TOP / ニュース / 新商品 / 「進化系石狩鍋」「播磨灘の大粒カキ鍋」など!一人鍋4種が販売

ヴィア・ホールディングスから、一人鍋4種が、2020年11月26日(木)より、全国の刺身居酒屋「魚や一丁」で販売されています。

一人鍋は、コロナ禍に対応した、箸を突っつき合わずに食べられる一人前の小鍋です。

「魚や一丁」発祥の地・北海道では定番の「石狩鍋」に、マッシュポテトを添えた新しい食べ方で進化系鍋としてアレンジした「進化系石狩鍋」がラインナップ。また、ビタミン類など栄養豊富なカキを美味しく食べられて、心も体も満たす一品「播磨灘の大粒カキ鍋」も用意しているそう。

その他、あん肝をたっぷりと使った濃厚スープの「国産あんこう鍋」や、素材の旨味を凝縮した「一丁寄せ鍋」の全4種を楽しめるという一人鍋。お酒と一緒に好きな鍋を味わってみるのはいかがでしょうか?

ヴィア・ホールディングスについてはこちら

実施概要

販売期間 2020年11月26日(木)~冬季限定、ディナータイムのみ
販売店舗 全国の「魚や一丁」12店舗(秋葉原・新橋・ 大宮東口・横浜西口・ 新横浜店を除く)
販売メニュー 播磨灘大粒カキ鍋、進化系石狩鍋、国産あんこう鍋、一丁寄せ鍋 各980円(税抜)