ホーム > ニュース > 新店情報 > 常時50種の日本酒を用意!“大人の隠れ家”『和食日和おさけ』が新御茶ノ水にオープン

常時50種の日本酒を用意!“大人の隠れ家”『和食日和おさけ』が新御茶ノ水にオープン

和食と日本酒の店『和食日和おさけ』が新御茶ノ水エリアに2018年7月13日(金)にオープンしました!このお店、日本酒関連の著書もあるオーナーソムリエ・山口直樹氏のプロデュースした日本橋1号店に続く2号店。1号店から半年でのデビューとなりました。

コンセプトは店名そのままに「和食日和 おさけと」。日本酒好きに年齢と性別、国境は関係ないとばかり、さまざまな人々が行き交う神田御茶ノ水に白羽の矢が立ちました。落ち着いた時間を過ごしたいとき、大切な人と食事するときにうってつけの店構え。
日本酒は有名銘柄、地域でしか入手できない希少な銘柄などを用意。料理は「居酒屋以上、割烹未満」で日本酒との相性を考えたもので勝負します。

ランチタイムはすでに日本橋店で行列ができて名物ともなっている「宇和島流鯛めし御膳」を、ディナータイムにはオーナーソムリエの山口直樹氏がセレクトした全国の日本酒とおさけに寄り添う割烹料理をリーズナブルに提供する予定。

目玉はなんといっても「世界で一番わかりやすい おいしいお酒の選び方」(ディスカヴァー携書)の著作でも知られる山口氏が選んだ日本酒が常時50種類以上、グラス480円(税別)から楽しめること。一度は飲んでみたい有名銘柄、地元でしか手に入らないようなレアな銘柄など、さまざまです。日本酒は季節ごとに入れ替えるので、来店する度に新しい日本酒と出会えること請け合いです。スタッフも日本酒に詳しいので、銘柄選びに迷ったときは安心して「おまかせ」しましょう。

駅近の大人の隠れ家と称するだけあって、4駅4路線から徒歩5分圏内という抜群の立地ですが、雑居ビルの中にあるので、初めての方は入店を躊躇するかも。ひとたびドアを開ければ、眼前に広がるのは“日本酒愛好者たちの社交場”。内装は木のぬくもりを感じる茶と洗練された白の2色を基調とした落ち着きのある和の世界が広がります。

オーナーソムリエである山口直樹(やまぐち・なおき)氏は日本ソムリエ協会認定ソムリエで、第1回SAKEDIPULOMA認定SSI認定、酒匠、日本酒学講師、専属テイスターでもあります。著書の「世界で一番わかりやすい おいしいお酒の選び方」は累計9万部を突破する人気で、日本酒に関する造詣の深さには舌を巻くほど。

ああ、もうこれは、飲みに行きたい!飲みに行くしかない!

【店舗紹介】

店舗名 和食日和 おさけと神田御茶ノ水
所在地 東京都千代田区神田駿河台3-1-1大雅ビル3階
電話 03-6273-7357
アクセス 地下鉄千代田線 新御茶ノ水駅 B3番出口 徒歩1分、都営新宿線 小川町駅 徒歩2分
地下鉄丸ノ内線 淡路町駅 徒歩3分、JR 御茶ノ水駅 徒歩5分、地下鉄半蔵門線 神保町駅 徒歩7分
営業時間 月〜金曜日 ディナー17:00〜23:00(L.O22:00、ドリンクL.O22:30)
月〜土曜日 ランチ11:30〜14:00(L.O13:30)
土曜日 ディナー17:00〜22:00(L.O21:00、ドリンク21:30)
定休日 日曜日、祝日
座席数 45

お酒の情報サイト「NOMOOO(ノモー)」は「今日の飲みたいを見つける」をコンセプトに、お酒に関する情報を更新しています。

新店情報の関連記事

Latest - 新着記事

NOMOOO MAIL MAGAZINE

NOMOOOの最新記事情報、お酒ニュース情報
お酒イベント情報を、お届けします

ページトップヘ