ホーム > ニュース > 新商品 > 山梨の"訳あり"桃を有効活用!「7種の桃のエール」が樽生限定発売
2019.10.6
新商品

山梨の"訳あり"桃を有効活用!「7種の桃のエール」が樽生限定発売

サンクトガーレンから、「7種の桃のエール」が、2019年10月4日(金)より、樽生限定で発売されています。

今年の長梅雨の影響で、多く出たという、色ムラ・色薄・傷などの原因で市場には出せない"訳あり"桃。サンクトガーレンは、そんな山梨の"訳あり"桃を使用したビール「7種の桃のエール」を発売しているとのことです。

なるべく多くの桃を引き取って有効活用しようとした結果、例年より3種類多い10種類の桃を引き取ったという同社。そのため今年は「7種の桃のエール」という名前ながら、同商品には10種類の桃が使用されているのだそう。

白濁したビールであり、そしてそこから漂う、桃そのものと言えるような甘い香りが特徴。まさに、大人のピーチネクターというような仕上がり。

10月4日(金)より、横浜赤レンガ倉庫で開催される「横浜オクトーバーフェスト」、翌5日(土)から品川インターシティで開催される「大江戸ビール祭り」、本厚木のビアレストラン「Bakery&Beer Butchers」で先行発売。

10月20日(日)以降は、サンクトガーレン取扱いビアバーへの出荷を予定しているとのことなので、気になる方はチェックしてみてください!詳しくはこちら

この記事をシェアしてね

この記事を書いた人 Writer

nomoooニュース

nomoooニュース

nomoooで最新のお酒ニュース情報をお届けします。

関連キーワード

この記事を読んだ方にオススメ Recommendation