ホーム > ニュース > 新商品 > 新たな瀬戸内名物?「瀬戸内レモン&ソルトビール」が300本限定販売
2019.10.24
新商品

新たな瀬戸内名物?「瀬戸内レモン&ソルトビール」が300本限定販売

クラフトハート・ブルワリーから、「瀬戸内レモン&ソルトビール」が、2019年10月28日(月)より、300本限定で販売になります。

「瀬戸内レモン&ソルトビール」は、クラフトハート・ブルワリーの定番ビール「瀬戸内レモンエイル」と、瀬戸内の天然海水塩を使った「仙酔ドラフト」の、累計販売10万本突破を記念して開発した一品です。

レモンと塩の特徴を活かす為に「ゴーゼビール」というビアスタイルで醸造。

ゴーゼは、ドイツのゴスラーという地域が発祥のビアスタイルで、塩を投入し香りづけをし、乳酸菌発酵で醸造するのが特徴のスタイル。同商品はそこに瀬戸内レモンの香りを加えることで、心地よい味わいに仕上がっているのだそう。

「瀬戸内レモンエイル」と「仙酔ドラフト」の特徴を活かした、新たな瀬戸内名物を目指しているという同商品。数量限定なので、気になる方は早めにチェックした方が良さそうですね!詳しくはこちら

この記事をシェアしてね

この記事を書いた人 Writer

nomoooニュース

nomoooニュース

nomoooで最新のお酒ニュース情報をお届けします。

関連キーワード

この記事を読んだ方にオススメ Recommendation