ホーム > コラム > レビュー > 【レビュー】アルコール度数驚異の12%!ストロングチューハイ研究家が『サッポロ マグナム レモン』をガチレビュー
2019.2.26
レビュー

【レビュー】アルコール度数驚異の12%!ストロングチューハイ研究家が『サッポロ マグナム レモン』をガチレビュー

こんばんは。ストロングおじさん(@strong_ojisan)です。

今回は、2019年2月26日(火)に期間限定で発売された『サッポロ マグナム』を飲んで真剣レビューしていきます

超ストロングチューハイの歴史

サッポロ マグナム』について目を引く特徴は、何と言ってもその中央に大きく描かれている「アルコール12%」の文字でしょう。一般的なストロングチューハイはアルコール度数8〜9%が主流ですから、これに比べるとかなり高い度数で、超ストロングチューハイと言っても過言ではありません。

しかし、実は度数12%の缶チューハイは過去に何度か発売されており、この製品が初めてではありません。

ここで少し、超ストロングチューハイの歴史を振り返ってみましょう。

大手メーカーから最初に度数12%として発売されたのは、2010年のサントリーの『-196℃ ストロングゼロ<スーパーショット>』(表中①)です。さすがストロングゼロ。現在、ストロングチューハイのトップシェアですが、超ストロングチューハイについても先駆けでした。

これに続いて、2014年にはサンガリアから『スーパーストロングチューハイ』(表中②)が発売されました。

しかしながら、これらの製品はほどなくして販売終了。しばらくの間、超ストロングチューハイは市場から姿を消していたのでした。

昨年から、再び動きだした超ストロングチューハイ

ところが、昨今ストロングブームが高まってきたことを受け、2018年7月に久しぶりに超ストロングチューハイがリリースされました。それがサンガリアの『スーパーストロング12』(表中③)で、昨年はネット界隈でもかなりの話題にもなりました。

このように、昨年から再び動き出した超ストロングチューハイというジャンル。そして、2019年に満を持して登場したのが、今回紹介する『サッポロ マグナム』です。

技術力には定評があるサッポロビールが、度数12%の超ストロングチューハイをどのように料理するのでしょうか?

商品概要

商品名 サッポロ マグナム
容量 350ml
容器
希望小売価格 160円(税抜き)
アルコール度数 12%

さて、こちらが『サッポロ マグナム』。

レモン・グレープフルーツの同時発売で、どちらも青をベースにした力強い印象のパッケージです。今回は、レモンのほうを飲んでみたいと思います!

成分情報を見ますと、水あめ、ローストシロップと、あまり缶チューハイでは見慣れない成分を使用していますが、どのように甘さが表現されているのでしょうか?また、レモンフレーバーでありながら、無果汁という点も気になります。

なお、高アルコールだけあり、カロリーは一般的なストロングチューハイより高めの100ml当たり80kcal。カロリーを気にされる方は、ご注意ください。

さぁ、それでは実際に飲んでみましょう!

『サッポロ マグナム レモン』を飲んでみた

グラスに注いだ感じは、ほぼ透明ですが、味はどんな感じでしょうか?

ドキドキしながら口に運ぶと、なるほど、さすがは度数12%。しっかりとしたアルコール感と飲みごたえがあります。

飲んだ後、おなかの中に熱いものを感じるほどです。

一方で、苦味のあるキリッとしたレモンの風味を感じ、この香りのおかげでアルコール臭さのようなものはあまり感じません。果汁のジューシーさとは違うのですが、レモンのような香りは確かにして、これはこれでキレがあって良いかと思います。

また、強炭酸を謳うだけあり、確かにピリピリとした炭酸感があります。このハードな炭酸感は、苦味のある香りととても相性が良いです。

甘さはそれなりにはあります。人によっては、結構甘いと感じるかもしれませんが、個人的にはアルコールのクセを和らげる程度のちょうどよい甘さだと思います。

人工甘味料系ではなく、色々な成分を組み合わせた自然な甘さという点も、グッドです。

ストロングチューハイ研究家としては、缶のまま飲むことを推奨!

『サッポロ マグナム レモン』を飲んでみて感じたのは、この製品の魅力は「しっかりとしたアルコール感と強炭酸」ということです。のどに焼き付くほどのハードなアルコール感と炭酸をストレートに味わうためには、缶のまま飲むことをおススメします。

かつ、温度が上がると香りのキレが損なわれるので、キンキンに冷やして飲んだほうが良いでしょう。

ベースがしっかりしているので、氷を入れてもそこまで風味は薄くはなりませんが、やはり缶のままがこの製品の個性を一番感じられますね。

ストロングチューハイ研究家として、信念をもってこの飲み方を推奨します。

まとめ

アルコール感ももちろんすごいですが、一方で炭酸の強さ、香り、甘さ等々、なかなか良バランスに仕上がっている製品だと思います。度数12%という扱いにくい製品を、ここまでバランスよく仕上げるなんて、さすがはサッポロビールの技術力。

これに続く、更なる超ストロングチューハイは現れるのかどうか?今後の展開に期待大です!

この記事をシェアしてね

この記事を書いた人 Writer

ストロングおじさん

ストロングおじさん

ストロング系チューハイを中心に、日々RTDの研究に勤しむ34歳既婚のおじさん。得意のパワポを駆使し、新製品のレビューから企業の製品開発・プロモーション企画の支援まで手がける、自称・RTD consultant。

関連キーワード