ホーム > コラム > レビュー > 【レビュー】アイスとチューハイが夢のコラボ!『氷結® loves アイスの実』をガチレビュー
2019.5.21
レビュー

【レビュー】アイスとチューハイが夢のコラボ!『氷結® loves アイスの実』をガチレビュー

こんばんは。RTD研究家のストロングおじさん(@strong_ojisan)です。

今回は2019年5月21日(火)に発売された『氷結® loves アイスの実』を飲んで、ガチレビューしていきたいと思います!

「氷結®」シリーズとは?

「氷結®」シリーズは、2001年よりキリンビールが発売している製品です。なんと、2002年から2017年まで、国内RTDの売上トップを16年も維持していた“日本一有名な缶チューハイブランド”と言っても過言ではありません。

「氷結®」が発売されるまでの缶チューハイは、熱により濃縮還元した果汁を焼酎で割るのが一般的でした。

一方、「氷結®」は熱をかけずに凍結させた「氷結®ストレート果汁」を、「クセの少ないウオッカ」で割るという製法を導入。それまでの缶チューハイにはない、みずみずしくクリアな飲み口を実現し、大人気となったのです。

それから18年、今なお進化を続けるすごい缶チューハイなんですよ〜!

今年の氷結の“進化”はすごい!

そんな「氷結®」ですが、今年はこれまで以上に斬新な進化を遂げているのです!

2月には『RED・GREEN』という、ブランド初の"色で選ぶフレーバー"を発売。3月にはnomoooの記事でも取り上げた氷結ストロングの大胆リニューアルが行われました。

4月にも「氷結No.1決定戦」と銘打ち、レモン・グレフルの人気投票を実施。勝者となったレモンは、今夏に特別なフレーバー2種が発売されるのだそう!

そして今回、満を持して発売されるのが、江崎グリコとのコラボ製品『氷結® loves アイスの実』。

発売に先立ち、既存の氷結®フレーバーにアイスの実®を入れて飲むという「追い果実」キャンペーンがTwitterで行われたことが話題になりました。

ちゃっかり、ストロングおじさんも参加しております笑

さて、今回も恒例となった担当者様へのインタビューを実施してきました。

この、異例ともいえるコラボ商品の開発経緯や裏話など、色々と聞いちゃいましょう!

キリンビールの担当者様にインタビューしてみた!

さぁ、やって来ました!こちらがキリンビールの本社がある中野セントラルパークです!

会社の目の前にこんな素敵な公園があるなんて、うらやましいなぁ......。

受付を済ませた後、恒例のRTD展示コーナーの見学を行っていると、むむ!すごいものをみつけました!!!

今回取材する「氷結®」の展示コーナーです!歴代の缶デザインがズラーと並んでいますよ!

そして、ラベル無しのダイヤカット缶の展示も......。おおぉ、栓を開けるとこんなに形が変わるのか......。

と、興奮していると、担当者様がやってきました。

『loves アイスの実』コラボレーションのきっかけと狙いとは!?

こちらが今回インタビューをさせていただく、キリンビールの開発担当者様です。贅沢に新製品を3つ並べて、お話をうかがいました!

ストロングおじさん

今年の「氷結®」は、今まで以上に斬新な商品開発やPRを行っていますよね!何か背景はあるんでしょうか?

担当者様

発売当初から「氷結®」は、今までにない新しいことを世に伝えてきました。

今年はその原点に立ち返り、「All is New」のスローガンのもと、お客様が驚くような取り組みを積極的に行っています!

 

ストロングおじさん

確かに「氷結®ストレート果汁の使用」や「元祖ストロングの発売」等、革新的なことをするのが「氷結®」ですもんね!

さてそんな中、今回『loves アイスの実』を発売しますが、開発の経緯を教えていただけますか?

 

担当者様

江崎グリコさんとはかねてより、何か面白い取り組みができないかとお話していました。

そんな中、InstagramやTwitterでアイスの実を炭酸飲料やお酒に入れて飲むことが流行っており、これを「氷結®」で表現したら面白いのではないかと、意見が交わされるようになったのです。

 

ストロングおじさん

ほうほう、具体的にはどのような意見が交わされていたのですか?

 

担当者様

やはり、両者とも果汁のおいしさをウリにした製品ですので、お互いの良さが活かせるという点がメインです。

また、どちらもロングセラー製品のため、昔は好きだったけど今は食べていない、飲んでいないという方もいると思います。

このコラボをきっかけに、お互いのファンが相手の商品を再度手に取って欲しいという想いもあるんです!

 

ストロングおじさん

なるほど!実は私も、今回の「追い果実」のキャンペーンをきっかけに、久しぶりにアイスの実を買っちゃいましたよ笑。

ところで、今回アイスの実とのコラボにより、どのような味わいを表現しているのでしょうか?

担当者様

やはり、両者とも果汁のおいしさをウリにした製品です。アイスの実はぶどうが代表フレーバーなので、3つの果実のバランスを工夫しつつ、やはりぶどうの風味がしっかり引き立つようにしました。

一方で、後味にはアイスを思わせるひんやり感を表現しました。

また、アイスの実を「追い果実」すると味わいが変わるので、そちらもぜひお試しいただきたいです!

ストロングおじさん

おー、それは楽しみですね!飲んで確かめます!笑

最後に、ファンの皆様にメッセージをどうぞ!

 

担当者様

「氷結®」は今までもこれからも、新しく美味しい、そんな商品を世に届けたいと思っています

今回の『loves アイスの実』はもちろん、今後の新作にもご期待ください!

ありがとうございました!アイスだけど熱いメッセージ!!それでは、レビューのほうにいってみましょう!!!

商品概要

商品名 氷結® loves アイスの実
容量 350ml缶、500ml缶
容器
希望小売価格 オープン価格
アルコール度数 4%

こちらが、『氷結® loves アイスの実』のパッケージ。

取材でも見ましたが、とてもポップで映えるデザインですよね。『氷結®』では珍しいパステルカラー、アイスの実を意識したドットデザインと、今回のコラボに対する意気込みとこだわりが見て取れます。

成分を見ると、果汁が3種入ってること以外は他の「氷結®」と変わらないようですが、「アイスの実」らしさはどのように表現されているのでしょう?ちなみに、度数はちょい低アルの4%です。

さぁ、それでは実際に飲んでみましょう!

『氷結® loves アイスの実』を飲んでみた!

グラスに注いだ見た目は普通の透明ですが、グラスに注いでいる最中すでにアイスの実の香りが漂ってきました!

ワクワクしながら飲んでみると、、、おー、確かに最初はぶどうがしっかり香る!爽やかなだけでなく、ジューシー感のあるぶどうの風味を感じます。

一方、後味は柔らかいメロンの香りの余韻が残りますね。桃はその間にフワッと香る感じかな。

どの風味も、再現度高いなぁ!!!笑

また、甘さが結構あると思ったのですが、意外にも甘さはそこまで強くありません。それよりも、目立つのはぶどうの風味の効いた爽やかな酸味。この酸味のおかげで、非常に飲み口よくすっきり飲めますね。

そして、さらに驚いたのは後味!飲み続けている間はわからないのですが、少し飲むのを止めるとアイスらしいひんやり感を口の中に感じます

ここまで再現するとは、キリン様と江崎グリコ様のコラボ本当にすげぇ!

開発担当もオススメ!アイスの実を「追い果実」してみた

さて、続いてキリン様にオススメされた「追い果実」を試してみました!

うーむ、、、これはすごい!果実の風味がより濃厚になりますね!!

でも、氷結らしい爽やかな飲み口はキープされています。

すごいな~、この「追い果実」した時の味わいも意識して、フレーバーを設計したんでしょうね。

なお、私はもう少しメロンの風味が強くても美味しいかな~と思ったので、メロンの実を多めに入れましたが、これが大成功!

後味のメロン感が強くなり、よりジューシーな味わいになりました!

こんな風に自分の好みに合わせ、「追い果実」のバランスを調整するという楽しみ方もできますね!!

まとめ

いや~、今回の『氷結® loves アイスの実』は本当に素晴らしい製品でした。

そのまま飲んでも美味しいし、「追い果実」という缶チューハイの新たな楽しみ方も教えてくれたことに感動しました!

キリン様の商品開発力と企画力には本当に感服です。18年の長きにわたる伝統を誇りながら、今なお新しいことに挑戦する『氷結®』を私は本当にリスペクトしています!

今後の新作も期待大ですね!!

この記事をシェアしてね

この記事を書いた人 Writer

ストロングおじさん

ストロングおじさん

ストロング系チューハイを中心に、日々RTDの研究に勤しむ34歳既婚のおじさん。得意のパワポを駆使し、新製品のレビューから企業の製品開発・プロモーション企画の支援まで手がける、自称・RTD consultant。

関連キーワード

この記事を読んだ方にオススメ Recommendation