ホーム > 飲みに行く > 訪問 > 【レモンザムライのレモンサワー放浪記】レモンサワーと日本酒が魅力!高円寺「酒場ニホレモ」に行ってきた
2019.4.26
飲みに行く

【レモンザムライのレモンサワー放浪記】レモンサワーと日本酒が魅力!高円寺「酒場ニホレモ」に行ってきた

どうも、レモンザムライ鈴木(@lemon_zamurai )です。


レモンザムライ
年間1000杯以上レモンサワーを飲む。マツコの知らない世界『レモンサワーの世界』出演。尾道せとだレモン大使。月に不定期でレモンサワースタンドを運営。東京レモンサワー部 部長。

私が美味しいと胸を張って言える、レモンサワーの名店を紹介する当コラム。

今回は、高円寺にある「酒場ニホレモ」さんをご紹介したいと思います。

駅から徒歩5分、外観も素敵なレモンサワーの名店「酒場ニホレモ」

高円寺北口から徒歩5分程の場所に店を構える「酒場ニホレモ」。飲食店が密集したエリアからは少し離れた場所にあり、周囲は落ち着いた雰囲気。

僕はあまり高円寺に来ないので土地勘がありませんが、青春時代に聞いていた「Going Steady」とゆうバンドの歌詞に高円寺“純情商店街”が出てくるので、今でも高円寺に行くと「おーー!!」と胸が熱くなります。笑

こちらが今回ご紹介する「酒場ニホレモ」。

外装からして素敵な雰囲気でしょ??お店ロゴにレモンのマークもあって、期待度も高まっちゃいます!!

高円寺徒歩5分圏内ではなかなか見かけなかった、小洒落たお店。お昼も営業されているのですが、今回お邪魔したのは17時頃。まだ明るいうちからレモンサワーを飲める幸せを噛み締めながら、早速入店!!

1階はカウンターのみ。スペースも広いので座りやすく、女性一人でも気軽に来れそうな明るくていい雰囲気。

2階は路面側がガラス張りになっていて、開放感がありますね!

大人数の宴会や、仲間内の“ワイワイ系飲み会”にも使えそうです!!

7種類のバラエティー豊かなレモンサワーが!!

こちらのお店、なんと7種類ものレモンサワーが常時ラインナップしているんです!!

しかも「すりおろしタイプ」「レモンを絞るタイプ」など、メニュー名の横にそれぞれのレモンサワーのタイプが書いてあって分かりやすい。初めて来店される方や、普段レモンサワーを飲まない方でも、これなら飲んでみようって思えますよね!

こだわりの「本気(まじ)レモンサワー」

まずは、お店自慢の「本気(まじ)レモンサワー」を注文。

うん、一口飲んで分かるレモン本来の旨味と苦味。「これがレモンだー!!」って叫びたくなるような、私の好きなタイプのレモンサワーです。

レモンをまるごとブレンダーですりおろしているそうなのですが、この苦味と旨味のバランスがとっても難しいんですよ。

僕も、自宅でまるごとすりおろしのレモンサワーを作ろうと仕込んだことがあるんですよ。その時は「すりおろすだけでしょ?」と思い、意気揚々とお酒1L分の量を仕込んだのですが......。

出来上がったのは、ただただ苦いだけのレモンサワー......。ほんと飲めないレベルの代物でした。(笑)

その後、なんとか飲めるレベルにまで調整しましたが、こんなに難しいのかぁと思った懐かしいほろ苦失敗談です。

こだわりの「べっぴんレモン」とは!?

レモンは、時期によって皮の苦味や旨味に変化があります。それゆえ、味の調整がとても難しいのです!!

レモンの味が変わってくるから、同じレシピで作っても味が変化してしまうというわけです。

一般的には甘味(シロップや砂糖)を加えて調整するのですが、ニホレモさんはメイヤーレモン(オレンジと配合したレモンで糖度高め)を使用することで苦味の調整をしているというこだわり!!

素材にこだわるって素晴らしい......。

ふむふむ、べっぴんレモンを使っているのですね......。

......べっぴんレモンって何!?!?もう名前だけで美味しそう。(笑)

店主の柴崎さんにお聞きすると、べっぴんレモンとは大分県で温室栽培で丁寧に栽培されているレモンなのだそう。

こちら、店主の柴崎さん。すごく素敵な方でとても話しやすい方。

せっかくなので、お店設立のいきさつなどを聞いてみました!!

レモンザムライ

なんで日本酒とレモンサワーのお店をやろうと思ったのですか?

柴崎さん

こういった雰囲気でワインって、よくあるよなー。と思っていて。何か、日本独自のメニューがメインのお店をやりたいと思っていたんです。

レモンザムライ

へー!確かに、この雰囲気でワインだと普通にオシャレってだけですもんね!レモンサワーも日本独自の文化だし、日本酒とレモンサワーってそういった共通点があったんですね!

柴崎さん

やっぱり、好きなものをやりたいって気持ちがありました。今、日本酒は〜〜〜〜〜〜〜〜(ここから日本酒のあれこれを数十分)

レモンザムライ

(とっても個人的に勉強になってとてもありがたいが今日はレモンサワーの取材だ、、、笑)

日本酒愛のあるお話しは、本当に貴重で楽しめました。

柴崎さんの日本酒のお話しを聴きたい方は、ぜひお店で聞いてみてくださいね。笑

レモンサワーだけじゃない!美味しい料理も魅力的!!

こちらニホレモさんは料理も美味しい。

僕の中では「前菜盛り合わせはお店の実力が分かる!!」という個人的なルールみたいなものがありまして...(笑)前菜盛りがあるお店では必ず頼むんです。

ニホレモさんの前菜盛りは......言うまでもありません!!最高です!レモンサワーはもちろん、日本酒にも合う構成でとても美味しかった。

「酒場ニホレモ」では、とりあえずレモンサワーと前菜盛りを頼むのがマストですよ!!

大人レモンサワー

さてさて、「本気(まじ)レモンサワー」の他にも2杯ほど味わってきましたので、こちらもご紹介。

大人レモンサワー」は、超シンプルな米焼酎にソーダとレモンをプラスした1杯。

なんだ......この絶妙なバランス感は!?シンプルなのに計算されつくされている感じがする...。

柴崎さんによると、何種類もの米焼酎を試して行き着いたのがこちらの「播龍(ばんたつ)」という米焼酎なんだそう。

米焼酎のコクと炭酸レモンが合う。

まるで、日本酒にレモンを入れて飲んでいるみたいです。

白レモンサワー

白レモンサワー」は、大衆居酒屋で提供されそうな1杯。

こちらには、レモンチューハイの素を使用しているのだそう。

あぁ、居酒屋のレモンサワー!!そうそう、この味だよね!」って思うのだけど、独特な甘ったるさがなくて大衆レモンサワーの割に飲みやすいんです。

こういうレモンサワーが飲みたくなる時もありますよね。大衆居酒屋系のレモンサワーが好きな方は、ぜひオーダーしてみてください!

昼飲みも楽しめる!「酒場ニホレモ」で“本気の”レモンサワーを満喫してみて!

帰る頃にはすっかり陽も落ち、あたりは暗くなっていました。夜の雰囲気もいい感じです。

レモンサワーにこだわった高円寺の「酒場ニホレモ」さん。

ほんと、僕の家の近くにあればいいな〜と思い「2店舗目は僕の自宅近辺で出店してください!!」と勝手に依頼中。笑

高円寺に立ち寄った際は、皆さんもぜひ足を運んでみてくださいね!

店舗詳細

店名 酒場ニホレモ
住所 東京都杉並区高円寺北3-20-19 マガザン高円寺
電話番号 03-5356-7662
営業時間 【月〜金曜】11:30~14:30、17:00~24:00
【土・日曜・祝日】11:30~24:00
定休日 年中無休(年末年始、不定期で店休あり)
公式HP https://niholemo.com/

 

この記事をシェアしてね

この記事を書いた人 Writer

レモンザムライ

レモンザムライ

年間1000杯以上レモンサワーを飲む。マツコの知らない世界『レモンサワーの世界』出演。尾道せとだレモン大使。月に不定期でレモンサワースタンドを運営。東京レモンサワー部 部長

関連キーワード

この記事を読んだ方にオススメ Recommendation