ホーム > コラム > 知識・雑学 > シングルモルトの代表銘柄!「ザ・マッカラン」の魅力を徹底解説
2019.8.8
ウイスキー

シングルモルトの代表銘柄!「ザ・マッカラン」の魅力を徹底解説

ウイスキー好きなら、誰もが聞いたことがあるであろう銘柄「ザ・マッカラン」。ハロッズ百貨店の「ウイスキー読本」で、"シングルモルトのロールスロイス"とまで称された同商品を、皆さんはどのくらい知ってますか?

今回は、イギリスの超高級車を引き合いに出されるほど、名実揃った逸品「マッカラン」をピックアップ。
その味わいや歴史、オススメの商品をご紹介します!

「マッカラン」とは?

マッカラン」は、"シングルモルトの王道"と呼ばれるほど有名なウイスキー

正式名称は「ザ・マッカランThe MACALLAN)」ですが、今回はみなさんに親しみのある「マッカラン」という表記で説明していきます。

マッカランが生産されているのはスコットランド。
北海道よりも少し小さいくらいの面積しかないこの件ですが、実はウイスキーの名産地で、100近い蒸溜所があります。
ここで造られているのが世界5大ウイスキーにも数えられているスコッチウイスキーです。

実はスコッチウイスキーは「スペイサイド」「ハイランド」「ローランド」「アイラ」の4つに分けることができます。
同じスコッチウイスキーでも、特徴が少しずつ違ってくるのです。

マッカラン」は、「スペイサイド」で造られたウイスキー。
スペイサイドは、スコットランド最大の川であるスペイ川沿いの地域のことで、山や渓谷などがある自然豊かな場所です。

ウイスキー造りに最適と呼ばれるスコットランドのスペイ川流域の気候と水によって造られた「マッカラン」は、上品な甘さとまろやかさ、そして華やかな香りが特徴
味わいは、ウイスキーの中でも比較的クセがなく、飲みやすいタイプです。

その完成度は、「シングルモルトのロールスロイス」と讃えられるほど。

ちなみにシングルモルトの「モルト」というのは大麦麦芽だけを使って作られたウイスキーという意味、「シングル」とは単一の蒸溜所で造られたという意味です。
つまりシングルモルトウイスキーとは「単一の蒸溜所で造られた、大麦麦芽100%のウイスキー」ということ。

造られた土地の風土や、蒸溜所の特徴が大きく反映するので、蒸溜所ごとの独自の味わいを楽しむことができます。
そんなシングルモルトの中でも最高峰と称えられる「マッカラン」。

一体どんな蒸溜所で造られているのでしょうか。

「ザ・マッカラン蒸溜所」とは?

そんな最高峰のウイスキーを醸す「ザ・マッカラン蒸溜所」は、スペイサイドの美しい風景の中にあります。
地形的に、密造酒造りが盛んに行われたという歴史があるスペイサイドで、1824年に「蒸溜ライセンス」を取得。
合法的に蒸溜を行ってきた、名門中の名門です。

蒸溜所自体の歴史は更に古く、スペイサイド周辺がマッカラン教区と呼ばれていた18世紀初めには、既にその名は知られていたとか。
このように、190年以上「<マッカラン」の歴史は続いているのです。

地理的に、決して大きな地域ではないスペイサイドですが、多くの蒸留所が密集し、有名銘柄が多いことから「スコッチといえばスペイサイド」と呼ばれるくらいウイスキー通には親しまれています。そんなスペイサイドの中で、指折りの蒸留所が「ザ・マッカラン蒸留所」なのです。

そんなマッカランのおいしさは製造方法の秘密にありました。

マッカランのおいしさの秘密とは?

マッカラン」の美味しさの秘密は大きく分けて3つにあります。

1つはスペイサイド地方でも最小の蒸溜窯を使用していること。
そんなにも有名な銘柄ですから、さぞ大きな釜を使っているんだろうな、と思っていた方も多いのではないでしょうか。

小さな窯を使う理由は“蒸溜するときに直火炊焚きができる”から。

こうすることで、よりなめらかな口当たりのウイスキーに仕上がるんだそうです。

2つ目は品質にかなりのこだわりがあること。
ウイスキーは蒸留してすぐは雑味を感じてしまう成分が混ざっています。蒸留が進むにつれてこの雑味がなくなっていきます。
しかし、蒸留が終わりに近づくと、必要な成分はすべて抽出し終わっているため、最後の部分はウイスキーには必要のない成分しか残っていない状態になります。

そのためウイスキーを蒸留するときには、溜出してきた液体の最初の部分と、最後の部分を取り除いた真ん中の部分「ハート」のみ使用します。
このハートを原酒にしてこの後熟成させていくのです。
最初と最後をどのくらい取り除くかは、蒸溜所によっても変わりますが、マッカランはなんと全体の16%しか使わないんだそう。
それだけ品質にこだわりがあるということですね。

3つ目は熟成させる際の樽へのこだわりです。
「マッカラン」の貯蔵・熟成に使用される樽は、自社で管理する森林で栽培した材木を使用<、スペイン南部で手作業でシェリー用の樽に加工、シェリー酒を3年間詰め熟成させます。
この樽を使うことで、独特の甘い香味が生み出されるのです。

また、原料の大麦は最高級品種を使用
ここでも、自社が所有する敷地でも大麦を栽培するというこだわりようです。

これらの徹底したこだわりが、世界中を魅了し続けるウイスキーを造る秘訣なのです。

マッカランおすすめの飲み方

マッカランはストレート・ロックで味わうのがオススメ。
ドライフルーツを思わせるような独特な甘みやスパイシー感、華やかな香りを存分に味わうことができます。

とはいえ、最初からロックやストレートは少しハードルも高いですよね。

そんな時はハイボールもおすすめです。
マッカランをハイボールにするときには無糖の炭酸水を使いましょう。
ジンジャーエールなどを使ってしまうと、せっかくのマッカランらしい風味を存分に楽しめなくなってしまいます。

また、マッカラン自体が甘いウイスキーのためしつこい味になってしまうことも…

マッカランを飲むときにはなるべく“シンプルに”を心がけてみてください。

この記事をシェアしてね

この記事を書いた人 Writer

ロンボ

ロンボ

「NOMOOO」ライター。好きなお酒はワインと焼酎です。蔵元やワイナリー訪問もしたりします。最近は醸造酒の魅力にも気付きました。「酒は蔵元で飲むのが一番上手い」がモットーです。

関連キーワード

この記事を読んだ方にオススメ Recommendation