ホーム > コラム > レビュー > 【レビュー】想像以上に辛い本格味!「Sozaiのまんま 麻婆豆腐のまんま」を食べてみた
2019.7.28
レビュー

【レビュー】想像以上に辛い本格味!「Sozaiのまんま 麻婆豆腐のまんま」を食べてみた

いよいよ本格的に暑くなってきましたね〜!

夏に食べたくなるのが激辛料理!

特に最近は花椒の香りが特徴的な”麻辣味”のものが注目を集めていますよね。

しかし自宅で麻辣味を作るとなると少々ハードルは高め・・。

そんなときにコンビニで見つけてしまった!

「Sozaiのまんま 麻婆豆腐のまんま」!!

今回は「Sozaiのまんま 麻婆豆腐のまんま」をレビューしていきます!!

シビれ辛さ強め!味は麻婆豆腐のまんま!?

商品概要

商品名 Sozaiのまんま 麻婆豆腐のまんま
容量 15g
希望小売価格 オープン価格

 

これまでnomooo編集部でもレビューはやってきており、その味はどれもかなり高いクオリティの「Sozaiのまんま」シリーズ。

特に「Sozaiのまんま 揚げ出し豆腐のまんまほんのり生姜風味」は、かなり本物の揚げ出し豆腐に近くお酒との相性も抜群でした!

そんな「Sozaiのまんま」シリーズから発売された「Sozaiのまんま 麻婆豆腐のまんま」は、四川産花椒を使い、刺激的な辛さと花椒の香りが楽しめるんだそう。

▲「Sozaiのまんま 麻婆豆腐のまんま」のカロリーは1袋あたり88Kcal。

今回もかなり期待が高まります・・!

それではいただきましょう!

今回レビューするのは、タナカナコふくいの2人。

「Sozaiのまんま 麻婆豆腐のまんま」を食べてみた

ふくい

お!「Sozaiのまんま」シリーズ!

タナカ

私は前にレビューした「餃子のまんま」を食べてからすっかりファンになってしまいました・・。

ふくい

コンビニでもいろんな種類があるよね。しかも結構攻めてる食材が多いイメージ。

タナカ

確かに。今回は麻婆豆腐です!もうすっかり暑いし、辛いものが食べたくなってきたでしょ??

タナカ

袋を開けたときの花椒の香りが強いですね〜!香りだけでも十分辛いのがわかる・・。

ふくい

見た目は麻婆豆腐に入ってる豆腐の縮小版って感じ。コロコロしててかわいい!

タナカ

いただきます!これ・・想像以上に辛いかも!!

ふくい

どれどれ・・。あ、わかる、噛めば噛むほど口の中の辛さが増す!!

タナカ

しかも唐辛子的な辛さプラス花椒のシビれ系辛さもあるから、口の中がヒリヒリしてシビれてきますね・・。ピリッとくる辛さが強い。ずっと食べてると口の中が痛くなってくる!辛いのあんまり得意ではない人は注意ですね。

ふくい

辛いのは辛いけど、麻婆豆腐の味もしっかりする。麻婆豆腐のジューシーな肉の味がするし、辛さだけじゃなくて旨味もしっかりありますね!
これは酒が進みそう〜〜!

「Sozaiのまんま 麻婆豆腐のまんま」に合うお酒は??

タナカ

やっぱりこれに合わせるなら”あのお酒”ですかね??

ビール!!!


タナカ

うま〜〜〜!!!麻婆豆腐の辛さをキンキンに冷えたビールでぐいっと流し込む・・!たまりません!!

ふくい

あ〜やっぱりビールと麻婆豆腐は安定して美味しいね。

ただ、ビールとの相性も良いけど、「Sozaiのまんま 麻婆豆腐のまんま」の辛さがちょっぴり”痛い”系に近いから炭酸と合わせると口の中の刺激が増してくるような・・。

タナカ

確かに強炭酸系のお酒は爽快感があっていいけど、口の中の痛さはおさまらない・・。

ふくい

う〜ん、だったら水割りと飲むのはどうでしょうか??

ふくい

今回ベースに泡盛を使いました。泡盛の「」はスッキリした甘さがあるからとっても飲みやすいし、辛いものとの相性も良いよ!

タナカ

なるほど、あえて炭酸割りではなくて水割りにすることで口の刺激を抑えるのですね!

確かに水割りを飲むことで口の中がリセットされている気がします!

ふくい

ちょっと玄人向けの飲み方ではあるけど、水割りはかなりオススメ!ベースをいも焼酎にして、もっと香り高くしても◎。

タナカ

辛いものと水割りの相性って良いんですね・・!今度自宅でもやってみよっと!

まとめ

辛さ溢れる「Sozaiのまんま 麻婆豆腐のまんま」は、唐辛子のピリ辛さ、そして花椒のシビれる辛さが特徴の旨辛お菓子でした!

絶妙な辛さなのでお酒との相性も◎。

なかなか刺激の強い味なので、”水割り”との相性が良いですよ!

「Sozaiのまんま 麻婆豆腐のまんま」はコンビニで発売されているので、ぜひ試してみてくださいね!

この記事をシェアしてね

この記事を書いた人 Writer

nomooo

nomooo

お酒のエンタメ情報サイト「nomooo(ノモー)」公式アカウント。

関連キーワード

この記事を読んだ方にオススメ Recommendation