TOP / お酒を選ぶ / ウイスキー / 豊かな自然が生んだ絶品ウイスキー!「グレンモーレンジ」の魅力を徹底解説

グレンモーレンジとは、スコットランドにある北ハイランドのグレンモーレンジ蒸留所で生まれたスコッチウイスキーです。

最高品質の樽で熟成されたシングルモルトは、ウイスキーの中でかなりの人気があり多くの人に愛されています。

ウイスキー グレンモーレンジの豆知識

グレンモーレンジの歴史

1843年にスコットランドの北ハイランドで製造されたのが始まりになります。

5m以上の背が高いポットスティルでウイスキーを蒸留しているのですが、これがグレンモーレンジらしい風味を作っていると言われていて、現在でも蒸留方法は変わっていません。

最近では人気の高さから多くの投資され、生産されるグレイモーレンジは600万リットルにまで増えました。シングルモルトの売上ではベスト5の中に入るほど、地元のみならず世界でも愛されています。

グレンモーレンジの製造工程

大麦はスコットランド産の大麦麦芽のみ使用。

水は軟水ではなく、ハイランド地方からとれたミネラルたっぷりのターロギーの泉の硬水で作られています。この水こそが、グレンモーレンジの深みやゴージャスな香りを生み出しているのかもしれません。

「樽のパイオニア」と言われる最高級のオーク樽やバーボン樽などを選んで使用しています。さらに、アメリカから取り寄せた独自の樽(デザイナーカスク)を仕入れて熟成させたものもあります。

独特のウイスキーを作るための樽へのこだわりが最高級のウイスキーを生み出したのです。

グレンモーレンジの味と香り

グレンモーレンジの味の特徴

はちみつやシロップのようなほのかな甘さと、麦の香りを感じた後にフルーティーな味がやってきます。口当たりがよく飲みやすいので、初めての人にとてもやさしいシングルモルトと言えるでしょう。

グレンモーレンジのおすすめの飲み方

ロックかストレートで飲むことをおすすめします。飲みやすいので、ロックで試して飲んでみるには最適なウイスキーと言えます。

酒が弱い人はソーダ割がいいですが、グレンモーレンジらしい味わいが少し損なわれてしまいます。

女性が好みやすい味なので、一緒に飲む機会があるときに勧めてみてはいかがでしょうか。

グレンモーレンジの主な種類

次にグレンモーレンジの種類をいくつかご紹介します!

一番飲まれているオリジナルが安くて3,000円から。キンタ・ルパンとラサンタはやや高めの5,000円ぐらいから購入できます。18年ものになると1万円以上になるようです(2018年調査)。

グレンモーレンジオリジナル(10年)

昔は10年と言われていましたが、現在ではオリジナルと呼んでいます。

シロップのようなほのかな甘みと麦の香りがしたフルーティな飲みやすいシングルモルトです。

created by Rinker
Glenmorangie(グレンモーレンジィ)
¥4,080 (2020/10/30 20:40:26時点 Amazon調べ-詳細)

グレンモーレンジ キンタ・ルパン

「キンタ」はポルトガル語でブドウ園、「ルパン」がゲール語でルビーを意味しています。

かなりフルーティで熟したリンゴのような香りがします。

赤みのある金色をしているのはワイン樽を使用している影響だと言われています。

created by Rinker
Glenmorangie(グレンモーレンジィ)
¥6,340 (2020/10/30 20:40:27時点 Amazon調べ-詳細)

グレンモーレンジ ラサンタ

「シェリー・ウッド・フィニッシュ」と昔は言われていました。

シェリー樽で2年追加熟成されたラサンタは、キャラメルとシリアルな香りが特徴で心地よい味わいを感じることができます。

created by Rinker
Glenmorangie(グレンモーレンジィ)
¥6,133 (2020/10/30 20:40:27時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

スコットランドの北ハイランドで生まれた最高のウイスキー「グレンモーレンジ」は、スコッチウイスキーの中でも味わいが優しく飲みやすいことが特徴です。

シングルモルトの人気ランキングでは、常にトップ5に入っていることからも、その人気ぶりがうかがえますね。

豊かな自然が生んだ絶品ウイスキー。ウイスキー好きの方であれば、ぜひ一度味わってみてください。