ホーム > 飲みに行く > 訪問 > 美容や二日酔いにも!高田秋が“飲む点滴”「甘酒」の魅力をプロに教わってきた
2019.8.20
インタビュー

美容や二日酔いにも!高田秋が“飲む点滴”「甘酒」の魅力をプロに教わってきた

きき酒師・高田秋!今日はノンアルコールで「甘酒」を学びます!

こんにちは高田秋です。

syu高田 秋(たかだ しゅう)

モデル・タレント業をはじめ、グラビアでも活躍。いま話題の“モグラ女子”(モデルとグラビアでモグラ)であり、BS-TBS 「町中華で飲ろうぜ」(月曜23時〜)への出演の他、日刊ゲンダイにて「高田秋の馬人、旨酒」も毎週土曜連載中。

また、「BSイレブン競馬中継」ではレギュラーMCを務める。酒好きが高じて“きき酒師”の資格を取得。酒蔵を訪ねたり、自宅で梅酒を作ったり、お酒に愛を注いでいる。


2019年9月22日(日)高田秋ファンイベント開催決定!

日ごろの皆様への感謝を込めて、高田秋初の単独イベントを開催!
内容はただいま絶賛考案中!グッズ販売も予定しております!みなさまお楽しみに♪

詳しくは、下記URLよりご確認ください!
http://r-t.jp/shu_takada


 

“きき酒師”の高みを目指して修行中の私、高田秋が日本酒に関連するイロハを取材するこの連載!今回は、女性の間でブームになっている「甘酒」について、学びます。
今回は、ノンアルコールでお送りします!(笑)

約100種類もの「甘酒」を扱う「のレン MURO」


今回お邪魔するのは、甘酒専門店の「のレン MURO(のれん むろ)」さん!
場所は、神楽坂駅からすぐ日本文化にスポットを当てるスーベニアショップ「のレン 神楽坂店」のお隣。

「甘酒ではじめる健康生活」がコンセプトのお店で、100種類以上の甘酒を揃えているんだそう。

店内には、はじめてみる甘酒がたくさん!途切れることなく女性のお客さんが来店していて、じわじわ「甘酒ブーム」が来ているな、と実感します。

2019年8月18日(日)までは、お店にある甘酒が全て試飲できる「甘酒100種類 利き甘酒まつり」を開催中。

今日は思う存分飲み比べて、お気に入りの甘酒をみつけますよ〜。

そもそも「甘酒」って、どんなものなの?

可愛いパッケージ商品も多いなぁ。いろんな酒蔵さんが甘酒を作っているのは知っているけど、日本酒ばかり飲んでて「甘酒」の知識はあんまりないかも。

たしか、美容にいいんですよね……??

▲「のレン MURO」店長・高瀬さん

店長

高田さん、いらっしゃいませ!
甘酒は、美容にも、”二日酔い”にもいいんですよ。今日はいいことづくしの甘酒を好きになって帰ってください!

高田

”二日酔い”にも!
それは聞き逃せないですね。色々教えてください!!

「甘酒」は夏の季語だって、知ってた?

店長

高田さんは甘酒って聞くと、どんなイメージをお持ちですか?

高田

う〜ん、お正月に飲むイメージが強いです。初詣へ行くと、温かい甘酒を振舞っているのを見かけるので。

店長

そういう方、きっと多いと思います。

でも、実は甘酒って”夏の季語”に用いられるくらい、暑い季節にぴったりの飲み物だって知っていましたか?

栄養価の高さから、江戸時代ごろには暑気払いと夏バテ防止に飲む人が多かったのだとか。

高田

し、知らなかった……。
”甘酒は飲む点滴”っていうワードを聞きますが、その頃から体に良いことが知られていたんですね。

甘酒の作り方は大きくわけて、2種類!

店長

そして、もうひとつ衝撃的な事実を。
見た目はそっくりなのですが、「甘酒」は大きくわけて2種類あります。私たちのお店に置いているのは「米麹甘酒」で、もう一方が「酒粕甘酒」。2つの違いは作り方にあります。

■酒粕甘酒
日本酒を作るときにできた酒粕に砂糖を加えたもの。

■米麹甘酒
日本酒と同じように米と米麹を合わせて発酵させたもの。

主に飲む点滴と呼ばれるのは「米麹甘酒」の方ですね。

麹菌が発酵して、米のデンプンを糖に分解することで、体に吸収されやすくなっているんです。ブドウ糖、アミノ酸やビタミンなど、栄養価が豊富だと言われています。



店長

私達としては、栄養たっぷりの甘酒を、夏に限らず毎日飲んでほしいと思っています。そうすれば、健康になって、きっとお肌や髪もイキイキしてきますよ!

高田

なるほど……。健康はもちろん、高瀬さんの肌のキレイさは甘酒パワーの賜物なんですね。

さっぱりした甘酒ってあるの?

amazake_list

店長

さらに「米麹甘酒」といっても色々と種類がありまして。皆さんがお気に入りを見つけやすいよう「のレンMURO」調べで表にしてみました。

高田

バレてると思いますが、実は私辛党なんです。
甘さ控えめでサッパリ飲めるものもあったりしますかね?

店長

もちろんです!!
お米の粒感があまりなくて、サラリとしているものが良さそうですね。表で言うと「さっぱりで、甘くない」が交わるあたりです。

店長

当店では、

・米麹と米だけでできたスタンダードな「純米甘酒」
・米麹と玄米でできた栄養たっぷりの「玄米甘酒」
・変わり種の「フレーバー甘酒」

にカテゴリ分けしています。

それぞれで飲みやすいものを試してみましょう!

米と米麹だけ!のレンオリジナル純米甘酒「神楽坂甘酒」

 

店長

まずは大分県佐伯市の酒蔵と作った「のレン」オリジナルの「神楽坂甘酒」をどうぞ!

米麹と米だけでできた甘酒でお砂糖も一切入っていません。

スタンダードなもののなかでも、お米の粒感が主張しすぎず、甘さも控えめです。

高田

あ!やさしい甘さで飲みやすいです!後味もスッキリしてますね。

店長

クセも少なく、毎日飲んでも飲み飽きない味に仕上げています。甘酒は苦手だけど、これなら飲めるっていうお客様もいらっしゃいます。

牛乳や豆乳で割っても美味しく召し上がっていただけますよ。

高田

そんなアレンジもできるんですね。豆乳で割ったら、さらに栄養が取れそう。

香ばしい風味でコクたっぷり。玄米と米麹でつくる「玄米甘酒」

店長

次は玄米甘酒を飲んでみてください!
石川県の大和醤油味噌さんがつくっている「玄米甘酒(とろとろ玄米)」

ペースト状にして玄米本来のコクをたっぷり引き出しています。玄米甘酒は白米でつくる甘酒と比べて、栄養価や味わいが異なるので、ライフスタイルやお好みで選んでいただけるといいと思います。

高田

ん!香ばしくて、砂糖醤油みたいな独特の香りがします。

とろとろで濃厚な味わいですね。

店長

玄米の香ばしさと麹の風味でそう感じるかもしれませんね。コックリした味を利用して、ホットケーキの隠し味に使うのもオススメです。

ちょっと変わり種!フレーバー甘酒

店長

最後は、甘酒に飲み慣れていない人にもオススメのフレーバー甘酒です
トマト甘酒、フルーツ甘酒など変わり味がたくさんあります。

こちらは、「ストレート甘酒(レモングラス)」と「ストレート甘酒(夏みかん)」です。

高田

へぇ〜!!レモングラスって変わってますね。

店長

そうですね。爽やかな香りでスッキリ飲んでいただけると思います。

夏みかんなど酸味のある柑橘系はテッパンですね。

高田

すっごくスッキリ味!!美味しいです!レモングラスが一番好みかも。

高田

たくさんの種類を試飲してしまいました。こんなに甘酒が魅力を秘めているとは!

店長

そう言っていただけると、うれしいです!

▲左から、糀和田屋 フルーツあま酒 (もも)、爽やか甘酒、糀和田屋 フルーツあま酒 (レモン)

高田

私が気になった商品もいくつかピックアップしてみました!

店長

「糀和田屋 フルーツあま酒 (もも)」と「糀和田屋 フルーツあま酒 (レモン)」はストローがパッケージングされていて、手軽に飲めて良いですよね。

高田

見た目の可愛さと、スムージーのような飲み口が女の子にウケそうです。

店長

のど越しスッキリ!の「爽やか甘酒」は、まさに高田さん好みですね。

高田

お米と米糀の甘酒を植物性乳酸菌で発酵させているのも面白いなって。夏でも重たくならずにスイスイ飲めるのがいいですね。

バリエーション豊富!甘酒は日々進化していた

今日学んだのは「甘酒」について!
色んな味わいに出会えて、私がイメージしていた甘酒をいい意味で裏切られました!

トレンドの中でバリエーションも増えて味も進化しているんだなと、発見だらけの取材でした。

皆さんも夏バテ防止に、二日酔いにぜひ「甘酒」を飲んでみてくださいね。


<甘酒試飲イベントのお知らせ>
「のレン MURO神楽坂店」にて、岩手県の糀屋高善商店を招き、甘酒の試飲イベントを開催します。

場所:のレン MURO神楽坂店
日時:8月23日(金) 14時〜20時


店舗詳細

店舗名 のレン MURO神楽坂店
住所 東京都新宿区神楽坂1丁目12番地6号
電話番号 03-5579-2910
営業時間 10:00~21:00
定休日 年中無休
HP http://www.noren-net.jp/fs/noren/c/muro
この記事をシェアしてね

この記事を書いた人 Writer

高田秋

高田秋

モデル・タレントとして活躍中。現在は「オジモ」(オジサンの様な趣味を持つモデル)の第一人者として日々「立ち飲み」や「競馬」の楽しみを世の若い女性たちに広めている。BS11「BSイレブン競馬中継」の土曜日MCとして毎週活躍する他、TBS『アッコにおまかせ!』や日本テレビ『news every.』にもレギュラー出演。BS-TBS『町中華で飲ろうぜ』でもレギュラーを務め、YouTube&U-NEXT「モクベン」や「日刊SPA!」の連載では、お酒の楽しみ方を紹介している。唎酒師の資格を持つ。

関連キーワード

この記事を読んだ方にオススメ Recommendation