ホーム > コラム > 知識・雑学 > 【ソムリエコラム】最近よく見る「自然派ワイン(ヴァン・ナチュール)」ってどんなワイン?

【ソムリエコラム】最近よく見る「自然派ワイン(ヴァン・ナチュール)」ってどんなワイン?

昨今のオーガニック食品や有機野菜などの人気の上昇とともに、「自然派ワイン(ヴァン・ナチュール)」を謳うワインが増加傾向にあります。

「自然派ワイン」と聞くと、「なんだか体に優しそう」とか「添加物が入ってなさそう」といったイメージを受けるのではないでしょうか?

しかし、自然派ワインは明確な定義づけがされていません。では、どのようなワインを「自然派ワイン」と呼ぶのでしょうか?

自然派ワインとは?

一般的に「自然派ワイン」とは、できるだけ人工的な要素を排除し、自然に近い状態で造られたワインのことだと言われています。

とはいえ、明確な基準があるわけではないので、あくまでも生産者のポリシーや考え方などが「自然派ワイン」という言葉に反映されているようです。

味わいは?

自然派ワインは「ビオワイン」とも言われています。

その味わいは、「ビオ臭」と言われる自然派ワインならではの香りが感じられます。この臭いは自然派ワインを飲み慣れている人なら気にならないようですが、慣れていない人は異臭に感じ、苦手となる場合もあります。
ただ、自然派ワインの愛好者はこのビオ臭にハマる人も多いんだとか・・!



「自然派ワイン」ができるまで

ブドウの栽培方法

一般的に「自然派ワイン」の原料となるブドウは、化学肥料や除草剤などの化学薬品を使用せずに栽培されていることが多いです。
また、月などの天体の運行を基にして農作業を行う「ビオディナミ農法」が取り入れられていることもあります。

なお、EUの法律規定に従って有機栽培されたブドウを使用したワインは、「有機ワイン」を名乗ることができます。ただし、すべての自然派ワインが有機ワインであるとは限りません。

醸造方法の違い

ブドウ果汁からアルコールを生み出すためには、酵母の存在が不可欠です。
多くのワインの生産者は、このアルコール発酵のために培養された酵母を使用しますが、自然派ワインの場合、ブドウにもともと付着している天然酵母で発酵を行うことがあります。

また、一般的にワインに酸化防止剤として添加される亜硫酸塩の添加量が極力抑えられていたり、あえて濾過をせずに酒石やオリをワインの中に残し、自然に近い状態にしていたりすることもあるのです。

「自然派ワイン」を楽しむコツ

「自然派ワイン」の選び方

「自然派ワイン」という言葉に明確な定義が存在しない以上、どんなワインでも名乗ろうと思えば「自然派」を名乗れるというのが現状です。

そのため、無農薬で栽培されたブドウから造られたワインが欲しいという方は、フランス政府によるオーガニックの認証である「ABマーク」の有無を見るなど、有機ワインか否かという点を参考にする方が良いでしょう。

また、気になる自然派ワインがあったら、どのような生産者がどのように造ったかというバックグラウンドを調べてみるのも一つの手かもしれません。

「自然派ワイン」の注意点

自然派ワインの中には、酸化防止剤の使用を極力控えているようなワインもあります。このようなワインは他のワインに比べ、劣化しやすいのが特徴です。そのため、自然派ワインを保管する際は温度や湿度などには気を付けなければなりません

また、長期保管に向かないことも多いため、購入したらできるだけ早めに飲むようにしましょう。(商品によっては、熟成させた方が美味しいものももちろんあります)

まとめ

ひとくちに「自然派ワイン」といっても、様々なワインがあるのが現実。「自然派」という言葉だけにつられてワインを選ぶと、想像したものや期待したものとは違うということもあるかもしれません。

そうならないためには、なぜ「自然派」と名乗っているかということをよく調べたり、理解を深めていったりすることで、思い違いや失敗を未然に防ぐことができるのではないかと思います。

お酒の情報サイト「NOMOOO(ノモー)」は「今日の飲みたいを見つける」をコンセプトに、お酒に関する情報を更新しています。

知識・雑学の関連記事

Latest - 新着記事

NOMOOO MAIL MAGAZINE

NOMOOOの最新記事情報、お酒ニュース情報
お酒イベント情報を、お届けします

ページトップヘ