ホーム > 日本酒 > お正月に飲むお酒!「お屠蘇(おとそ)」の意味や作り方を徹底解説

お正月に飲むお酒!「お屠蘇(おとそ)」の意味や作り方を徹底解説

日本人は昔から、様々な日本酒の楽しみ方をしてきました。年の始まりのお正月には、「お屠蘇(とそ)」というお酒を飲む風習があります。

名前だけなら聞いたことあるかたも多かと思いますが、実際にどんなお酒から知らない方も多いはず。

今回は、お正月に飲む日本酒「お屠蘇」について、紹介していきます。

お屠蘇(おとそ)とは?

a1180_006948_m


お屠蘇は、日本酒やみりんで生薬を浸けこんだ薬草酒の一種。邪気を払い無病長寿を祈り、心身ともに改まろう、という願いを込めて飲む、お正月ならではのお酒です。

屠蘇」という言葉には「邪気を屠(ほふ)り、魂を蘇らせる」(悪鬼を屠り、死者を蘇らせる)という意味があります。そのため、元旦にお屠蘇を飲むことでその年の邪気を除き、家庭健康で幸福を迎えると言い伝えられてるそうです。

この習慣は、平安時代に中国(唐)から日本に伝わったといわれており、嵯峨天皇の頃に宮中の正月行事として始められ、江戸時代には一般に広まったそうです。

正式には「屠蘇散(とそさん)」といい、十種類近くの生薬を合わせたものです。この生薬を、日本酒やみりんに浸して、成分を抽出したものが「お屠蘇」という薬草酒になります。



屠蘇散(とそさん)の中身って何?


おくすり屋さんの屠蘇散

「屠蘇散」の中身は、いわゆる漢方薬に使われる生薬です。
多いと約10種類、一般販売されている屠蘇散には、5〜6種類が配合されています。

代表的な生薬は「防風(ボウフウ)」「山椒(サンショウ)」「肉桂(ニッケイ)」「桔梗(キキョウ)」「白朮(ビャクジュツ)」「大黄(ダイオウ)」「桂皮(ケイヒ)」。

これら成分には、胃腸を活発にし、血行を良くし、発汗を促進し、風邪を引きにくくする効能があるとのこと
普段より食べ過ぎ、飲み過ぎにもなりやすいお正月に、贅沢なお食事とあわせて飲むのには、健康に気を使うという意味もあったのかもしれませんね。

お屠蘇の作り方

04


用意する物は屠蘇散、酒、本みりんの3つのみ(屠蘇散は薬局やネットで売っています

市販の屠蘇散を一包み、日本酒と本みりんを合計約300〜500mlのなかに数時間浸します。後は包みを取り出したらできあがりです。

ポイント1:料理用のみりんではなく、本みりんをおすすめします。料理用のみりんには、塩分が入ってる場合があります。

ポイント2:日本酒が苦手な方はみりんのみ、日本酒が好きな方は日本酒のみでも大丈夫です。

ポイント3:甘口がお好きな方は、砂糖を足してもOK。また、みりんを多めに入れると、甘口でまろやかな口当たりになります。逆に日本酒が多いと、淡麗な味わいに仕上がります。

ポイント4:日本酒は、普通酒または本醸造酒がおすすめです。

屠蘇器(とそき)という朱塗りか白銀や錫(すず)などのお銚子と、三段重ねの盃があれば理想です。



お屠蘇の飲み方

02


地域や家庭によって異なりますが、一般的な作法をご紹介します。

1:お屠蘇は、おせち料理やお雑煮を食べる前に飲みます。

2:家族そろって東の方角を向きます。

3:最年長者が、最年少者に注ぎます。たいていの宴席では、年長者から盃を下げていきますが、このお屠蘇ばかりは逆なのです。年少者から年長者へと盃を順にすすめます。これは毒見の名残と、若者の生気を年長者へ渡すという意味が込められてるみたいです。

4:「一人これを飲めば一家くるしみなく、一家これを飲めば一里病なし」と唱えます。

5:厄年の人は、最後に飲みます。

お屠蘇は元旦だけでなく、三が日の来客時に、初献にお屠蘇をすすめて新年のお祝いの挨拶を交すのが礼儀です。

最後に

以前に比べて、お屠蘇を飲む家庭は少なくはなりましたが、まだこの風習が残っているところもあります。

日本の食文化の中でも非常に歴史の長い日本酒は、お祝いの席につき物です!元日は過ぎてしまいましたが、今から「お屠蘇」を試してみてはいかがでしょうか?

日本酒の関連記事

Latest - 新着記事

NOMOOO MAIL MAGAZINE

NOMOOOの最新記事情報、お酒ニュース情報
お酒イベント情報を、お届けします

ページトップヘ