TOP / お酒を選ぶ / カクテル・サワー / 【2020年版】専門家が厳選!おすすめ缶チューハイ30選〜ジャンル別〜

今「缶チューハイ」がアツい!注目の商品続々登場

こんにちは、*RTD研究家のストロングおじさん(@strong_ojisan)です。ここ数年のレモンサワーブームの影響もあり、今RTD市場ではチューハイ製品が本当にたくさん発売されています。

*RTD:Ready to Drinkの略称。栓を開けてすぐ飲める、缶や瓶入りチューハイ・カクテルの総称。

定番のレモンサワーだけに限定して考えても、昔ながらのドライでさっぱりとした商品、果汁がたっぷりと入ったフルーティーな商品、“進化系“と呼ばれるお店の味に近づけたものなどなど......。各社が知恵を絞った、クオリティーの高いものばかりなのです。

選べるチューハイが増えるのはありがたいことですが、「どれを飲めばいいかわからない」「選びきれない」といった悩みを抱えている人も多いはず。

ということで、この記事ではRTD研究家の私が本気で厳選する、おすすめの缶チューハイを30商品ご紹介。

1缶ですぐ酔えることで人気の「ストロング系」、ジューシーな果汁感が楽しめる「高果汁系」、スイーツ感覚でも楽しめる「スイーツ系」の3つのジャンルに分けて、それぞれ10商品ずつをご紹介します!

自宅で楽しむ缶チューハイ選びに困ったら、ぜひ参考にしてみてくださいね。

おすすめ「ストロング系」チューハイ10選

ますは、ストロング系チューハイのおすすめ商品10選をご紹介。

1本でもしっかり満足感が味わえるストロング系は、缶チューハイの定番としてすっかり定着し、今では色々なジャンルのストロング系チューハイが発売されています

ここでは、ストロング系を“度数8%以上の缶チューハイ”と定義し、紹介していきたいと思います。

1.-196℃ ストロングゼロ〈ガツーンとホワイトサワー〉

【2020年新発売】 -196℃ ストロングゼロ ガツーンとホワイトサワー [ チューハイ 350ml×24本 ]

まずおすすめしたいのは、2020年3月に新発売された「-196℃ ストロングゼロ〈ガツーンとホワイトサワー〉」です。このシリーズは炭酸ジュースを思わせる懐かしい風味と強炭酸の刺激が特徴。

ストロングゼロらしい確かなアルコール感はそのままに、乳性飲料の甘酸っぱい爽やかな風味が感じられます!強炭酸の刺激も爽快感もより高めてくれますね。

ストロング系はどちらかといえば、柑橘系やドライといった辛口の味わいが多いですが、ジュースライクな懐かしい味わいがする本製品もぜひ試していただけたらと思います。

2.-196℃ストロングゼロ DRY

サントリー-196℃ストロングゼロ【Dry】 [ チューハイ 500ml×24本 ]

続いても、ストロングゼロより「-196℃ストロングゼロ DRY」をピックアップ!こちら、糖類も甘味料とも不使用で、甘さ控えめのストロングゼロの中でも特に辛口の味わいです。

ドライという名称ですが無味ではなく、ライムまるごとの浸漬酒を中心とした複数の柑橘成分を配合。控えめながらも爽やかな柑橘の風味に仕上がっています。

甘くないスッキリとキレのあるストロングを味わいたい方に、おすすめです。

3.キリン・ザ・ストロング ドライサワー

キリン・ザ・ストロング ドライサワー [ チューハイ 500ml×24本 ]

続いては、「キリン・ザ・ストロング ドライサワー」をピックアップ。同じドライでも、ストロングゼロとはまた違った味わいです。

柑橘を12時間以上煮込んだ「うまみエキス」を配合しており、少しピリッとするくらいの爽快な風味が特徴。本シリーズ特有の強炭酸もあいまって、爽やかで飲みやすいドライサワーとなっています。

こちらも糖類・甘味料不使用ですので、甘くない辛口な味わいなのは、ストロングゼロのドライと共通ですね。

4.キリン・ザ・ストロング レモンサワー

キリンビール 麒麟特製 キリン・ザ・ストロング レモンサワー 350ml 1ケース24本

キリン・ザ・ストロング」では、こちらのレモンサワーもおすすめです。こちら、前述の「うまみエキス」にさらにレモン果汁を搾った「追いレモン潤沢仕立て」という製法が特徴です

一口目はレモンのフレッシュな香りですが、後味にはレモンの苦みや酸味を含む奥深い余韻が感じられ、まるでお店で飲む上質なレモンサワーのような味わいに仕上がっています!

この「うまみエキス」にはお酒のクセを和らげる効果もあるそうで、ストロングながらアルコール臭さの少ないスッキリした飲み口も魅力です。

5.もぎたてSTRONG まるごと搾りレモン

アサヒ もぎたてSTRONG まるごと搾りレモン [ チューハイ 350ml×24本 ]

続いては「もぎたてSTRONG まるごと搾りレモン」です。本シリーズは『収穫後24時間以内搾汁の果汁』と『鮮度を徹底追求した鮮度マネジメント』によるフレッシュな果実感をウリにしています。

こちらのレモンも、まるで搾りたてのレモンのような爽やかな酸味と香りが感じられます。ストロング系では珍しく、甘味料でなく糖類を使用しているので、自然な甘さがより果実の爽やかさを引き立てています。

ストロングと自然な果実の味わいを両方楽しみたい、という方におすすめです。

6.樽ハイ倶楽部 レモンサワー

【2020年新発売】アサヒチューハイ 樽ハイ倶楽部 レモンサワー [ チューハイ 500ml×24本 ]

続いては新顔!「樽ハイ俱楽部 レモンサワー」です。こちら、1984年から業務用の樽詰めサワーとして販売されていた樽ハイ俱楽部が、2020年春に待望の缶チューハイ化がされた製品です。

その味わいは、濃く複雑なレモン感を追求する最近のレモンサワーとは真逆。柔らかく落ち着いて、スッキリしたレモンの風味が特徴です。糖類による適度な甘さもあいまって、ゴクゴク飲めるレモンサワーです。

ストロングとは謳っていませんが、度数はしっかり8%。飲みやすさとともの、飲み応えも備えた一品です。

7.99.99 クリアシークヮーサー

サッポロチューハイ 99.99 フォーナイン クリアシークヮーサー [ チューハイ 350ml×24本 ]

続いてご紹介するのは、ストロング系の革命児「99.99」のシークヮーサー。純度99.99%のクリアウオッカを使用し、ストロングながらお酒臭さを感じないスムースな飲み口が人気です。

こちらのシークヮーサワー、当初は2019年に期間限定品として発売されましたが、その人気の高さから2020年3月より晴れてレギュラー入りしました。

クッキリとしたシークヮーサーの香りと、99.99らしい甘さ控えめのクリアな後味。アルコールのクセをほとんど感じない、爽やかすぎるストロングチューハイです。

8. 超男梅サワー

サッポロ 超男梅サワー [ チューハイ 350ml×24本 ]

続いては、男梅サワーシリーズのストロングバージョン「超男梅サワー」です。

男梅サワーには、梅果汁のみでなく梅干しのタネ以外を丸ごと粉砕・浸漬した液中浸漬酒が使用されており、それにより表現される濃厚な梅干し感が特徴。梅干しらしい適度な塩気もあります。

この濃い梅干しの味わいが度数9%のガツンとしたアルコール感と合わさって、強い飲みごたえが感じられる満足度の高い一品です。

9.タカラcanチューハイドライ

宝酒造 タカラ canチューハイ(ドライ) [ チューハイ 350mlx24本 ]

続いては「タカラcanチューハイ ドライ」。日本初の缶チューハイと知られる同シリーズですが、こちらのドライは2016年に発売された比較的新しい製品です。

9%の飲み応え、ほのかに柑橘の香りが効いた甘くない味わいは他のドライと同様ですが、こちらは今では貴重な焼酎ベースであり、その香りをしっかり味わうことができます!

酒感を消すのではなくむしろその魅力をしっかりと表現した、缶チューハイの老舗が流行りのストロング系を再解釈した画期的な一品だと思います。

10.こだわり酒場のレモンサワー〈キリッと男前〉

【2020年新発売】こだわり酒場のレモンサワー缶 キリッと男前 [ チューハイ 500ml×24本 ]

最後は、「こだわり酒場のレモンサワー〈キリッと男前〉」です!昨年大ヒットしたこだわり酒場のレモンサワーが、2020年に新たに送り出すお酒感もレモン感もさらに濃くなった男前な新作です!

単に度数が高くなったというより、お酒自体のうまみがしっかり強くなった印象。この美味しさはサントリーこだわりの複数原料酒のブレンドによって表現されています!

そして、お酒に負けない濃いレモン感はレモン好きにはたまらないと思います。酒とレモンのうまみがたっぷりつまった、新世代のストロングです!

おすすめ「高果汁系」チューハイ10選

続いては、高果汁系商品のおすすめ10選をご紹介!高果汁系とはその名の通り、果汁量が多い缶チューハイのことで、果実を丸ごと搾ったようなジューシーな果汁感が特徴です。

ここでは、“果汁10%以上”の缶チューハイを高果汁系と定義して、おすすめ商品を10本ご紹介します。

1.本搾り グレープフルーツ

【果汁とお酒だけ】キリン本搾りチューハイ グレープフルーツ [ 500ml×24本 ]

高果汁のトップバッターは「本搾り グレープフルーツ」!本搾りはたっぷりの果汁とお酒だけで作られた香料・酸味料・糖類無添加が売りの自然派チューハイです。

グレープフルーツ果汁28%だけあって、まるでお店の生搾りチューハイのようなリッチな果汁感があります。グレープフルーツの自然な甘さがとても爽やかで、糖類無添加のため後味はスッキリキレがあります。

また、度数も6%とそれなりにありますので、果汁感とあいまってしっかり飲みごたえも感じられます!

2.贅沢搾り グレープフルーツ

贅沢搾り グレープフルーツ [ チューハイ 350ml×24本 ]

同じくグレープフルーツから、「贅沢搾り グレープフルーツ」をご紹介!贅沢搾りはアサヒビールが2018年から発売している割と新しいブランドで、高果汁界では本搾りと双璧を成すブランドです。

こちらのグレープフルーツは本搾りを上回る果汁41%!溢れる果汁感と、甘み・酸味が見事に調和したバランスが最高です。度数が4%と控えめな分、果汁感もよりいっそう感じられますね。

香料・酸味料は入っていますが、糖類は無添加なので、こちらも後味スッキリ系です。

3.寶 極上フルーツサワー 丸おろしグレープフルーツ

宝酒造 極上フルーツサワー 丸おろしグレープフルーツ [ チューハイ 350ml×24本 ]

続いてもグレープフルーツ!「寶 極上フルーツサワー 丸おろしグレープフルーツ」です。

こちらも果汁は20%とたっぷりですが、それに加えグレープフルーツペースト、グレープフルーツスピリッツも配合。フレッシュなだけでなく、苦味や酸味もしっかり効いた濃厚なグレープフルーツ感が表現されています!

また、宝酒造の缶チューハイらしく、焼酎のうまみもしっかり効いており、グレープフルーツの苦みが焼酎の風味と相性抜群なんです!果実感もお酒感も両方しっかり味わいたい方におススメですね。

4.寶 極上レモンサワー 丸おろしレモン

宝酒造 極上レモンサワー 丸おろしレモン 皮までまるごと贅沢な果実感 [ チューハイ 350mlx24本 ]

お次も、同じく宝酒造から「寶 極上レモンサワー 丸おろしレモン」です!こちらも、レモン果汁11%に加え、レモンペースト、レモンスピリッツを加えています。

その味わいは果汁感たっぷりなだけでなく、甘み、苦み、酸味、全てのレモンの美味しさが表現されています。濃く、上質なレモン感で「うまいレモンサワーを飲んでるなぁ」という幸せをしみじみと感じられると思います。

最近は、こういった「果汁」と「果汁以外の+αのレモン成分」を組み合わせたハイブリッド系の高果汁レモンサワーが人気ですが、本製品はその先駆け的な存在ですね!

5.檸檬堂 定番レモン

檸檬堂 定番レモン 缶 [ チューハイ 350ml×24本 ]

続いても、ハイブリッド系の高果汁レモンサワー「檸檬堂 定番レモン」です。こちら、レモンを丸ごとすりおろしお酒に浸漬させるという「前割りレモン製法」を採用していることが特徴。

ただでさえ多めのレモン果汁10%ですが、前割りレモン製法によりレモンの香りがしっかりとお酒に移るため、より本格的な濃いレモンサワーに仕上がっています!

この濃い味わいは、単に果汁を搾るだけでは到達できないであろう見事な美味しさです。

6.檸檬堂 鬼レモン

檸檬堂 鬼レモン 缶 [ チューハイ 350ml×24本 ]

檸檬堂 鬼レモン」もおすすめ!果汁量はなんと17%、かつ度数は9%とレモンもお酒も濃いサワーです。

ガツンとくるレモン感・酒感がともにありながらも、「前割りレモン製法」で両者をよく馴染ませているため、ぶつかりあわず双方の味わいをバランス良く感じることができます。甘さもしっかりあり、飲みごたえなら数ある高果汁系でもこれが一番です。

度数9%のため、ストロング系にも分類できますが、最大の特徴は缶レモンサワーでも随一の濃いレモン感と考えているため、今回は高果汁に分類させていただきました!

7.本搾り ライム

【果汁とお酒だけ】キリン本搾りチューハイ ライム[350ml×24本]

レモンが続きましたが、続いては「本搾り ライム」を!本搾りのライムは過去に限定品として発売され、復活を望む声が多かったのですが、2020年5月に待望のレギュラー化され、話題になりました。

ライムで果汁13%の高果汁は非常に珍しいですね。ライムらしいややクセがありながらも爽やかな香りがストレートに伝わってきます!後味は苦味を伴いながらも、えぐみや渋みは少なく、全く甘くないのも良いです。

ライムはその特有の爽やかな果汁感を長期間キープするのが難しいため、ライムの高果汁はかなりハードルが高いそうなのですが、ファンの声に応えキリンビールが見事に実現してくれました!

8.ハイサワー缶プレミアム シークヮーサー×レモン

ハイサワー缶プレミアム シークワーサー×レモン [ チューハイ 350ml×24本 ]

続いては珍しいシークヮーサーの高果汁系チューハイ「ハイサワー缶プレミアム シークヮーサー×レモン」です!なんと、一缶当たりシークヮーサーのストレート果汁が2個分も使われ、レモンと合わせ果汁量は17%です。

シークヮーサーの個性的な柑橘の香りが突き刺さる刺激的な味わいで、これほどまでにシークヮーサーを感じられる缶チューハイは他に記憶にありません。一方、レモンも入っていることで、刺激的なだけではないスッキリした風味に仕上がっています。

350ml缶1本で300円を超えるプレミアムな一品ですが、その価格に見合うだけの価値がある製品です!

9.サンキスト オレンジエードサワー

サンキスト オレンジエード・サワー [ チューハイ 350ml×24本 ]

続いては、「サンキスト オレンジエードサワー」をご紹介。こちら、サンキストブランドでは初のアルコール飲料だそうで、1960年代のアメリカで飲まれたエードをイメージしたテイストとのことです。

その味わいは、オレンジ果汁20%により表現される濃いオレンジ感としっかりした甘さが特徴。度数が4%と低めなこともあり、サンキストのオレンジジュースのような、どこか懐かしい甘酸っぱくジューシーな味わいです。

10.贅沢搾り キウイ

アサヒ 贅沢搾り キウイ 缶 350ml×24本 [ チューハイ ]

最後は、「贅沢搾り キウイ」です!ここまで全て柑橘系だったことからわかるように、高果汁系チューハイは圧倒的に柑橘系が多いのですが、最後は柑橘以外からキウイを選びました!

キウイ特有の刺すような酸味と種の香りまで感じられる、リアルかつジューシーなキウイ感が特徴。スッキリとした甘さも良いバランスで、グイグイ飲めてしまいます。

ただでさえ珍しいキウイで、かつ高果汁なんて本当に貴重な一品だと思います。高果汁ファンの方のみならず、是非一度は味わっていただきたいです!

おすすめの「スイーツ系」チューハイ10選

最後にスイーツ系、つまり甘いチューハイのおすすめ10選をご紹介します!最近、どちらかといえばチューハイ界は辛口ブームですが、まだまだスイーツ系も充実していますよ!

しっかり甘さを感じられるので、一本で満足できたり、デザート代わりにもなったり。そんなスイーツ系チューハイを紹介していきましょう!

1.赤玉パンチ

【はじけるワインハイボール】赤玉パンチ [ スパークリング 日本 350ml×24本 ]

まずは「赤玉パンチ」をご紹介!サントリーの甘味果実酒「赤玉スイートワイン」をベースにしたワインサワーで、元々は居酒屋で親しまれていたものが缶チューハイ化されました。

その味わいはかなり甘さ強め!高果汁のぶどうジュースのようです。でも、シュワシュワと爽快な炭酸感があり、後味には爽やかさも兼ね備えていますね。レモンを加えると、更に爽やかさが増しておすすめです。

元がワインベースなので、チューハイというよりカクテルライクな味わいです。定番のチューハイに飲み飽きたかに是非飲んでいただきたいですね。

2.愛のスコールホワイトサワー

サッポロ 愛のスコールホワイトサワー [ チューハイ 340ml×24本 ]

続いては「愛のスコールホワイトサワー」。こちら、サッポロビールと南日本酪農協同のコラボにより、乳性炭酸飲料のパイオニアである「愛のスコール」を缶チューハイ化した製品です。

その飲み口は、乳製品の香りだけでなく、しっかりとコクも感じる濃厚な味わい。本物の乳製品を使用しているだけはあります。甘めですが、程よい酸味があり、甘ったるくない爽やかな甘さが特徴です。

今回はレギュラーを紹介しましたが、数量限定でフルーツ系のフレーバーが定期的にリリースされるので、よろしければそちらも合わせて味わってみて下さい!

3.檸檬堂 はちみつレモン

檸檬堂 はちみつレモン 缶 [ チューハイ 350ml×24本 ]

続いては、「檸檬堂 はちみつレモン」をピックアップ。檸檬堂は高果汁系でも2品紹介しましたが、こちらはレモン果汁7%と若干控えめで、その分はちみつの香りを効かせた味わいになっています

飲んでみると、檸檬堂らしいジューシーなレモン感に加え、甘く柔らかいはちみつの香りが広がります。レモンの酸味や苦味は、はちみつの香りと甘さでやや抑えられている印象です。

檸檬堂シリーズの中でも、はちみつの甘さに加え度数3%と低アルコールであることから、飲みやすい印象。辛口の味わいや強いお酒の香りがあまり得意でない方には、是非お試しいただきたい一品です。

4.氷結 もも

キリン 氷結 もも 350ml×1ケース(24本) ■3箱まで1個口発送可

続いては、「氷結 もも」をご紹介!氷結と言えばスッキリとした甘さが特徴ですが、ももはシリーズの中では珍しくしっかりと甘さが強調された味わいに仕上がっています。

まず、一口目に感じるのは強めの桃感。よく熟れた桃をかじったような感覚です。そして、その濃い桃感に見合うような甘めのテイストで、度数3%の低アルコールでありながら飲みごたえもあります。

果実感と甘さを兼ね備えたテイストで、デザート気分で味わっても良いと思います。

5.ほろよい ハピクルサワー

サントリー チューハイ ほろよい ハピクルサワー [ 350ml×24本 ]

続いては、「ほろよい ハピクルサワー」!度数3%の低アルと甘めのテイストがウリの本シリーズ。その中でもこのハピクルサワーは、2019年10月に発売されるや瞬く間に人気となり、売れすぎて一時販売を休止していたほどの製品です。

その味わいは、「ビックル」や「ヤクルト」に似た懐かしの乳酸飲料そのもの!爽やかな甘酸っぱさのみでなく、トロっとしたコクも感じます。

甘くて軽い味わいの多いほろよいの中では、甘さのみでなく飲みごたえが感じられる一品。普段ほろよいを飲まない方にも、味わっていただきたいですね!

6.ほろよい ミックスフルーツ

サントリー チューハイ ほろよい ミックスフルーツ [ 350ml×24本 ]

同じくほろよいから、「ほろよい ミックスフルーツ」もピックアップ!こちらも昨年10月に、ハピクルサワーと同時に発売された比較的新しい製品です。

オレンジ、りんご、白ぶどう、桃の4種もの果実が配合。それぞれの果実の香りが、スッキリと爽やかに表現されおり、適度な甘さもあいまって飲みやすいです。

こちらはハピクルサワーと異なり、ほろよいらしい甘くて軽い味わいですので、個性の違いを感じながら飲み比べするのもいいかもしれません!

7.Choya ウメッシュ

ウメッシュ [ 250ml×24本 ]

続いては「CHOYA ウメッシュ」です!梅酒ベースの缶アルコール飲料の代表的存在ですが、実はその歴史は長く1988年から販売されているんです!

その味わいは、梅酒由来の濃い梅感と爽やかな酸味が印象的。そして、濃い梅感に見合うしっかりした甘さがあり、まさに本格的な梅酒ソーダそのものです。

こちら、香料・酸味料等の添加物を用いず、梅・糖類・お酒で造った自然派のお酒でもあります。その自然な梅感と甘さを是非感じてください!

8.カクテルパートナー 完熟ぶどう&シャルドネ

アサヒ カクテルパートナー 完熟ぶどう&シャルドネ 缶 350ml

続いては缶カクテルの代表ブランド カクテルパートナーから「カクテルパートナー 完熟ぶどう&シャルドネ」をご紹介。

カクテルパートナーにも色々種類がありますが、この完熟ぶどう&シャルドネが最もリッチな甘さが楽しめるフレーバーだと思います。

完熟ぶどうとシャルドネ果汁の2種の果汁に、さらにぶどうリキュールを配合!豊かなぶどう感としっかりした甘さの組み合わせが、高級感を演出した贅沢な味わいに仕上がっています。

9.茶和 抹茶和三盆

宝酒造 抹茶スイーツのお酒 茶和 抹茶和三盆 [ リキュール 350ml×24 ]

続いては、珍しい抹茶スイーツのチューハイ「茶和 抹茶和三盆」。贅沢な抹茶感と、濃厚な甘みが味わえることが特徴です。

飲んでみると、抹茶の香りも甘さも実に強いです。トロトロした濃厚な味わいで、その甘さは今回紹介したスイーツ系製品の中でもトップレベル!私はいつも、お酒と言うよりデザート感覚でゆっくり楽しんでいます。

また、単純に香りや甘さが強いだけでなく、宝酒造こだわりの京都産宇治抹茶の豊かな香り、和三盆の上品な甘さ等、品質にもトコトンこだわった製品ですね!

10.ネクターサワーピーチ

サッポロ ネクターサワーピーチ [ チューハイ 350ml×24本 ]

スイーツ系ラストは「ネクターサワー ピーチ」。1964年に誕生した不二家のソフトドリンク「ネクター」とサッポロのコラボによる缶チューハイです!

こちらの製品、国産桃をまるごと裏ごししたピューレを使用しており、とろりとした触感と濃厚な甘さが特徴。ただ単に濃いだけでなく、国産桃を用いた上質な桃の香りもポイントです。

果汁もたっぷり10%なので、高果汁チューハイにも分類できますが、フルーツ感のみでなくその濃厚でトロっとした”甘さ”を是非感じていただきたいので、スイーツ系として紹介させていただきました!

期間限定商品も盛りだくさん!奥深き缶チューハイの世界を楽しんで!

いかがでしたか?ストロング系、高果汁系、スイーツ系それぞれに個性があるラインナップが並びましたね。

今回セレクトしたのは、あくまでも通年で発売している定番商品の中でのおすすめ。缶チューハイは、期間限定のフレーバーが頻繁に発売されるため、この記事でご紹介した物以外でも美味しいものはたくさんあるんです!

まさに、一期一会の楽しみもあるのも缶チューハイの素晴らしいところ。今回の記事を参考に、定番缶チューハイから限定品まで様々な缶チューハイを楽しんでみてくださいね!