TOP / ニュース / 新商品 / 米を使ったビール「富士桜高原麦酒 白鳥富士 こしひかりへレス」販売!

「富士桜高原麦酒」から、「富士桜高原麦酒 白鳥富士 こしひかりへレス」が、2021年12月17日(金)より、数量限定で販売されています。

「富士桜高原麦酒 白鳥富士 こしひかりへレス」は、「富士桜高原麦酒」と「スワンレイクビール」のコラボレーションビールです。

「富士桜高原麦酒 へレスラガー」をベースに、「新潟産コシヒカリ」を使用しているのが特徴。「スワンレイクビール」のスペシャルラガービールと「富士桜高原麦酒」のジャーマンラガーの融合した「ジャパニーズラガー」、日本ならではのテイストに仕上がっています。

ほんのりとした米の甘さと滑らかな口当たり、スッキリとしたのど越しを楽しめるという「富士桜高原麦酒 白鳥富士 こしひかりへレス」。ビール好きの方は是非、味わってみてください!

「富士桜高原麦酒」についてはこちら

商品概要

商品名 富士桜高原麦酒 白鳥富士 こしひかりへレス
発売日 2021年12月17日
アルコール度数 5.0%
IBU 15
内容量 330ml瓶
希望小売価格 550円(税込)
オンラインショップ https://www.rakuten.co.jp/fujizakura/

nomoooでは、音声メディア「Voicy」内にて「お酒がもっと好きになるラジオ」を配信中!今週の注目商品、新店舗などお酒にまつわる気になる情報を編集部がピックアップ!コレを聞けば“日本のお酒のイマ”がきっとわかるはず!
また、専門家・著名人を招いてのトークでは、普段から疑問に思っているお酒に関する疑問に答えてもらいます!お酒好きの方は、ぜひご視聴してみてくださいね。nomoooのVoicy公式チャンネルはこちら