TOP / ニュース / 新商品 / 梅酒大会で4冠!?2020年梅大使着物柄デザイン「百年梅酒 春花」発売

明利酒類から、「百年梅酒 春花」が、2019年12月6日(金)より発売になります。

「百年梅酒 春花」は、百年梅酒ブランドの新商品であり、2020年水戸の梅大使着物柄バージョン。着物の左右の袖の柄をモチーフに、デザインされているそう。

中身は、今年6月に仕込んだ梅で造った、フレッシュで梅の香りを楽しめる新酒。梅の名所である水戸で造った、良質な梅酒に仕上がっているとのこと。

様々な梅酒大会で4冠となり、国内をはじめ、台湾や香港などのアジアや、ヨーロッパの人たちにも飲まれているという「百年梅酒」。国や性別を問わない同ブランドなら、自分用はもちろん、ギフトにも最適かもしれませんね!詳しくはこちら

商品概要

商品名 百年梅酒 春花
容量 720ml
原材料 梅(白加賀)・糖類・醸造アルコール
アルコール分 20度・エキス分21%以上
販売 明利酒類株式会社
発売日 令和元年12月6日
価格 1,500円(税別)