ホーム > 飲みに行く > 訪問 > ポートランドで最も旬のブルワリー!「Ruse Brewing」に行ってきた
Ruse Brewing
2019.6.30
飲みに行く

ポートランドで最も旬のブルワリー!「Ruse Brewing」に行ってきた

こんにちは!「クラフトビール天国」ポートランド在住の東リカです。

今回は、2019年度「オレゴンビールアワード」で、「ベスト小規模ブルワリー」と「ベスト新ブルワリー」のなんと2部門を受賞した「Ruse Brewing(ルーズ・ブリューイング)」へ行ってきました。

倉庫街のブルワリー

「Ruse Brewing(ルーズ・ブリューイング)」があるのは、ポートランド南東の倉庫街。

中心地からは少し離れていますが、ライトレール「MAX」オレンジラインの駅が近くにあります。

店内を入るとすぐに、いくつもの樽が目に入ります。中にどんなビールが眠っているのか、想像するだけでワクワクしちゃいますね!

タップリストが掲げられていますが、バレルエイジド(樽熟成)のビールは1つ、「Dreamscape」と言うのがありますね。後で飲んでみないと…。

Ruse Brewing

基本的には、カウンターでキャッシュオン形式で購入するスタイル。(伝表をつけておいて、後でまとめて支払うこともできます)

注文の際、カウンター越しにビール造りの様子が見えるのには、ますますテンションが上がります!

飲み比べにちょうどいい!“お試しサイズ”が嬉しい

土曜の昼頃にお店を訪れましたが、予想通りほぼ満席。

バーで飲んでいるお客さんに加えて、缶ビールを買いに立ち寄る人もたくさんいました。

Ruse beer

店内にいたお客さんたちがテイスティングをしているようなので、店員さんに「お試しセットはありますか?」と聞いてみると、この紙が差し出されました。

実はこちらのお店、一般的なお試しセットのように試せるビールの数は決まっておらず、好きなビールのミニサイズをいくつでも1つ$3で試すことができるという仕組みになっていました!!

早速、ルーズを代表するビールや人気商品を5種類、見繕ってもらいました。

看板ビール『Ruse Pilsner』

店員さんが、「これがうちのシグネチャービールよ!」と教えてくれたのは『Ruse Pilsner』

チェコスタイルの綺麗なピルスナーです。「爽やかで美味しいの!」と彼女も絶賛していましたが、確かにスッキリ飲みやすく、どれだけでも飲めてしまいそうです。アルコール度数は5.0%。

これから夏に向けて、ますます人気が出そうです。

衝撃的にジューシーなヘイジーIPA『Dial "M" for Mosaic』

続いては、店員さんが選んでくれた売れ筋ビールの中から、私が「これは!美味い!」と思ったビールをご紹介。

まず、ヒッチコックの映画『ダイヤルMを廻せ!(Dial "M" for Muder)』をもじった『Dial "M" for Mosaic』。

モザイク」は使用しているホップの名前です。

Ruse Dial M

缶でも販売していますが、ラベルは映画のようにダイヤル式の黒電話ではなく、スマホになっています。ダイヤルできないけど、まあいいんでしょう(笑)

『Dial "M" for Mosaic』は、白っぽく濁ったダブル・ノースイーストスタイル(ヘイジー)IPAで、驚くほどトロピカル&ジューシー!かぶり付くと手も顔もベッタベタになる、よく熟れたマンゴーを思い浮かべるほどでした。アルコール度数は8%。

実はこちら、2018年の「オレゴン・ビール・アワード」のヘイジー・ホッピー・ビール部門で「グレート・ノーション(Great Notion Brewing)」というヘイジーIPAで名の知れたブルワリーを抑えて金賞を受賞した『Papyrus Iris』のインペリアルバージョンなんだとか。

それにしても......これは結構衝撃的なジューシーさでした。

ちなみに、ヘイジー系のビールは他にも3つありまして、うち2つはこのお店で「Ruse Style IPA」と呼ぶ、東西のIPAスタイルを融合させたものです。「Ruse Style IPA」は、ジューシーと言うよりも“ダンク”な香りの強いものでした。

王道アメリカンIPA『Translator IPA』

続いては、銅色に輝く『Translator IPA』。苦味もしっかりした王道アメリカンIPA、つまりウェストコーストのIPAです。

「ポートランドに来たからには、流行りのノースイーストIPAだけではなく、ウエストコーストのIPAも飲まなくちゃ!」と思いましたら、ぜひ試して欲しい1杯。

とっても美味しいですよ!

バレルエイジビール『Dreamscape』

樽を見ちゃうと、どうしても頼まなきゃいけない気になる熟成ビール。タップでは、ファームハウスエールの『Dreamscape』がありました。通常、手間暇がかかる分、お値段が高めなのに、同じ価格で飲めるのが嬉しいです。

『Dreamscape』は、「The Ale Apothecary(エール・アポセカリー)」という、オーク樽ビールを作るブルワリーとのコラボビール。

まろやか&爽やかなサワーです。

また、ソーヴィニヨン・ブラン・ワイン樽で寝かせたピーチ&アプリコット入りのサワーブロンド『Semicircles』は瓶で販売しています(750ml - $15)。これもきっと美味しいはず…。

食事はフードカートか持ち込みで!

▲ペルー料理のフードカートがやってくる模様。

実は、こちらのルーズ・ブリューイングにはフードメニューがありません。

しかしながら、通常16時以降にフードカードが到着して、そこで食事を購入できるのだそう。

今回は、まだ昼間だったためフードカートはいませんでしたが、このまま飲み始めたら大変なことになりそうなくらい空腹だったので、店員さんに助けを求めると、「持ち込み&外からのデリバリーOKなのよ〜!」とのこと!!

そこで、教えてもらった近所のスタンドへ買い出しに行き、グルメマック&チーズを持ち込みました。

フードの持ち込みも結構楽しい!自分の好きな食べものと、気兼ねなくペアリングできるのも良いですよね!

お財布にも優しいし、大勢で集まるのにも最適。

今ポートランドで最も旬なブルワリー!近くにお立ち寄りの際は、ぜひ足を運んでみてくださいね。

店舗詳細

店舗名 Ruse Brewing
住所 4784 SE 17th Ave, Portland, OR 97202
営業時間 日曜12:00AM〜9:00PM、月曜〜木曜 3:00PM〜9:00PM
金曜 3:00PM〜11:00PM、土曜12:00AM〜11:00PM
電話番号 (503) 662-8325
公式HP https://www.rusebrewing.com/
この記事をシェアしてね

この記事を書いた人 Writer

東 リカ

東 リカ

オレゴン州ポートランド在住のフリーライター。日々、地元のクラフトビール、ワイン、カクテルなどを楽しんでいる。趣味は旅行で、絶景の後の一杯をこよなく愛する。日本酒の美味しい石川県出身。

関連キーワード

この記事を読んだ方にオススメ Recommendation