べやすいよう考案された梅干しです。「芋焼酎」をベースに選んで、甘みを重ねました。

ふくい

すごくフルーティですね!!梅干し特有の頬にくる酸っぱさが少なくて、肉厚。

私の知っている梅干しサワーとは別物です。まるでカクテルみたい

この記事をシェアしてね

この記事を書いた人 Writer

ふくい

ふくい

兵庫県出身。コの字酒場大好き、老舗の塩対応にグッとくるライター。 下町に暮らし、商店街で酒を飲む毎日。たまにイベントで居酒屋をやります。

関連キーワード

この記事を読んだ方にオススメ Recommendation