ホーム > コラム > 知識・雑学 > 【酒器別】味わいの感じ方まとめ!好きな酒器でより美味しく日本酒を楽しもう!
2019.5.12
日本酒

【酒器別】味わいの感じ方まとめ!好きな酒器でより美味しく日本酒を楽しもう!

お猪口・ロックグラス・ワイングラス・ビールジョッキ...etc。世の中にはたくさんのグラスが存在しますよね!

では何故様々な形のグラスが存在するのでしょうか?その答えは簡単。同じ飲み物でもグラスによって感じ方が変わってくるからです。

ということで今回は、より美味しく日本酒を飲むべく、酒器別の味わいの感じ方をまとめてみました。

一重に日本酒と言っても様々なタイプがあるのがこのお酒の特徴です。この記事を参考に、自分の好きなタイプの日本酒をピッタリな酒器で美味しく楽しんでみてください!

酒器を選ぶ基準3つ

前述したように、酒器と言ってもその種類は様々。いきなり酒器を選べと言われてもどうすれば良いか迷ってしまいますよね。

ということでまずは、酒器を選ぶ際に重要となってくるポイントをレクチャーしますよ!

その1:酒器の容量

一番分かりやすいポイントが酒器の容量

冷たい日本酒を飲む際は、小さめのものを選んだ方が、温度変化が上がる前に呑み切ることができるのオススメです。適量を適温で飲むことが大切ですね。

その2:酒器の口径(口の広さ)

酒器の口径(口の広さ)もまた重要なポイント。

これは、口径によって器に注がれた際の表面積の広さが変わるからです。

表面積が増えると芳香成分の揮発量が上がります。簡単に言うと、香りがより強く感じられるということ!

香りタイプの日本酒が、ワイングラスで飲むことをオススメしているのはこのためなんです!

その3:酒器の形状

酒器の形状も、ポイントの1つ。

グラス飲み口が広いタイプの器はフレッシュな香りをより引き立たせ、口径よりも真ん中が広いタイプは香りを控えめにし、ダイレクトに香りを伝えてくれます。

日本酒の種類別オススメ酒器

それでは、日本酒のタイプ別にそれぞれのオススメ酒器をご紹介していきます。始めに日本酒の種類を覚える3つのポイントに目を通しておくと理解しやすいかもしれません。

薫酒(大吟醸、吟醸系)に合う酒器

香りの高い吟醸系の日本酒には口が広く上に広がったラッパ型の酒器が最適です。グラスに注がれた日本酒の香りを逃さず堪能することが出来ます。底の深いものであれば尚良しです。

爽酒(普通酒、本醸造)に合う酒器

淡麗辛口テイストなタイプの日本酒には飲みきりサイズの小さな酒器がオススメです。温度の変わらないうちに飲めるものが良いでしょう。形は出来れば細身でラッパ型のものが香りを的確に捉えることが出来ますよ。

熟酒(古酒、長期熟成酒)に合う酒器

古酒、長期熟成酒など、熟酒タイプの日本酒には重厚感のある美しい色調の酒器がオススメです。漆塗りの酒器など落ち着いた柄のものを選ぶと雰囲気が出ますよ。形状は、個性的で濃密な香りを包み込めるように口が大きく、かつすぼまっているものを選ぶと良いでしょう。

醇酒(純米酒、生酛系)に合う酒器

純米酒、生酛系は最も日本酒らしさを持った、米の味をダイレクトに味わえるタイプの日本酒です。出来れば和風な酒器が好ましいでしょう。形状は口径より下に膨らみを持たせた形がベストです。ふくよかな香りを包み込み、引き立てくれます。

まとめ

日本酒と酒器の相性についていかがでしたでしょうか。

普段はなかなか、日本酒を飲む器まで意識がいくことってないですよね。ただ日本酒好きな方であれば、ちょっと酒器にもこだわってワンランク上の日本酒ライフを楽しむのも良いのではないでしょうか。

もしかすると、今まで気づかなかった良さを感じることができるかもしれませんよ!

この記事をシェアしてね

この記事を書いた人 Writer

三寺悠仁

三寺悠仁

高知県の酔鯨酒造で2年間蔵人として勤務、現在はKURANDの商品開発に関わる日本酒のプロ。日本酒の素晴らしさを世に伝えるべく、日夜活動中。

関連キーワード

この記事を読んだ方にオススメ Recommendation