ホーム > 飲みに行く > 訪問 > 日本有数の酒処・岩国市の魅力を堪能!「岩国市観光物産展」で最高の日本酒ペアリング体験してきた
2019.3.1
飲みに行く

日本有数の酒処・岩国市の魅力を堪能!「岩国市観光物産展」で最高の日本酒ペアリング体験してきた

山口県・岩国市が主催するイベント「岩国市観光物産展〜山口県岩国市を体感 味わい尽くす2日間!〜」が、2019年2月16日(土)・17日(日)の2日間、浅草の「まるごとにっぽん」で開催されました。


当日はミス岩国や岩国市観光大使「はぁすちゃん」によるステージが行われたほか、3階イベントスペースにて岩国市の特産品が大集結!国際きき酒師による"岩国おつまみ×岩国の五蔵の地酒ペアリング"のブースも出展し、会場は熱気溢れるお祭りムードに包まれました。

筆者も17日(日)に会場を訪れたので、大盛況だったイベントの模様をお届けしたいと思います!

特産品から天然記念物まで!岩国の魅力が大集結

イベントがスタートしたのは午前10時。オープンすると、会場はすぐに人で溢れはじめました。確かに、岩国の物産展でここまで大々的に開かれることも珍しいですもんね。注目度の高さがうかがえます!

試食もできる!特産品の販売ブース

3階のイベントスペース全体を使った、さまざまなブースが出展していました。岩国が誇る特産品の販売ブースには、常に人だかりが!皆さん、試食してお好みの商品を購入していました。

あの有名銘柄も岩国のお酒!地酒の試飲ブースは大盛り上がり

NOMOOOの読者さんが最も気になるであろう、お酒の試飲ブースももちろんありました!

岩国は古くから日本有数の酒処として知られていて、日本酒ファンに馴染みの深い酒蔵さんも多数あるんです。日本酒ブームの火付け役とも言われている、獺祭を醸造している旭酒造さんも岩国市の酒蔵なんですよ!

試飲スペースは、列が途切れないほどの大盛況ぶり。やっぱり、皆さん日本酒好きなんですね!お昼から美味しい日本酒が飲めるなんて......とっても贅沢。

岩国が世界に誇る“あの風景”をVRで体験!?

販売ブースの他、なんとVRの無料体験コーナーもありました!!

VRの映像では、岩国が世界に誇る観光名所・日本三名橋である「錦帯橋」の美しい風景が!春は桜、秋は紅葉と季節によってその装いを変える「錦帯橋」の美しい風景を眺めようと、国内はもとより海外からも多くの観光客が訪れるのだそう。

現地に行かずして、この素敵な風景を堪能できるとは......。VR技術恐るべし!!

人だかりを覗いてみると.....

なにやら人だかりができているブースを発見したので、覗いてみると…

なんと、蜂の巣がありました!生きた蜂が動いている…!

しかし、もっと驚いたのがコレ!!

本物の白蛇です!!

「岩国の白蛇」は国の天然記念物に指定されており、昔から開運・金運のご利益があるといわれているのだそう。

まるで神話の世界から飛び出してきたかのような美しい姿に、思わず釘付けになってしまいました。

国際きき酒師による“おつまみ×日本酒”のペアリング体験ブース

イベントスペースには、国際きき酒師のクリストファー・ヒューズ(クリス)さんによるペアリング体験ブースも出展。長〜い列を作っていました。

ペアリングに使うのは、岩国市の酒蔵が醸す5つの地酒と、6つの特産品おつまみ。

○地酒
・雁木 純米吟醸みずのわ
・五橋 純米生酛
・金雀 純米吟醸
・獺祭 純米大吟醸磨き50
・金冠黒松 上撰

○特産品を使ったおつまみ
・かしら(酒粕にんにく味噌/白法山)
・刺身こんにゃくスライス(石坂こんにゃく)
・きくちゃんのわさび(わさびしょうゆ漬け/錦清流グループ)
・岩国れんこんチップス(パンサー)
・がんね栗衛門(岸根ぐりの栗きんとん/がんね栗の里)
・福神漬(岩国れんこん入り/うまもん)

日本酒が醸された土地の「特産品」「地の物」と呼ばれる食材は、素敵なペアリングを生むことが多いんです」とクリスさんが熱心に語ってくれました。

 

午後からはブースで試飲もできるようになったので、早速いただいてみることに。どんな味が好みかをクリスさんに伝えて、自分に合ったお酒を教えてもらいます。

うん、とっても美味しい!地酒の美味しさに加えて、特産品のおつまみと合わせることでより一層深みのある味わいを引き出してくれました。クリスさんの言う通り、まさに素敵なペアリング。予想以上に最高で、ちょっとビックリしてしまいました。

来場していたみなさんも、クリスさんのアドバイスに興味津々で、ペアリングを楽しんでいる様子でしたよ。

ちなみにブースでクリスさんがオススメしていたペアリングは、下記のとおりです。

・福神漬×五橋 純米生酛
・がんね栗衛門(栗きんとん)×雁木 純米吟醸みずのわ
・刺身こんにゃくスライス×金雀 純米吟醸
・岩国れんこんチップス×金冠黒松 上撰
・かしら(にんにく味噌)×獺祭 純米大吟醸磨き50
・きくちゃんのわさび×雁木 純米吟醸みずのわ or 獺祭 純米大吟醸磨き50

※クリスさんが、日本酒とおつまみのペアリングについて詳しく解説している記事はこちら。岩国の五蔵の地酒と特産品のおつまみを使ってペアリングについて詳しく教えてくれていますよ!

いつもはあまり意識しないペアリングですが、こうやって詳しく解説していただくことで、より一層日本酒の面白さが広がる感じがしました。

クリスさんは、「その酒蔵さんがどんな思いを持って日本酒を作っているのか」など、それぞれの日本酒に対するストーリーもアツく語ってくれたので、話を聞いているうちになんだか岩国の酒蔵さんのファンになっちゃいました。

魅力がいっぱいの岩国市!日本酒好きならハマること間違いなし!

岩国市には、お酒も食べ物も、美味しいものがいっぱい!VRで体験した「錦帯橋」も、実際に足を運んだらもっと感動するんだろうな〜。

今回のイベントで、岩国市に魅了されたのはきっと私だけじゃないはず!海外旅行もいいけど、日本各地にはまだまだ素敵な観光地がたくさんあることに気づかされました。

居酒屋さんで岩国の日本酒を見つけたら、注文してみようと思います!

岩国市の特産品情報は、こちらからもチェックできます▼
「ちかくに いいもの いわくにmade」公式FB

「魅力ある特産品を岩国ブランドに」(岩国市公式サイト内)

この記事をシェアしてね

この記事を書いた人 Writer

オルカ

オルカ

小笠原諸島・父島出身の島っ子ライター。国内旅行の際は地酒を飲むのが楽しみの一つ。ちなみに小笠原の地酒はラム酒で、最近は海底熟成もされています。

関連キーワード