ホーム > ニュース > 新商品 > 金色の甘露に歓喜!サンクトガーレンのフルーツビール「パイナップルエール」夏限定で販売

金色の甘露に歓喜!サンクトガーレンのフルーツビール「パイナップルエール」夏限定で販売

サンクトガーレンは2018年4月25日(水)からゴールデンパインを使用したフルーツビール「パイナップルエール」を夏季限定で発売します。

2018年4月の酒税法の改正にて、ビールの定義が大幅に変更されたのは記憶に新しいところ。これまで日本ではビールの原料に認められていなかった果物やスパイスがビールの原料として認められるようになり、あらゆる種類のフルーツビールが市場に出回るようになりました。

この酒税法でもビールとして表記するために新たに許された副原料(果物やスパイスなど新たにビールの指定副原料として加えられた原料)の使用量は麦芽重量の5%まで。

サンクトガーレンの「パイナップルエール」はパイナップルの使用量が規定を超える30%!そのため“ビール”と表記することができず、“発泡酒”表記となっています。その一方、麦芽率は50%を超えるため適用される税率はビールと同じ。

使用しているのはデルモンテの管理農園で栽培され、横浜の工場で手切りされたゴールデンパイン。デルモンテでは果実にストレスを与えない手切りが中心となっており、果汁も香りもロスの無い果実をビールに使うことができるのが特長です。

1回の仕込みに使用しているゴールデンパインは約600kg。果実はビールが発酵する前の麦汁(ばくじゅう)に投入し、果実と麦汁の糖分を一緒に発酵、これにより泡までほんのりと甘いパイナップルを感じることが出来るビールに仕上がるのだそうです。

このビール、2010年から毎年夏季限定で製造・販売しており、インターナショナル・ ビアカップのフルーツビール部門で8回入賞、2013年には英国開催の「ワールド・ビア・アワード」フレーバーエール部門でアジアベストを受賞しています。

さらに朗報が!サンクトガーレン取扱いビアバー、サンクトガーレン出店イベントでは樽生でこのビールを飲むことができます。
透きとおった金色のネクター(神の飲み物)、この夏も喉の渇きを癒やしてくれそうです。
詳しくはこちら!

商品概要

商品名 パイナップルエール
内容量 330ml
希望小売価格(税別) 429円
アルコール度数 5%
販売期間 2018年4月25日(水)~9月末  春夏限定
販売場所 同社オンラインショップ、京王百貨店新宿店、東急百貨店本店・東横店、西武百貨店池袋店・所沢店、そごう大宮店・川口店・神戸店、イオンリカー各店ほか
品目 発泡酒
URL 「サンクトガーレン」ホームページ
http://suntory.jp/torys/

<樽生でパイナップルエールが飲めるイベント、直営店(以下一部)>
●Bakery&Beer Butchers(神奈川県厚木市中町2‐7‐16 内田ビル1階)
https://www.facebook.com/BakeryBeer-Butchers-954239458091141/
●4月27日~ 5月6日 ヨコハマフリューリングスフェスト2018(横浜赤レンガ倉庫)
https://www.yokohama-akarenga.jp/yff/
●4月28日~ 29日 湘南祭2018(サザンビーチちがさき)
http://www.chigasaki-cci.or.jp/shonan_festival/
●5月17日~ 6月4日 まんパク2018(国営昭和記念公園)
http://manpaku.jp/
●5月23日~27日 けやきひろば春のビール祭り2018 (さいたま新都心けやきひろば)
https://www.beerkeyaki.jp/

お酒の情報サイト「NOMOOO(ノモー)」は「今日の飲みたいを見つける」をコンセプトに、お酒に関する情報を更新しています。

新商品の関連記事

Latest - 新着記事

NOMOOO MAIL MAGAZINE

NOMOOOの最新記事情報、お酒ニュース情報
お酒イベント情報を、お届けします

ページトップヘ